スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年、お世話になりました。

【合格発表後イベント】
2/4(土) 11:00~12:30
リベンジ受験生集合!~あと9ヶ月で合格点を獲る方法~

2017/2/11(土)14:00~15:30
合格への起爆剤はこれだ!~学習経験者向けインプット講義の重要性~



毎年恒例というか、大晦日なので今年の総括を。

今年も多くの方の力を借りて、
走り切ることができました。

講師業は今年で5年目、
様々な講座を担当させて頂きました。


そのすべてが印象深いですが、
やはり、合格発表の日に報告に来てくださる方のなんともいえない澄んだ顔が忘れられません。

来年はいままで以上に自分が担当する講座に対して責任をもって、
最高の講義を提供することをお約束します。

合格講座のみなさん。
ビルドアップ↑講座のみなさん。
そして今後開講する講座で一緒に学習するみなさん。
本ブログをご覧いただいているみなさん。

よろしくお願いいたします。

それでは、よいお年を!



スポンサーサイト

【ビルドアップ講座】12/25(日)講義の復習ポイント

昨日が仕事納めだった方も多いようですが、
みなさんはいかがでしょうか?

さて、ビルドアップ講座は基礎事項徹底習得編を
2回消化したところで年末年始休みに入りました。

前回は時効と物権変動を中心に扱いました。

特に、不動産の二重譲渡の事例から、
債務不履行・不法行為・留置権を絡めて説明しましたので、関連する論点を基本書で確認してくださいね。

そして、次回1/8(日)の講義までに配布レジュメの問題を2回解くようにしてください。

「自分の頭で考える」

これがビルドアップ↑講座の肝です。

よろしくお願いします。

講義納め。

ビルドアップ↑講座、合格講座に続き、
今日の年末民法道場で、年内の講義がすべて終了しました。

来年に向けて英気を養いつつ、ブログを更新していこうと思います。

お忙しい年末年始、出来る範囲で計画を立て、復習してくださいね。

明日12/28(水)民法必修論点コンプリート道場(総則・物権編)実施です。

12/28(水)に、民法必修論点コンプリート道場(総則・物権編)を実施します。
例年、公務員受験生と行政書士受験生を対象に実施している講座になります。

合格発表後から本格的に学習を再開したいけれど、
現在の知識レベルを確認したいという方や、
初学者の方でも年末年始に民法Ⅰの内容を復習したい方にオススメです。


あ、ビルドアップ↑フルコースの方は、
同内容を講義内でカバーするので大丈夫です。

奮ってご参加くださいね。

※詳細はこちら→
民法必修論点コンプリート道場(総則・物権編)

久しぶりの休日。

今日は行政書士試験と関係ない話を。

世の中は師走真っ只中、そしてクリスマス3連休ですね。

そんな中、私は昨日、久しぶりの休日でした。

講師業は、講義がない日も予習やらなんやらで結構時間を取られるので、
丸1日仕事をしなかったのは約50日ぶりです。

その1日でしっかり家族サービスを・・・と思っても、なかなかうまくいかないもので、
あっという間に1日が終わって、今日から年末29日まで仕事。

ミニファミコンとか、やりすぎ都市伝説の録画とか、色々やりたいことはあるのですが、
年末まで持ち越しです。


お休み中のみなさん、満喫してください!

お仕事中のみなさん、一緒に頑張りましょう!

【合格講座平日クラス】年内講義終了、お疲れ様でした!

合格講座平日クラスのみなさんは、昨日で年内の講義が終了でしたね。

本当にお疲れ様でした!

色々と学習してきた民法Ⅰですが、
まずは振り返りということで配布レジュメを読み返してみてください。

その次に、1問1答集にチャレンジしてください。

講義で扱ってない論点も出てくると思いますが、
その場合は確認程度にテキストを参照してみてください。

また、年末年始にかけてブログを更新していきますので、
よろしくお願いします。

改正個人情報保護法の施行日

改正個人情報保護法の施行日が、2017年5月30日に決まりました。

例年、4月1日現在に施行されている法律で出題されるので、通常であれば来年は旧法での出題となります。


が、旧法ならあえて出題しないような気もしますし、司法書士では改正会社法が4月1日後に施行されたにもかかわらず出題されたこともありますので、微妙なところですね。

しばらくは静観し、他の分野を固めれば問題ないでしょう。

【ビルドアップ講座】12/18(日)講義の復習ポイント

先日12/18(日)より、
「ビルドアップ↑講座~基礎事項徹底習得編~」
が始まりました。


多くの受験生が合格発表まで本格始動しないなか、昨日から学習を再開したみなさん。

絶対リベンジに向けて絶好のリスタートを切ったと思ってください。

そして、単なるインプット講座ではないビルドアップ講座を活用して、
まずは基礎事項を徹底的に叩き込むことを意識すれば鬼に金棒です。




さて、1回目の講義では主に下記内容について扱いました。

特に復習しておいてほしい箇所をあらためて指摘します。

<意思表示>
Q-1
「意思表示の構造」を通じて、有効な契約→債務の発生→履行遅滞(要件)→解除(要件)の確認。

Q-12
「権利外観法理」を通じて、「本人の帰責性の大・小・無」と「相手方保護の要件(善意のみ、善意無過失、保護なし)」の関係性。
特に、94条2項類推適用と109・110・112条の表見代理についてしっかり復習してください。


学習経験者のみなさんには、常に科目全体を意識してもらいます。
意思表示の学習中に、解除や損害賠償の話を織り交ぜたのも上記の理由です。

もちろんそれらは別途他の回で扱いますが、苦手意識を感じたのであればいまのうちにじっくり確認をしてみてください。

いまは過去問や公務員試験の問題よりも、
配布した問題についてじっくりと考えて答えを出すということに集中してくださいね。


次回は時効や物権変動の問題・解説を配布しますが、
適宜今回配布した問題・解説を使用しますので講義時にお持ちください。

では、次回もよろしくお願いします!

目指すは「1問=10問」。

【今後のイベント予定】
詳細は講座名をクリックしてください。

・12/18(日)ビルドアップ↑フルコース開講
※無料体験できます。
※よくある質問→こちらをクリックしてください。


12/28(日)民法必修論点コンプリート道場


現在、ビルドアップ↑コースのレジュメを作成中です。

ある程度は既に仕上がっているのですが、
色々と加筆修正を加えています。

目指すは、
「ビルドアップの問題1問=通常問題の10問分」
の効果を生み出すこと。

正直しんどいですが、やるっきゃないですね。

12/18(日)、楽しみにしていてください。


好きなところから勉強してみる。

【今後のイベント予定】
詳細は講座名をクリックしてください。

・12/18(日)ビルドアップ↑フルコース開講
※無料体験できます。

12/28(日)民法必修論点コンプリート道場


2017年試験に向けて学習を再開しようと思っているけれど、
何から手を付けたらよいかわからないという方。

好きなところから勉強してみましょう。

本来は知識にムラが出来るのであまりオススメはしないですが、
ただでさえ再始動にはエネルギーが必要です。

ビルドアップ↑フルコースや、民法必修論点コンプリート道場を再始動のキッカケに使うのも手ですが、
様々な理由で予備校を利用さればい方は、まず好きな科目の好きな分野から学習を再開してみるのもありですよ。

年末年始、民法力を磨きませんか?

12/28(水)に、民法必修論点コンプリート道場(総則・物権編)を実施します。
例年、公務員受験生と行政書士受験生を対象に実施している講座になります。

合格発表後から本格的に学習を再開したいけれど、
現在の知識レベルを確認したいという方や、
初学者の方でも年末年始に民法Ⅰの内容を復習したい方にオススメです。

あ、ビルドアップ↑フルコースの方は、
同内容を講義内でカバーするので大丈夫です。

奮ってご参加くださいね。

※詳細はこちら→民法必修論点コンプリート道場(総則・物権編)


そして、いよいよ12/18(日)に開講します。
1218GS.jpg 
ビルドアップ↑コースについてよくある質問
こちらをクリックしてください。

「民法の問題が解けなくなりました。」問題の解決策。

受験生から、民法についてこう言った悩み相談を受けることがあります。

「以前は解けた問題が、急に解けなくなりました・・・」


受験勉強において、以前は解けた問題が解けなくなってしまう理由はいくつか考えられます。

1つは、単純な知識の抜け
暗記できたと思ったことがしばらく放っておいた結果抜け落ちてしまったということです。

行政法や憲法統治はこの傾向が強いですね。


ただ、民法の場合、それだけが原因ではありません。
「事例の混同」
が起こっている結果、問題が解けなくなっていると考えられます。


民法の場合は、学習を進めれば進める程、
「類似事例」
が増えてきます。

極端なことを言ってしまえば、
大体の事例は、
「ある物(土地)を巡って争いがある」
というものです。

そうなると、1つ1つ学習しているうちはいいのですが、
学習が進んでくると事例の混同が始まります。

野畑クラスの受講生の方は、合格講座でもビルドアップ講座でも
そのあたりは口酸っぱく言い続けますのでたぶん大丈夫ですが、

「あれ?この問題と似たような事例、どこかで・・・」
と思ったら、自分で調べるようにしてください。

そうしないと、
「以前は解けた問題が、急に解けなくなりました・・・」
という状態からなかなか抜け出せなくなってしまいます。

ビルドアップ↑コースの土台は、みなさんの信頼です。

ビルドアップコース、開講前最後のガイダンスが終了しました。

あとは18日の開講を迎えるのみですが、
当日に無料体験できますので、ギリギリまで受講を検討されている方は是非お越し下さい。


ビルドアップ↑コースはみなさんの信頼の上に成り立つものだと考えています。

1年間という貴重なお時間と受講料を頂く以上、みなさんのリベンジを全力で後押ししなければなりません。


ビルドアップ↑コースのカリキュラムと、講義と、レジュメ。

すべてにおいて全力を注ぎます。


模試・答練中心の学習で得点が伸び悩んだ方、
1年間を通じてモチベーションを維持するのが難しかった方、
もう1年、私を信頼して一緒に勉強して頂ける野畑クラス受講生の方、

絶対合格しましょう。
よろしくお願い致します!!!


1218GS.jpg
※ビルドアップ↑コースについてよくある質問をまとめました。詳しくはこちらからどうぞ。

明日12/11(日)14:00~ あなたのリベンジ請け負います!

12月に入ってちょっとへばってきていますが、
ビルドアップコース開講に向けて色々と準備を進めています。

行政書士講座の講師を担当して5年、
リベンジに燃える受験生のためのカリキュラムを、初めて1から考案できることとなりました。

並々ならぬ情熱で、受験生のみなさんと1年を過ごしたいと考えています。


そして明日、12/11(日)14:00より、
「あなたのリベンジ請け負います~ビルドアップコース説明会」
を実施します。

是非是非、奮ってご参加ください。

1218GS.jpg

※ビルドアップ↑コースについてよくある質問をまとめました。詳しくはこちらからどうぞ。

ビルドアップ↑コースについてよくある質問をまとめました。

0219GS.jpg 


今回は、ビルドアップ↑コースについて、よくある質問をまとめてみました。
受講を検討されている方は参考にしてください。

ビルドアップベーシックコース  


Q.
初学者向けコースとどこが違いますが?

A.
初学者向けコースは、ゼロから到達点を目指します。
あくまで「ゼロベース」なので、例えば「代理」であれば、総説・権限濫用・無権代理・表見代理の順番で学習をします。


ビルドアップコースは、類似論点を確認しながら理解できていないところまで遡る形をとります。
例えば、表見代理と無権代理の違い表見代理と権限濫用の違い無権代理と他人物売買の違いを比較しながら、代理の総説までさかのぼっていくイメージです。

他にも、債務不履行と危険負担の違いや、地上権と賃借権の違い等、受験生が混同しやすい論点を扱います。

これは、初学者向けコースではできない講義進行です。



bild.jpg


Q.
講義ではどのような教材を使用しますか?

A.
LEC共通のテキストである合格講座講義録と、オリジナルレジュメ(問題・解説)を使用します。
オリジナルレジュメについては、初学者向け講座で配布しているものを経験者向けに改良してあります。
 (※知識の効率的な習得にこだわっています。(下記サンプルをご確認ください。))

img03.gif img02.gif

もう少し詳しく確認してみたい方は下記をクリックしてください。
ビルドアップコースサンプル問題
ビルドアップコースサンプル解説


Q.
アウトプットは模試だけですか?

A.
講義中に適宜行政書士の過去問や、公務員試験過去問集「クイックマスター」を使用した演習を行います。
ですので、講義回数57回はインプットとアウトプット双方を行うと考えて下さい。


Q.
各講座毎で何を学習するのか教えて下さい。

A.
全体としては、基本→応用→頻出の順番で知識の定着、積み上げを行います。詳細は下記にまとめましたので、ご確認ください。

①ビルドアップ↑講座(基礎事項徹底習得編)※ベーシックコースには含まれていません。
・試験後の学習再開をサポートします。1月中旬まで週1コマの講義で、頭を受験モードに慣らしていきます。
・オリジナルレジュメで民法、行政法の超重要論点(Aランク論点)を再確認します。

②ビルドアップ↑講座(実力養成編)
・①で確認した知識の定着、さらに憲法・民法・行政法の主要論点を試験に使えるレベルまで積み上げます。(A・Bランク論点の習得)
・テキスト、レジュメのほかに、適宜、行政書士過去問(ウォーク問)、公務員試験過去問(クイックマスター)を使用します。
 
③商法・会社法集中攻略講座
5問中2~3問を自力で得点できるように、ポイントを絞って解説します。

④個人情報保護集中攻略講座
・改正法の出題が予想される、個人情報保護関連法を習得します。

⑤民法マイナー論点集中攻略講座
・合否に影響しないが、出題が予想されるCランク論点を集中的に扱います。

⑥ビルドアップ↑講座(必修論点・出題予想編)
Aランク論点の再確認BCランク論点で出題が予想されるものを再度取り上げて、知識の確認、再定着を図ります。

⑦最新判例集中攻略講座
・憲法・行政法で過去5年程度で出された判例の中から重要と思われるものをピックアップして解説します。

⑧到達度確認模試・公開模試・ヤマ当て模試
・本試験と同じ出題数、同じ時間で本試験感覚を養います。


Q.
いつも後回しにしてしまう分野(地方自治法や、憲法統治等)があるのですが・・・

A.
ビルドアップコースでは早い段階から地方自治法や憲法統治等を扱い、習得した知識を何度も繰り返し確認しますので、直前期には「暗記作業」ではなく、「思い出す作業」に特化することができます。


Q.
一般知識が不安なのですが・・・

A.
文章理解や政・経・社については、カリキュラムに捉われずに臨機応変に扱っていきます。
例えば
偶数回の講義時に文章理解を1問扱ってみたり、時事対策をしたり・・・といったイメージです。


Q.
移動時間に講義音声データを聴いて復習したいのですが、欠席補講制度は、欠席した際にしか利用できませんか?

A.
USBメモリを受付窓口にお持ち頂ければ、全回分の講義音声データをお渡しできます



今後、質問があれば追記予定です。






学習再開の時期は、「現在」を逃すとズルズルと遅れます。

今週末12/11(日)14:00より、
ビルドアップ↑コースの説明会を実施します。

今回で3回目になりますが、12/18(日)開講前最後のガイダンスになりますので、興味を持たれている方は是非参加してくださいね。

ブログのアクセス数も、一時期のインフレから脱却し、落ち着きを取り戻しつつあります。

ただ、現在も
「2016年本試験分析」「2016年本試験難易度」
といった検索キーワードで本ブログを閲覧している方は多いです。

この時期は本試験から約1か月だって、現実から目を背けていた方が一歩前に踏み出す時期でもあるようですね。

12月を逃すと、合格発表後の2月まで学習再開の時期がずれ込んでしまう方が圧倒的に多いです。

勉強癖も、ため込んだ知識も、抜け落ちてしまった後のリカバリーは相当しんどいものがありますので、
2017年絶対合格を目指すのであれば、12月中の学習再開は強くオススメします。

11日の説明会は、そのきっかけの1つとして考えてみてくださいね。


1218GS.jpg




目次学習の仕方。

【今週のイベント情報】
12/11(日)
14:00~15:00

あなたのリベンジ請け負います!
野畑式ビルドアップ↑コースの全貌大公開

12/18(日)に開講するオリジナルコースの全貌を徹底解説します。
カリキュラム紹介、講座概要に加えて、本コースの活用法についてもお伝えします。

ビルドアップ↑フルコース開講前最後のガイダンスなりますので、奮ってご参加ください。


1218GS.jpg



よく、
「目次学習」
をするといいですよ。

という話、聞いたことありませんか??

とはいえ、やりかたがよくわからないという方もいらっしゃると思います。

やり方は至って簡単です。

テキストの目次をコピーして、
項目ごとに学習した順番通りに思い出せるかどうか確認していく。


たとえば、

【意思表示】
 ・意思表示の構造
  →意思の不存在と瑕疵ある意思表示の違い。
 ・心裡留保
  →原則有効、例外無効。
 ・虚偽表示
  →原則無効、例外として善意の第三者には主張不可。
  →善意の第三者の具体例
 ・錯誤
  →原則無効、例外として重過失の場合有効、相手方悪意の場合無効。
  →要素の錯誤の例、動機の錯誤の例。
 ・詐欺
  →原則取消可、例外として善意の第三者には主張不可。
 ・強迫
  →原則取消可(善意の第三者にも可)

・・・という感じで講義を進めていると思いますし、テキストやレジュメもこの順番だと思います。
青色ゴシックの部分を自分で思い出せるかどうかが肝です。

もちろん、自分の頭の中で考える以上、「漏れや抜け」も出てくると思いますが、その際はテキストやレジュメに戻って確認すればいいです。

要は、「頭を回転させて、考える」ことで記憶の喚起、定着を図るのが目的です。

移動中などの、「スキマ時間」に取り入れてみてはいかがでしょうか?


ちなみに、12/18(日)からスタートするビルドアップ↑コースでは、この目次学習を取り入れてみなさんの記憶喚起と定着を徹底します。

学習経験者で、「勉強したけどなかなか記憶できない・・・」という方にオススメです。


12/6更新

【再掲】12/4(日)、あなたの再スタートに最適な無料イベントを2つ実施します。

いよいよ、12月になりましたね。

気を抜いているとこのままあっという間に年末、年明けを迎えるわけですが、
2017年の行政書士試験合格を目指すみなさんは、そろそろ本気でどのように再スタートを切るかを考える時期だと考えてください。

そんなわけで、世間が慌しくなる前の12/4(日)に無料イベントを2つご用意しました。

本試験後予定が合わなかったり、考えすぎて重い腰を上げられなかったそこのあなた、
このイベントは必見です。

予備校を利用したことがない方、他の予備校を利用されていた方、野畑クラス・大橋クラスで学習されていた方、すべての受験生の「リベンジ」に応えます!


12/4(日)
イベント第1部
11:00~12:00

あなたのリベンジ請け負います!
野畑式ビルドアップ↑コースの全貌大公開

12/18(日)に開講するオリジナルコースの全貌を徹底解説します。
カリキュラム紹介、講座概要に加えて、本コースの活用法についてもお伝えします。
※下記バナーには表記がないですが、12/4(日)にも実施します。
1218GS.jpg


12/4(日)
イベント第2部
14:00~15:30

野畑からの挑戦状~民法基礎事項徹底習得講座~
公務員試験対策の無料公開講座ですが、昨年から行政書士受験生も参加できる形を取りました。
民法総則・物権の中から超重要論点を確認します。
※ビルドアップコースでも使用するオリジナルレジュメを一部使用します。


上記2つのイベントは、12月中のリスタートに向けては絶好の機会になると思います。
2つとも是非参加してくださいね。

【2017合格講座】条文から事例の想起、図を書く練習をしましょう。

合格講座平日クラスは、民法Ⅰの4回まで終了しました。

これまでに扱った主な分野は、
・権利能力
・意思能力
・行為能力
・意思表示(心裡留保・虚偽表示・錯誤・詐欺・強迫)

・代理(総説)
ですね。

意思表示や代理については、物権法や債権法との絡みもあるので、
現時点でテキストやレジュメのすべてを理解する必要はありません。

ただ、それぞれについて想起すべき「事例」があるはずなので、
まずは条文を見ながら事例を思い出し、図を書けるレベルにもっていきましょう。

頑張ってください!

12/4(日)、あなたの再スタートに最適な無料イベントを2つ実施します。

いよいよ、12月になりましたね。

気を抜いているとこのままあっという間に年末、年明けを迎えるわけですが、
2017年の行政書士試験合格を目指すみなさんは、
そろそろ本気でどのように再スタートを切るかを考える時期だと考えてください。

そんなわけで、世間が慌しくなる前の12/4(日)に無料イベントを2つご用意しました。


本試験後予定が合わなかったり、考えすぎて重い腰を上げられなかったそこのあなた、
このイベントは必見です。


12/4(日)
イベント第1部
11:00~12:00

あなたのリベンジ請け負います
野畑式ビルドアップ↑コースの全貌大公開

12/18(日)に開講するオリジナルコースの全貌を徹底解説します。
カリキュラム紹介、講座概要に加えて、本コースの活用法についてもお伝えします。
※下記バナーには表記がないですが、12/4(日)にも実施します。
1218GS.jpg


12/4(日)
イベント第2部
14:00~15:30

野畑からの挑戦状~民法基礎事項徹底習得講座~
公務員試験対策の無料公開講座ですが、昨年から行政書士受験生も参加できる形を取りました。
民法総則・物権の中から超重要論点を確認します。
※ビルドアップコースでも使用するオリジナルレジュメを一部使用します。


上記2つのイベントは、12月中のリスタートに向けては絶好の機会になると思います。
2つとも是非参加してくださいね。

プロフィール

のばたー

Author:のばたー
ブログから全国の行政書士受験生を応援します!

最新記事
メールフォーム
相談事項がある方はこちらのメールフォームを利用してください。 (学習相談はお受けできますが、問題に対する解答等はお受けできません。あらかじめご了承ください。)

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。