スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間、すぐには変われない。

【今後の無料イベント】

12/4(日)11:00~12:30
ビルドアップコースの全貌大公開

12/4(日)14:00~15:30
民法基礎事項再チェック講座
↓民法が試験科目の全受験生が対象です。詳細はこちら↓
12月4日(日)、あなたのリスタートのきっかけになる民法無料講座、イベントを実施します。

12/11(日)14:00~15:30
ビルドアップコースの全貌大公開

個別相談については、毎週火・木の13:00~17:00、土日(時間帯不定)について承ります。
予約制にはしていませんが、ご希望の方は本ブログのメールフォームに希望日時を添えて送信してください。

1218GS.jpg 

2017年リベンジに向けて動き出した方、まだ悩んでいる方。

これだけはお伝えしておきたいことがあります。

それは、
「人はそんなにすぐには変われない」
ということです。

理想(計画)を掲げたとして、
現実その通りに事が進まないのはよくあることです。

付けた蛍光灯を消し忘れる。
ゴミを捨て忘れる。
机の上がすぐに物で埋まる。

日常生活で、意識をしていても中々直らないことが多いのと一緒です。

根気強く意識をし続けて、ほんの少しずつ改善されていく。


きっと、受験勉強も同じことだと思います。

昨日解けた問題が今日は解けない。
同じケアレスミスを何度もする。
また、地方自治法の学習が後手後手になっていく。

その都度、強い挫折感や焦燥感を感じることもあるでしょう。

でも、そういうものだと割り切ってください。

すぐに変われなかったからといって、
すぐに諦めたりしないでください。

1つ1つ、積み上げていきましょう。

まさに、ビルドアップです。

スポンサーサイト

テキストを見ながらでも、問題にチャレンジする事の大切さ。

【今後の無料イベント】

12/4(日)11:00~12:30
ビルドアップコースの全貌大公開

12/4(日)14:00~15:30
民法基礎事項再チェック講座
※民法が試験科目の全受験生が対象です。

12/11(日)14:00~15:30

ビルドアップコースの全貌大公開

個別相談については、毎週火・木の13:00~17:00、土日(時間帯不定)について承ります。
予約制にはしていませんが、ご希望の方は本ブログのメールフォームに希望日時を添えて送信してください。

1218GS.jpg 


よく、
「まだ問題は解けないから、ある程度勉強してからチャレンジします。」
という方がいます。

100%ではないですが、問題演習を後回しにした方は、
「演習不足だった」
と本試験後に口にするのではないでしょうか。



確かに、
「問題が解けないのが怖い」
という気持ちは十分わかります。

ただ、なるべく早い段階から問題に触れることで、
「自分が学習した内容が試験でどのように問われるのか」
を確認することが非常に重要です。


最初はテキストを見ながらでも構いません。

解答さえ見なければ、どんな手を使ってでも答えを出してみる。

そんな気持ちが重要です。


たまに、テキストを見ながらでも解けない問題があると思いますますが、
それは「捨て問」である可能性が高いですね。

もしくは、使っているテキストの内容が不十分です。

市販のテキストだと、そのようなことが起こるのかもしれませんが、
何よりもまずはチャレンジです。

頑張ってみてください。


12月4日(日)、あなたのリスタートのきっかけになる民法無料講座、イベントを実施します。

11/26(土)の個別相談会、11/27(日)のビルドアップコース説明会は無事終了しました。

そろそろ、リベンジに向けて動き出す方が増えてきました。

1週間何も考えずに休んで、次の1週間で悩んで、
相談会やリベンジガイダンスに来られる方が多いようです。

ビルドアップコースでリベンジを決意した受験生も続々と増えています。


本試験後予定が合わなかったり、考えすぎて重い腰を上げられなかったそこのあなた、
来週のイベントは必見です。



12/4(日)
11:00~12:00

あなたのリベンジ請け負います
野畑式ビルドアップ↑コースの全貌大公開

12/18(日)に開講するオリジナルコースの全貌を徹底解説します。
カリキュラム紹介、講座概要に加えて、本コースの活用法についてもお伝えします。
※下記バナーには表記がないですが、12/4(日)にも実施します。
1218GS.jpg


12/4(日)
14:00~15:30

民法基礎事項徹底習得講座
公務員試験対策の無料公開講座ですが、昨年から行政書士受験生も参加できる形を取りました。
民法総則・物権の中から超重要論点を確認します。
※ビルドアップコースでも使用するオリジナルレジュメを使用します。


上記2つのイベントは、12月中のリスタートに向けては絶好の機会になると思います。
2つとも是非参加してくださいね。

11月最後の週末、スッキリして12月を迎えませんか?

 
今日、2つ目の記事更新です、1つ目の記事はこちらをご覧ください。
・【初学者/経験者】目次学習を是非取り入れてください。



名古屋はそうでもなかったですが、関東は雪で大変なことになっていましたね。
試験後、体調を崩されている方も多いと聞きます。お大事にしてください。


さて、以前の記事と重複しますが、あらためて週末イベントの告知です。


11月26日(土)9:00~17:00
『個別相談会』
予約がだいぶ埋まってきているようなので、希望される方はLEC名古屋校(052-586-5001)にお問い合わせください。

下記27日(日)のイベントに参加された方を対象に、その後個別相談の時間を設けさせて頂きますので、そちらも奮ってご参加くださいね。(予約は不要です。)


11月27日(日)11:00~12:30
『あなたのリベンジ請け負います
~ビルドアップコースの全貌大公開~』
12/18(日)に開講するオリジナルコースの全貌を徹底解説します。
カリキュラム紹介、講座概要に加えて、本コースの活用法についてもお伝えします。

1218GS.jpg

11月最後の週末、ここでもやもやをスッキリさせて12月を迎えませんか?

よろしくお願いします。

【初学者/経験者】目次学習を是非取り入れてください。

LECでは2017年向けの合格講座11月生がスタートしています。

まだ民法が2回終わっただけなので、途中入校も全然間に合います。
どんな講義をするか気になる方は、無料体験してみてくださいね。

次の開講は1月5日(火)なので、1か月以上待つよりは、
web講座を併用して途中入校するのがオススメですよ。


さて、これは初学者の方も経験者の方も同じですが、
「目次学習」
を意識的に取り入れることは重要です。

受験勉強で重要なのは、
「記憶喚起(思い出すこと)」
です。

「覚える」
ことは前提であり、それを忘れないように思い出すことが重要なのです。


一度学習した内容を放っておくとすぐに抜けてしまいますよね。

でも、いつもテキストをじっくり確認できるわけではないし、
問題を解く時間があるわけでもない。

そんな方は、目次を見ながら
「権利能力」
・どんな能力か?
・誰に与えられるか?
・いつ与えられるか?
・試験で問われる論点は何か?
を考えてください。


難しく考えることはなくて、講義で聞いた内容や、
テキストに記載されている内容を順番通りに思い出していけば
いいんです。

立ち止まってしまったところでテキストを確認すればよいですし、
何より「考える」ことで最大限脳は活性化され、記憶の定着にも役立ちます。


ちなみに、目次学習をレジュメに昇華したものこそが、
「野畑式ビルドアップ↑コース」
の大きな特徴です。



img03.gif img02.gif 
※サンプルはこちらをご覧ください。→ビルドアップ↑コースレジュメサンプル




初学者向けパーフェクトコースでは、また違ったレジュメを配布しています。
法律知識ゼロベースの方でも繰り返し読み込めるような工夫をしていますので、活用してくださいね。


はじめの一歩の大切さ。そして、27日(日)にリベンジガイダンス第2弾を実施します。

 【自己採点や自己分析をまだされていない方】

本試験分析会で使用したレジュメはこちらでダウンロードできますので、参考にしてください。
・2016年度本試験分析会オリジナルレジュメ


【リベンジに向けて、どのような講座を選ぶべきか悩んでいる方】

こちらの記事を参考にしてください。
・リベンジに向けて2つの選択肢~野畑式ビルドアップ↑コース&パーフェクトコース~



昨日のリベンジガイダンスは無事終了しました。

祝日&紅葉シーズンでしたが、多くの方にご参加頂きました。

辛い気持ちを乗り越えて、足を前に進める。

簡単な事ではありませんが、2017年合格への大きな大きな第一歩となることと思います。

今週末も、その一歩を踏み出す手助けをするイベントを実施します。

是非、活用してくださいね。


嬉しいことに、
「野畑式ビルドアップ↑コース」
は多くの方に興味を持って頂いているようです。


このコースの特徴や活用法を27日の説明会で徹底的に解説しますので、
受講を検討されている方は是非ご参加ください。



【週末イベント情報】

11月26日(土)9:00~17:00
『個別相談会』
まだ空きがありますので、ご希望の方はLEC名古屋校の受付窓口にお越し下さい。

11月27日(日)11:00~12:30
『あなたのリベンジ請け負います
~ビルドアップコース説明会~』
12/18(日)に開講するオリジナルコースの全貌を徹底解説します。
カリキュラム紹介、講座概要に加えて、本コースの活用法についてもお伝えします。

1218GS.jpg


明日11/23(水)、学習経験者向けリベンジガイダンスと奨学生試験があります。

【自己採点や自己分析をまだされていない方】

本試験分析会で使用したレジュメはこちらでダウンロードできますので、参考にしてください。
・2016年度本試験分析会オリジナルレジュメ


明日、世の中は勤労感謝の日で祝日のようですね。

LEC名古屋校では多くのイベントが実施されますので、その一部を紹介します。

11/23(水)
10:30~12:00
『得点結果から考える2017年リベンジ学習スタイル』
択一の得点別に、今後の学習方法の指針を示します。
初学者向け講座、学習経験者向け講座の違い、選択の基準についてもお伝えします。

「本試験が終わって休んでいたけれど、そろそろ・・・」

と考え始めている方は是非ご参加ください。
12:30~13:00
『奨学生試験』
成績に応じて対象コースが割引になるそうです。
同日の説明会と合わせて受験してみてはいかがでしょうか?


明日はちょっと・・・という方は、下記イベントに是非。

11月26日(土)9:00~17:00
『個別相談会』
まだ空きがありますので、ご希望の方はLEC名古屋校の受付窓口にお越し下さい。
11月27日(日)11:00~12:30
『あなたのリベンジ請け負います』
~ビルドアップコース説明会~
12/18(日)に開講するオリジナルコースの全貌を徹底解説します。
カリキュラム紹介、講座概要に加えて、本コースの活用法についてもお伝えします。

1218GS.jpg


11/22(火)夜、合格講座11月生がスタートします。

自己採点や自己分析をまだされていない方、
本試験分析会で使用したレジュメはこちらでダウンロードできますので、参考にしてください。
・2016年度本試験分析会オリジナルレジュメ


今日も個別相談会を実施していました。

「とりあえず試験を忘れて過ごしていたけど、1週間経って色々と考え始めた」
という方も多いようです。

択一のみで合格点に近い(160点以上)の方は、次のステップ(開業準備、他資格受験等)を考えるとよいでしょう。

記述採点待ちの方は、最高の状況と最悪の事態の双方を考えておく必要があります。
合格発表まで学習しないでいると、万が一2月から再スタートとなったときには知識が抜け落ちてしまっていて大変危険です。


ご自身でコツコツと学習できる方はよいですが、モチベーションを保つのが難しければ、思い切って講座を受講してみてください。

LECの場合、合格者受講料返金制度があるので安心です。



残念ながら合格点まで届かなかったという方は、早期に再スタートを切る必要があります。
特に、今年の試験に向けての学習スタートが遅かった人は同じ状況にならないように気を付けてください。

11月22日(火)19:15から、私が担当する合格講座11月生がスタートします。

本試験後のこの時期、もう少し休みたいという気持ちは痛いほどわかりますが、せっかくここまで頑張ってきた知識を維持するためにも早期スタートをオススメします。

無料体験もできるので是非講義に参加してくださいね。


講座選択に悩んでいる方は、下記記事を参考にしてください。
・リベンジに向けて2つの選択肢~野畑式ビルドアップ↑コース&パーフェクトコース~

それでも決めきれなければ、下記個別相談会や説明会にお越しください。

お待ちしています。


11/23(水)10:30~12:00
『得点結果から考える2017年リベンジ学習スタイル』
択一の得点別に、今後の学習方法の指針を示します。
初学者向け講座、学習経験者向け講座の違い、選択の基準についてもお伝えします。

12:30~13:00
『奨学生試験』
成績に応じて対象コースが割引になるそうです。
同日の説明会と合わせて受験してみてはいかがでしょうか?

11月26日(土)9:00~17:00
『個別相談会』
まだ空きがありますので、ご希望の方はLEC名古屋校の受付窓口にお越し下さい。

11月27日(日)11:00~12:30
『あなたのリベンジ請け負います』
~ビルドアップコース説明会~
12/18(日)に開講するオリジナルコースの全貌を徹底解説します。
カリキュラム紹介、講座概要に加えて、本コースの活用法についてもお伝えします。

リベンジに向けて2つの選択肢~野畑式ビルドアップ↑コース&パーフェクトコース~

本試験からある程度時間が経ちました。
もしこのブログをご覧いただいているみなさんが、
2017年度試験のリベンジを考えているのであれば、私からは2つの選択肢を提供することができます。

下記に特徴を示しましたので、講座選択の参考にしてください。

<学習経験者向け:野畑式ビルドアップ↑フルコース>
いままでの集大成として、ゼロからカリキュラムを考案したオリジナルコースです。

【こんな方におすすめします】
・初学者向け講座を受講されていた方
・本試験での得点(記述抜き)が130点以上の方
・地方自治法や憲法、行政手続法など、直前期にやりきれなかった分野がある方。



【特徴】
ビルドアップ↑コースは2つのメイン講座で構成されています。

①ビルドアップ↑講座
主要科目を「基礎(12~2月)→応用(3~6月)→頻出・予想(7~9月)」の3段階に分けて攻略
数か月ごとに憲・民・行を3回転させることで、学習のバラつきを防止します。


②集中攻略講座
商法会社法、個人情報保護法、民法マイナー論点を短期間で学習します。

さらに、一般知識の新傾向対策として、講座内で随時意識しておく時事ネタを提供するので、早い段階から一般知識に対するアンテナを張ることもできます。


img01.gif


合格者に好評頂いているオリジナルレジュメも、アウトプットとインプットが同時にできるように工夫を凝らしました。
A・Bランク論点を効率よく確認できます。

img03.gif img02.gif 
※サンプルはこちらをご覧ください。→ビルドアップ↑コースレジュメサンプル
 

↓その他コース詳細はこちら↓
1218GS.jpg 



<初学者向け:パーフェクトコース>
初学者向け講座として全国で実施しているコースです。
私は平日夜クラス(週2回:火・木)を担当しています。
随時無料体験できますので、気になる方は是非参加をしてみてください。

【こんな方におすすめ】
・これまで独学で学習していた方
・本試験での得点(記述抜き)が120点未満の方

↓詳細はこちら↓
superbnr_gyousei_161128.jpg  

もう少し詳しく説明を聞きたいという方は下記無料イベントにご参加ください。

12/11(日)14:00~15:30
ビルドアップコースの全貌大公開


カリキュラム紹介、講座概要に加えて、本コースの活用法についてもお伝えします。


行政書士は決して易しくはない試験です。
ただ、努力とその方向性を間違えなければ、合格点に届く試験であることもまた事実です。


これまで一緒に学習してきたみなさん、まだ一緒に学習したことがないみなさん、
東海地区にお住いのリベンジを考えているすべてのみなさん、1年という貴重な時間を一緒に学習することができればこれ程嬉しいことはありません。


しっかりとサポートしていきますので、絶対リベンジを果たしましょう!

よろしくお願いします!

明日以降の無料イベントについてのご案内。

本試験分析会は無事終了しました。

収録はしませんでしたが、データを後日掲載するので参考にしてください。


そして、今後のイベント情報をまとめました。
そろそろ疲れも癒えてきた頃かと思いますので、是非参加してくださいね。



11/20(日)9:00~15:00

『個別相談会』
まだ空きがありますので、ご希望の方はLEC名古屋校の受付窓口にお越し下さい。



11/23(水)10:30~12:00

『得点結果から考える2017年リベンジ学習スタイル』
択一の得点別に、今後の学習方法の指針を示します。
初学者向け講座、学習経験者向け講座の違い、選択の基準についてもお伝えします。



12:30~13:00

『奨学生試験』

成績に応じて対象コースが割引になるそうです。
同日の説明会と合わせて受験してみてはいかがでしょうか




11月26日(土
)9:00~17:00

『個別相談会』
まだ空きがありますので、ご希望の方はLEC名古屋校の受付窓口にお越し下さい。



11月27日(日)11:00~12:30

『あなたのリベンジ請け負います』

~ビルドアップコース説明会~

12/18(日)に開講するオリジナルコースの全貌を徹底解説します。
カリキュラム紹介、講座概要に加えて、本コースの活用法についてもお伝えします。

【お知らせ】明日11/19(土)は本試験分析会です&補正措置について。

明日11/19(土)14:00より、LEC名古屋校で本試験分析会を実施します。
※収録と動画配信の予定はありません、あらかじめご了承ください。
※本試験問題をお持ちください。

かねてより本試験講評を掲載していきましたが、より具体的に提示し、
今後の過ごし方に役立てて頂くことがコンセプトです。
選択肢ごとの正答率を踏まえて、どこを得点すべきだったかを示します。
もちろん、記述の添削や補正措置の有無についても言及します。

「現実を見たくない・・・」という方も多いかもしれませんが、
今後の過ごし方を決める上でも、自己採点と分析は早めにしておくことをオススメします。

本試験解説冊子もお渡しできる予定です。


なお、個別相談会について、明日の9:00~13:00の枠はすべて埋まっていますので、
本試験分析会後(16:00以降)に追加枠を設けます。

分析会に参加された方で、相談希望の方はそのまま教室に残っていてください。
希望される方がいらっしゃる限り対応させて頂きます。



2017年のリベンジを考えている方、下記コースで一緒に頑張りませんか?
詳細は下記バナーをクリックしてください。

1218GS.jpg

1129GS.jpg 






16配布チラシ

野畑クラス受講生の皆さまへ



11/15現在の講評です。
詳細は11/19(土)14:00~本試験徹底分析会でお伝えします。
平成28年(2016年)行政書士試験講評その7(講評)


野畑クラス(合格講座・3ステップ講座・コンプリート講座・総まとめ講座)受講生の皆さまへ


 
あらためまして、本試験お疲れ様でした!

現在個別相談会を実施中ですが、平日昼が中心のため、直接お話できない方も多くいらっしゃいます。

相談を希望される方は、11/19(土)14:00に実施する本試験分析会の後に承りますので、分析会にお越し頂ければと思います。

また、ブログ上のメールフォーム(スマホページではなくPCページ上に表示されます。)に送信して頂ければ、後日回答致します

試験後は体調を崩しやすい時期なので、まずは心身を休めてくださいね。


<無料説明会>
実施日時間テーマ
2016/11/19(土)14:00~16:00『本試験徹底検証会』
本試験問題を分析し、講評をお伝えします。
記述式の採点基準にも言及し、今後の過ごし方についてもお伝えします。
2016/11/23(水)10:30~12:00『択一得点結果から考える2017年リベンジ学習スタイル』
択一の得点別に、今後の学習方法の指針を示します。
初学者向け講座、学習経験者向け講座の違い、選択の基準についてもお伝えします。
2016/11/27(日)11:00~12:30あなたのリベンジ請け負います!~野畑ビルドアップ↑コース説明会~』
12/18(日)に開講するオリジナルコースの全貌を徹底解説。
カリキュラム紹介、講座概要に加えて、本コースの活用法についてもお伝えします。
2016/12/4(日)11:00~12:30
2016/12/11(日)14:00~15:30


<個別相談会>

実施日時間備考
2016/11/15(火)12:00~18:00※どなたでもご利用頂けますが、予約制となります。
 事前にLEC名古屋駅前本校(052-586-5001)までお問合せください。
※お一人様30分程度です。
2016/11/17(木)12:00~18:00
2016/11/19(土)9:00~13:00
2016/11/20(日)9:00~15:00
2016/11/26(土)9:00~17:00
2016/12/4(日)9:00~15:00

【本試験講評動画配信中】自己分析をしてください。



11/15現在の講評です。
詳細は11/19(土)14:00~本試験徹底分析会でお伝えします。
平成28年(2016年)行政書士試験講評その7(講評)



本試験から3日経ち、既に多くの受験生から相談を受けていますが、
記述採点待ちの方、択一の得点が振るわなかった方、まさに悲喜こもごもといった形です。

そして、多くの方がまだ自己採点をされていないというのも1つの事実だと思います。

「現実を見たくない・・・」という方も多いかもしれませんが、
今後の過ごし方を決める上でも、自己採点は早めにしておくことをオススメします。

11/13の記憶は徐々に薄れていきます。

そうなると、「自分が何故その問題を間違えてしまったのか?」を検証するのが難しくなります。

単純な得点結果だけでなく、「Aランク問題をどれだけ取りこぼしてしまったか」をきっちりと把握しておくことで、今後の学習方針が変わってきます。

ですので、「結果はどうあれもう来年は絶対に試験は受けない」という方以外は、自己採点(分析)をお願いします。

そのきっかけの1つとして、11/19(土)の本試験分析会を活用してください。

また、再スタートをかけるうえで、「初学者向け講座(LEC:パーフェクトコース)か経験者向け講座(LEC*ビルドアップ↑コース)のどちらにすべきか悩んでいる方は、個別相談会もしくは下記ガイダンスにご参加ください。

この時期は心身を休めつつ、今後の過ごし方を決めていく時期にしてくださいね。

【2017年向けオリジナルコース】
1218GS.jpg 

 
<無料説明会>
実施日時間テーマ
2016/11/19(土)14:00~16:00『本試験徹底検証会』
本試験問題を分析し、講評をお伝えします。
記述式の採点基準にも言及し、今後の過ごし方についてもお伝えします。
2016/11/23(水)10:30~12:00『択一得点結果から考える2017年リベンジ学習スタイル』
択一の得点別に、今後の学習方法の指針を示します。
初学者向け講座、学習経験者向け講座の違い、選択の基準についてもお伝えします。
2016/11/27(日)11:00~12:30あなたのリベンジ請け負います!~野畑ビルドアップ↑コース説明会~』
12/18(日)に開講するオリジナルコースの全貌を徹底解説。
カリキュラム紹介、講座概要に加えて、本コースの活用法についてもお伝えします。
2016/12/4(日)11:00~12:30
2016/12/11(日)14:00~15:30


<個別相談会>

実施日時間備考
2016/11/15(火)12:00~18:00※どなたでもご利用頂けますが、予約制となります。
 事前にLEC名古屋駅前本校(052-586-5001)までお問合せください。
※お一人様30分程度です。
2016/11/17(木)12:00~18:00
2016/11/19(土)9:00~13:00
2016/11/20(日)9:00~15:00
2016/11/26(土)9:00~17:00
2016/12/4(日)9:00~15:00

【動画配信】2016年本試験講評(11/15現在)

【過去の記事】
平成28年(2016年)行政書士試験講評その1(速報)
平成28年(2016年)行政書士試験講評その2(憲法・基礎法学)
平成28年(2016年)行政書士試験講評その3(民法)
平成28年(2016年)行政書士試験講評その4(一般知識)
平成28年(2016年)行政書士試験講評その5(記述式)

平成28年(2016年)行政書士試験講評その6(行政法)


※動画を収録したのでアップしました。


ここまで、何度かに分けて講評を掲載してきました。

まだ、成績リサーチの母数が少ないのでなんとも言えませんが、少しずつ輪郭が見えてきたように思いますので、現時点での総評を記載したいと思います。


<択一最低ライン>
基礎法学・憲法・・・・4/7

行政法・・・15/19

民法・・・5/9

商法・会社法・・・1/5

多肢選択・・・9/12

一般知識・・・7/14

146/240点

これは、いわゆる「Aランク論点(取りこぼしてはいけない問題)」と「成績リサーチの正答率」を独自に分析した結果です。

昨年よりは10点以上低めです。

全体として、取れる問題と取れない問題の差が各科目ごとに激しかったように思います。

講評でお伝えしたAランク問題をいかに取りこぼさなかったが合否を分けるでしょう。

一般知識については、文章理解(人工知能を加えると実質4問)でどこまで得点できたか、政・経・社を知識とテクニックで得点することができたかにかかっています。


上記最低ラインを考えると34点を記述で得点しなければなりませんので、

問44・45のうちいずれかを満点近くで解答することと、問46の内容を1つでも記載することが要求されます。
(もちろん、択一の得点が高ければ記述はもう少し楽になりますが。)


気になる記述の採点基準ですが、例年よりは易しめになると感じていますが、この点に関してはまだなんともいえません。

個別相談会や、19日の分析会後に出来る限り添削させて頂くので、気になる方は是非ご参加ください。

ただ、この本試験で心身ともにかなりのダメージを受けている方も多いと思いますので、
まずはゆっくりと心身を休めてくださいね。

16配布チラシ

平成28年(2016年)行政書士試験講評その6(行政法)

【過去の記事】
平成28年(2016年)行政書士試験講評その1(速報)
平成28年(2016年)行政書士試験講評その2(憲法・基礎法学)
平成28年(2016年)行政書士試験講評その3(民法)
平成28年(2016年)行政書士試験講評その4(一般知識)
平成28年(2016年)行政書士試験講評その5(記述式)

<個別相談会のご案内>
限られた時間で恐縮ですが、個別相談会を実施します。
記述の採点予想、今後の過ごし方など、本試験後の悩みは早めに解決してください。

11/15(火)13:00~18:00
11/17(木)13:00~18:00
11/19(土)9:00~13:00
11/20(日)9:00~15:00
11/26(土)9:00~17:00

事前予約制になりますので、希望の方は本ブログのメールフォームもしくはLEC名古屋校(052-586-5001)へお問い合わせください。
私のgmailアドレスを知っている方は、そちらでも構いません。
※LEC生かどうかは関係ありません。受験生であれば誰でも利用できます。


<本試験徹底分析会のご案内>
11/19(土)14:00~16:00
本試験の詳細な分析結果をお伝えし、択一得点リサーチから記述の採点にも言及します。

16配布チラシ




本試験を受験されたみなさん、本当にお疲れ様でした。

まだ具体的なデータがそろいませんが、科目別の講評を掲載したいと思います。

今回は行政法です。

【行政法】
取りやすい問題と取りにくい問題の差が激しかったように思います。

Aランク問題は
問8・9・10・11・12・13・15・16・17・18・19・22・24・25・26
です。

15問正解が合格ラインと考えて下さい。


問8~13までいかに取りこぼしなく進められたかがカギになります。
総論・手続法とも基本問題が続きました。

不服審査法は3問になりました。
問14は難しいなとは思いましたが、問15・16の正答率もあまり高くなかったのが印象的です。

個人的には取りこぼしてほしくないところです。

行政事件訴訟法も、処分性に関する問題が問われているあたりは、出題予想通りの結果となっています。

問20は、記述予想としていたものが択一で問われましたね
正解肢の4は、この判例の知識というよりも1条の論点です。

地方自治法の問23は、正答率は高くなかったですが、肢アと肢オは学習していれば基本知識です。
「代執行は高等裁判所」という話は色んなところでお話した記憶があります。


さらに、問24の正解肢アは一般知識で説明をしています。
許可制ではなく、事前協議制でしたね。

問25は「水道系」の横断整理問題でしたが、基本的な論点で肢が作られていたのでやはり得点してほしいです。

問26は憲法で有名な朝日訴訟からの出題ですが、生活扶助は相続の対象でないことは基本知識です。




 
続々と、相談予約と得点結果の報告を頂いています。

やはり、一般知識と記述式が難しかったと感じる方が多いようです。
択一のみで160点を超えている人も、昨年より少ないように感じます。

記述の採点は、少し甘めになるのかもしれないですね。

記述の採点や、今後の過ごし方をじっくりと話したいという方は、是非個別相談会やガイダンスを利用してください。



平成28年(2016年)行政書士試験講評その5(記述式)

【過去の記事】
平成28年(2016年)行政書士試験講評その1(速報)
平成28年(2016年)行政書士試験講評その2(憲法・基礎法学)
平成28年(2016年)行政書士試験講評その3(民法)
平成28年(2016年)行政書士試験講評その4(一般知識)

<個別相談会のご案内>
限られた時間で恐縮ですが、個別相談会を実施します。
記述の採点予想、今後の過ごし方など、本試験後の悩みは早めに解決してください。

11/15(火)13:00~18:00
11/17(木)13:00~18:00
11/19(土)9:00~13:00
11/20(日)9:00~15:00
11/26(土)9:00~17:00

事前予約制になりますので、希望の方は本ブログのメールフォームもしくはLEC名古屋校(052-586-5001)へお問い合わせください。
私のgmailアドレスを知っている方は、そちらでも構いません。
※LEC生かどうかは関係ありません。受験生であれば誰でも利用できます。


<本試験徹底分析会のご案内>
11/19(土)14:00~16:00
本試験の詳細な分析結果をお伝えし、択一得点リサーチから記述の採点にも言及します。

16配布チラシ




本試験を受験されたみなさん、本当にお疲れ様でした。

まだ具体的なデータがそろいませんが、科目別の講評を掲載したいと思います。

今回は記述式です。


ここ数年と同様、1問は完答、1問は部分点、1問は捨て問として30点取れればといった感じです。




採点基準は、成績リサーチを見る限り少し甘めにはなりそうです。

問44
総論の行政罰に関する標準的な問題ですが、地方自治法に定められていることと、長が科すという2点は、書けない受験生が一定程度いらっしゃったように思います。

 

執行罰と書いてしまうとかなりの痛手となります。


問45
担保責任に関する問題です。
事例がやや複雑だったので、577条を知っている人も記載が難しかったかもしれません。

契約の解除または損害賠償請求と記載した方がいたり、所有権を失ったときを記載できなかったりした方が多かったです。

完答は厳しいでしょう。


問46

これを3つ答られる受験生は、択一のみで180点を超える実力の持ち主ではないでしょうか。

一方当事者の生計の維持と、慰謝料については、離婚の際の慰謝料請求権が代位行使できるかどうかの論点を、債権者代位権で学習していれば書けたとは思いますが、やはり厳しいですね。



 
続々と、相談予約と得点結果の報告を頂いています。

やはり、一般知識と記述式が難しかったと感じる方が多いようです。
択一のみで160点を超えている人も、昨年より少ないように感じます。

記述の採点は、少し甘めになるのかもしれないですね。

記述の採点や、今後の過ごし方をじっくりと話したいという方は、是非個別相談会やガイダンスを利用してください。



平成28年(2016年)行政書士試験講評その4(一般知識)

 【過去の記事】
平成28年(2016年)行政書士試験講評その1(速報)
平成28年(2016年)行政書士試験講評その2(憲法・基礎法学)
平成28年(2016年)行政書士試験講評その3(民法)


<個別相談会のご案内>
限られた時間で恐縮ですが、個別相談会を実施します。
記述の採点予想、今後の過ごし方など、本試験後の悩みは早めに解決してください。

11/15(火)13:00~18:00
11/17(木)13:00~18:00
11/19(土)9:00~13:00
11/20(日)9:00~15:00
11/26(土)9:00~17:00

事前予約制になりますので、希望の方は本ブログのメールフォームもしくはLEC名古屋校(052-586-5001)へお問い合わせください。
私のgmailアドレスを知っている方は、そちらでも構いません。
※LEC生かどうかは関係ありません。受験生であれば誰でも利用できます。


<本試験徹底分析会のご案内>
11/19(土)14:00~16:00
本試験の詳細な分析結果をお伝えし、択一得点リサーチから記述の採点にも言及します。

16配布チラシ



おはようございます。

本試験を受験されたみなさん、昨日は本当にお疲れ様でした。

まだ具体的なデータがそろいませんが、科目別の講評を掲載したいと思います。

今回は一般知識です。



【一般知識】
昨年と同レベル、もしくはやや難化したと考えます。

いわゆる「統計問題」は出題されませんでした。
この点に関しては、受験生のみなさんにお詫びを申し上げなければなりません。

出生率や国民負担率の問題は出ると思ったのですが・・・・

Aランク問題は、
問49・51・52・54・58・59
です。


問47は、肢1・4・5は「常識」で切らないといけない肢です。
特に肢の5は完全に「時事ネタ」なので、それこそしっかりとニュースを見ておきなさいという試験委員のメッセージなのではないかと思ってしまいます。


問48は、いわゆる「10増10減」の話です。
定数が変わっていないのと、鳥取・島根、徳島・高知を合区とした点を知っていれば、4・5は切れます。
肢1は、「違憲状態」が出ているのであって、「違憲判決」ではないのでこれも切れます。
そうすると、肢2・3ですが、定数増加は東京・兵庫・福岡・北海道なので、いずれも三大都市圏にはない・・・なんてことを知っている人は少数だと思います。

ただ、合区の知識しかない状態で、肢3を○と考えた場合、消去法で2を選んで結果正解という方も一定程度いらっしゃるかもしれません。


問49は、オリンピックで盛り上がったこともあって、まずアを軸とし、さらにオが明らかにおかしいので肢1を正解肢にした人が多かったのではないでしょうか。

これは正解してほしい問題です。


問50は、予想通りTPPからの出題ですが、ちょっと細かい肢もあったので正答率はあまり高くないように思います。
解答の指針はこうです。
肢アは、韓国が入っているので明らかに×。
肢ウは、TPPに中国やロシア、ヨーロッパ諸国が参加していないことを考えれば、×を打てると思います。
後は肢エ・オの判断ですが、どちらも日本が絡む問題でした。
ここを知っていたかどうかが肝ですね。


問51は、戦後の経済に関する問題でした。
これは肢1と肢5で悩んだ方もいらっしゃると思います。
肢1はなんともいえないですが、石炭・鉄鋼に対して傾斜生産方式を導入したということで、造船や石油が当てはまるかどうか・・・ですね。

ただ、成績リサーチの正答率は高いので、Aランクとしました。


問52は、「知識とテクニック」で解く問題です。
肢イは障害者差別解消法からの出題で、本ブログでも予想としていましたので×を打ってほしかったです。
そして、肢ウは「法律ではまだないが、条令では制定されている」という、ある種一般知識の公式を思い出して頂ければ○にできます。
この点について、野畑クラスでは常々お話ししていたと思います。


問53は、ちょっと無理でしょう。
一応、解答の指針はこうです。

肢4、阪神淡路大震災は1995年で21年前→行方不明者は失踪宣告により死亡扱い→行方不明者はいない→×

これで答えは出せます(過程は正確ではないです)が、参考までに、
戸籍法 第89条
水難、火災その他の事変によつて死亡した者がある場合には、その取調をした官庁又は公署は、死亡地の市町村長に死亡の報告をしなければならない。但し、外国又は法務省令で定める地域で死亡があつたときは、死亡者の本籍地の市町村長に死亡の報告をしなければならない。
という規定があります。

この規定により、阪神淡路大震災の行方不明者は3名とされています。
とはいっても・・・ですね。


問54は、人工知能の問題ですが、実質文章理解の問題なので割愛します。
正答率は高めです。

問55はIoTに関する問題です。
しまった、これは出題予想にしておくべきでした・・・・

ただ、問56よりは正解率が高いのではないでしょうか。
問56は、興味がなければ頭が痛くなる問題です。


問57は公文書管理法からの出題。
年々出題内容が細かくなっているので、正答率はあまり高くないと思います。



トータルで6問、つまり、肢切りを免れれば十分いったところでしょうか。
ただ、中には9問以上正解という方も一定程度いらっしゃるのが事実です。

それが知識の差なのかテクニック面の差なのかは、ちょっと精査する必要があります。



続々と、相談予約と得点結果の報告を頂いています。

やはり、一般知識と記述式が難しかったと感じる方が多いようです。
択一のみで160点を超えている人も、昨年より少ないように感じます。

記述の採点は、少し甘めになるのかもしれないですね。

記述の採点や、今後の過ごし方をじっくりと話したいという方は、是非個別相談会やガイダンスを利用してください。

平成28年(2016年)行政書士試験講評その3(民法)

 【過去の記事】
平成28年(2016年)行政書士試験講評その1(速報)
平成28年(2016年)行政書士試験講評その2(憲法・基礎法学)

<個別相談会のご案内>
限られた時間で恐縮ですが、個別相談会を実施します。
記述の採点予想、今後の過ごし方など、本試験後の悩みは早めに解決してください。

11/15(火)13:00~18:00※予約が埋まり始めています。
11/17(木)13:00~18:00
11/19(土)9:00~13:00※予約が埋まり始めています。
11/20(日)9:00~15:00
11/26(土)9:00~17:00

事前予約制になりますので、希望の方は本ブログのメールフォームもしくはLEC名古屋校(052-586-5001)へお問い合わせください。
私のgmailアドレスを知っている方は、そちらでも構いません。
※LEC生かどうかは関係ありません。受験生であれば誰でも利用できます。


<本試験徹底分析会のご案内>
11/19(土)14:00~16:00
本試験の詳細な分析結果をお伝えし、択一得点リサーチから記述の採点にも言及します。

16配布チラシ



おはようございます。

本試験を受験されたみなさん、昨日は本当にお疲れ様でした。

まだ具体的なデータがそろいませんが、科目別の講評を掲載したいと思います。

今回は民法です。



【民法】
昨年と同レベル、もしくはやや易化したと考えます。

取れる問題と取りにくい問題の差が激しいので、いかに下記Aランク問題を取りこぼさなかったかがカギになりそうです。

Aランク問題は、
問27・問28・問32・問33・問35です。

表見代理や債権譲渡、相殺が出なかったのが意外ですが、上記5問は、基本論点&出題予想論点なので、得点してほしい問題です。

問30の先取特権と、問31の根抵当権は連続しているので2重の意味でいやらしいですね。
問34の不法行為も難しいです。


問29の共有は、2014年に出題されているので、直前期の対策から外してしまった方は難しかったかもしれません。


トータルで5問取れたら合格ラインというところでしょうか。

続々と、相談予約と得点結果の報告を頂いています。

やはり、一般知識と記述式が難しかったと感じる方が多いようです。
択一のみで160点を超えている人も、昨年より少ないように感じます。

記述の採点は、少し甘めになるのかもしれないですね。

記述の採点や、今後の過ごし方をじっくりと話したいという方は、是非個別相談会やガイダンスを利用してください。

平成28年(2016年)行政書士試験講評その2(憲法・基礎法学)

【過去の記事】
平成28年(2016年)行政書士試験講評その1(速報)


<個別相談会のご案内>
限られた時間で恐縮ですが、個別相談会を実施します。
記述の採点予想、今後の過ごし方など、本試験後の悩みは早めに解決してください。

11/15(火)13:00~18:00※予約が埋まり始めています。
11/17(木)13:00~18:00
11/19(土)9:00~13:00※予約が埋まり始めています。
11/20(日)9:00~15:00
11/26(土)9:00~17:00

事前予約制になりますので、希望の方は本ブログのメールフォームもしくはLEC名古屋校(052-586-5001)へお問い合わせください。
私のgmailアドレスを知っている方は、そちらでも構いません。
※LEC生かどうかは関係ありません。受験生であれば誰でも利用できます。


<本試験徹底分析会のご案内>
11/19(土)14:00~16:00
本試験の詳細な分析結果をお伝えし、択一得点リサーチから記述の採点にも言及します。

16配布チラシ



おはようございます。

本試験を受験されたみなさん、昨日は本当にお疲れ様でした。

まだ具体的なデータがそろいませんが、科目別の講評を掲載したいと思います。

まずは、憲法・基礎法学です。



【憲法・基礎法学】
昨年と同レベルだと考えます。

Aランク問題は
問1・問4・問6・問7です。

問1現場思考型の問題ですが、「裁判=法的専門性の要求」はその場で推測できますし、憲法が三権分立規定を置いているというのも基本なので、正解してほしいです。

問3はいうまでもなく捨て問です。
ここで時間をかけてしまわなかったかどうかが重要ですね。

問5は、とにかく統治の条文をしっかりと読んでいたかに尽きます。
ただ、「憲法に規定がない」ものを指摘する問題ということを考えると、ちょっといやらしいですね。
テキストには(内閣法○○条)といった表記はありますが、見落として読んでしまっている方もいると思うので・・・

問6は出題予想でも掲げた信教の自由からの出題でした。正解肢の5がオウム真理教の判例であまり意識していなかったかもしれませんが、他の肢との整合性でいけるはずです。

問7も尊属殺を正解肢にもってくるあたりちょっといやらしいですが、これも基本なので取りこぼせないと思います。

トータルで4問取れたら合格ラインというところでしょうか。

次は民法の講評を掲載予定です。


しばらくお待ちください。


続きを読む

2017年本試験講評(速報)

受験生のみなさま、本当にお疲れ様でした。

まずはゆっくりと心身を休めてくださいね。

さて、これから何回かに分けて本試験問題の講評を掲載していきます。


<はじめに>

正確な分析は11/19(土)の本試験徹底分析会までお待ち頂くことになりますが、とりあえず、個人的な感想を記載していきます。

具体的には次の記事からになりますが、後日修正を加える可能性があることあくまで私の主観であり、他の先生方の意見を踏まえたものではないことをあらかじめご了承ください。


<本試験問題を見た印象・受験生の声>

全体としては昨年より難化したように思います。

【民法】
昨年と同レベルですが、先取特権(問30)と根抵当権(問31)不法行為(問34)は難しかったように思います。
ただ、時効(問27)をはじめとして、取りやすい問題もあったので、5問正解してほしいところです。

【行政法】
民法と同様、取りやすい問題とそうでない問題の差が激しかったように思います。
公務員法からの出題がなく、代わりに行政不服審査法の出題が3問になりました。

15問正解を1つの基準
としてください。

【憲法・基礎法学】
昨年並み
でしょう。
問3は捨て問ですが、取りやすい問題も出題されていました。
法・基礎法学で4問が基準です。

【一般知識】
昨年より難化しています。
問48・49・50・51・52・54のうちで、
どれだけ得点できたかがポイントです。

【多肢選択式】
例年より易しい
と思われます。

【記述】
問44と45をどれだけ記載できたかにかかっています。
問46は3つの要素のうち1つでもかければ御の字です。

記載ミスや漏れをどこまで減点するかどうかは、受験生の択一の成績次第になる思います。

択一の成績が良ければ記述の採点は辛くなるでしょうし、
そうでなければ甘くなるでしょう。

このあたりは今日の段階ではなんとも言えません。
ただ、やや甘めの採点になるような気がしています。


これから各科目の分析をしていきます。
完了次第掲載しますので、随時ご確認ください。


今日は本当にお疲れ様でした!


【本試験後の相談会・分析会日程】
<個別相談会(お一人様30分程度)
限られた時間で恐縮ですが、個別相談会を実施します。
記述の採点予想、今後の過ごし方など、本試験後の悩みは早めに解決してください。

11/15(火)13:00~18:00
11/17(木)13:00~18:00
11/19(土)9:00~13:00
11/20(日)9:00~15:00
11/26(土)9:00~17:00

事前予約制になりますので、希望の方は本ブログのメールフォームもしくはLEC名古屋校(052-586-5001)へお問い合わせください。
私のgmailアドレスを知っている方は、そちらでも構いません
※LEC生かどうかは関係ありません。受験生であれば誰でも利用できます
<本試験分析会>
11/19(土)14:00~16:00
本試験の詳細な分析結果をお伝えし、択一得点リサーチから記述の採点にも言及します。

本試験を受験し、分析を終えるまでが2016年本試験です。

一息つきたいところだと思いますが、
いずれかの是非イベントに参加してくださいね。

繰り返しになりますが、本当にお疲れ様でした!16配布チラシ



本試験、お疲れ様でした!

2016年度の行政書士試験を受験されたすべての皆様、本当にお疲れ様でした。

南山大学ではどうやら正門ではない門へ誘導がされていたそうで、多くの方と最後にお話しできなかったことを残念に思います。

わざわざ正門に回って来てくださったみなさん、本当にありがとうございました。


本試験会場でお疲れ様の声をかけることはできないのが残念でなりませんが、
解答速報会が行われるLEC名古屋校にいますので、是非顔を出してくださいね。

これから問題を確認して、今日の夜~明日の朝には講評を記事にしていきたいと考えています。

また、記述の添削や今後の過ごし方等、時間をとって話したいという方は、
下記の日程で個別相談会を実施します。


事前予約制になりますので、お手数ですが御希望の方は本ブログのメールフォームもしくはLEC名古屋校(052-586-5001)へお問い合わせください。
※メールフォームで予約された方には後程確認のメールを送らせて頂きます。
※LEC生かどうかは関係ありません。受験生であれば誰でも利用できます。

<個別相談会(お一人様30分程度)
限られた時間で恐縮ですが、個別相談会を実施します。
記述の採点予想、今後の過ごし方など、本試験後の悩みは早めに解決してください。

11/15(火)13:00~18:00
11/16(水)13:00~18:00
11/17(木)13:00~18:00
11/19(土)9:00~13:00
11/20(日)9:00~15:00

事前予約制になりますので、希望の方は本ブログのメールフォームもしくはLEC名古屋校(052-586-5001)へお問い合わせください。
私のgmailアドレスを知っている方は、そちらでも構いません
※LEC生かどうかは関係ありません。受験生であれば誰でも利用できます
<本試験分析会>
11/19(土)14:00~16:00
本試験の詳細な分析結果をお伝えし、択一得点リサーチから記述の採点にも言及します。

本試験を受験し、分析を終えるまでが2016年本試験です。

一息つきたいところだと思いますが、
いずれかの是非イベントに参加してくださいね。

繰り返しになりますが、本当にお疲れ様でした!

16配布チラシ 

自分を信じて。

試験当日、天気は問題なさそうですね。

眠れましたか?

眠れなくても今日一日の集中力に影響はありませんから、安心してください。

受験票・筆記用具・時計があれば大丈夫。

最終チェックをして、会場入りしてください。

今日まで、本当にお疲れ様でした。

あとほんの少し、踏ん張ってくださいね。



明日の準備をいまのうちに。

2016年最後の講義となるずばり!ストライク講座も終了しました。

参加された方も、そうでない方も、これから最終調整に入る方もいらっしゃると思いますが、
何はともあれ明日の準備を今日中にしておいてくださいね。


受験票・時計・ペンケース・財布をカバンにいれましょう。

ペンケースの中に鉛筆(シャープペンシル)と消しゴムは入っていますか?

蛍光ペンは持ち込み可です。

本試験会場までの経路は確認しましたか?

当日は余裕をもって会場入りしましょう。

南山大学の場合、一応芝生のエリアがありますので、暖かければゆっくりすることもできます。

また、帰りはコンサート会場並みに混むので、帰りの切符も行きに買っておくといいですよ。
(あらかじめ電子マネーでチャージしておけばいいですけどね。)


熱い気持ちも忘れずに詰めていきましょう。

不安であれば、当日、南山大学の正門で温めなおします。


みなさん、胸を張って会場入りしてくださいね。
応援しています!!
(明日の朝にもブログ更新予定です。)

【2016】明日はずばり!ストライク講座&確認してほしい記事をまとめました。

 【本試験前後のイベント情報】

こちらの記事をご覧ください。




本試験受験生へのメッセージ動画です。
出題予想的な話をしているわけではありませんが、
本試験を数日前に控えたみなさんに意識して頂きたい内容を応援メッセージとして収録しました。

9分程なので、移動中や息抜きにご覧下さい。



日々受験生と接していて思うこと。

それは、平常心を保つことがいかに難しいかということ。

私も受験生時代は、この時期変なテンションになっていました。

あまり思い出せませんが、飼い猫や家族に八つ当たりもしていたような気がします。

変なテンションになっている方は、それが普通だと思ってください。
おそらく、オリンピックに出場する選手や、日本シリーズに出場する選手も似たような感覚を経て試合に臨んでいるはずです。

勉強とスポーツ、分野は違えど世界のアスリートと同じような経験ができるのは、ある意味1年間勉強を頑張ってきた人に与えられるご褒美でもあり、試練なのかもしれません。


前日の過ごし方は100人いたら100通りあると思います。

最後まであがくもよし、美容院やマッサージにいって体調や気持ちを整えるのもよし。

もしみなさんが、
「勉強したいけどどうしても手につかない」
のであれば、明日9:30にLEC名古屋校に集合してください。

ずばり!ストライク講座(有料)を実施します。

目新しいことを話すわけではありませんが、前日に確認した事が当日出題されることもあるので、最終調整にどうぞ。

そして、ストライク講座後(12:10~13:30)まではLECにいるので、
「ストライク講座は受けないけれど、不安を抱えながら自習室にいる」
という方は6階受付に顔を出しに来てくださいね。



そして、過去に記載した2016年直前向けのブログ記事は、
出題予想(2016) (25)
にまとめて掲載しています。

どこをどう勉強したらいいかわからなくなってしまった方は、
確認してみてください。

あとほんの少し、踏ん張ってください。

【2016】応援メッセージを収録しました。

【本試験前後のイベント情報】

こちらの記事をご覧ください。






出題予想的な話をしているわけではありませんが、
本試験を数日前に控えたみなさんに意識して頂きたい内容を応援メッセージとして収録しました。

9分程なので、移動中や息抜きにご覧下さい。

寒さが半端ないので、暖かくして過ごしてくださいね。

【2016】流し読み、ダメ、絶対!

全国的に、明日は冷え込みそうですね。

くれぐれも、暖かくしてお過ごしください。


さて、タイトルの
「流し読み、ダメ、絶対!」
ですが、問題を読む際の注意喚起です。

この時期は多くのことを一気に確認したいので、
読むペースを速めがちですよね。

それはもちろんなんですが、試験の前日だけでもいいので、
「問題文をゆっくり読む感覚」
を取り戻してください。

易しめの、行政書士の過去問を数問で構いません。

最後の模試から1か月以上間が空いている方も多いと思いますので、
これまで回転数を上げて問題に取り組んできた人は、是非取り組んでみてください。


そして、今年度私が担当した、
合格講座・必修論点コンプリート講座・3ステップ合格講座・野畑式出題予想論点総まとめ講座など
を受講されたみなさん、いまはどんな状況ですか?

とてもお忙しい状況だと思いますが、担当した講座の受験生の皆さんには私も人一倍思い入れがありますので、差し支えなければ不安や意気込みをこちらに書き綴ってやってください。

メールフォームから個別に送って頂いても結構です。

よろしくお願いします。



続きを読む

【2016】悪い魔物を振り払え!

【本試験前後のイベント情報】

こちらの記事をご覧ください。

よく
「甲子園には魔物がいる」
なんて言われたりしますね。

何でもない打球を取り損ねたり、サインミスで暴走してしまったり・・・
なんでこんなミスを連発するんだろう?
と思う事がよくありますが、
緊張や不安という魔物の仕業でしょう。

同じように、
「本試験会場にも魔物がいる」
とすれば、みなさんは十分気を付けなければいけません。

過去問を見ればわかる通り、
「絶対に解けない≠合否に影響しない」
問題が毎年必ず存在します。


そういった魔物と真正面から戦ってはいけません。
少し考えて解けそうになければ、
「この問題は合否に影響しない」
と割り切ってさっさと次の問題に移りましょう。

みなさんの不安や緊張を見越して魔物は各箇所に配置されています。

落ち着いてそれらを見切ってくださいね。

そういった意味で、この時期に過去問を確認しておくとよいでしょう。


逆に、甲子園には良い魔物も存在します。

9回裏のツーアウトから10点差をひっくり返してサヨナラ勝ち
という試合がいくつもあります。

ということは、本試験会場にも良い魔物が存在します。

もちろん、最後まで諦めなかったという条件が必要ですが、
是非強い気持ちで最後は魔物を味方にしてください!

そんな気持ちで、メッセージを綴りました。


そして本試験当日は南山大学の正門付近にいます。
最後にひと押しほしい方は是非声をかけてください!


悪い魔物を追い払い、良い魔物を引き寄せる、
そんなおまじないだと思ってください。

そして何より、今年は晴れらしいということ。

会場に応援しにいった過去5年はすべて雨なので、
今年こそは、晴天の中受験生を見送れることを嬉しく思います。

【2016年野畑クラス】意気込みや不安は本ブログのコメント欄へ。

<2016年度野畑クラス受講生の皆さまへ>

合格講座・必修論点コンプリート講座・3ステップ合格講座・野畑式出題予想論点総まとめ講座など、過去に私の講座を利用したことのある方であればどなたでも結構です。

是非、本試験に向けての意気込みや不安等、なんでも構いません。
本記事のコメント欄に書き込んでいってください。

不安なのは皆同じです。

乗り切って当日を迎えましょう!


15総まとめ画像

【2016年】本試験後の個別相談会のお知らせと、試験前日の夜と当日の朝確認するツールについて。

【本試験前後のイベント情報】

こちらの記事をご覧ください。



本試験最後の土日ですね。

お休みの方、
調整はうまくいっていますか?

さて、何日か前からブログの一番上にリンク先を掲載していますが、
本試験後の情報にもアンテナを張っておいてください。


特に、受験生の択一の出来と記述の得点は、
多くの受験生が気になる事項の1つです。

LEC名古屋校では、私が本試験分析会で択一の出来や記述採点の甘辛基準を講評、
個別相談会では、今後の過ごし方の相談に加え、希望者には記述の添削を行います。


特に個別相談会は1人30分の予約制で、例年早い段階で埋まってしまいます。
ですのでお手数ですが予約はお早目にお願い致します。
(なんと、今年は既に予約がいくつか入っています。)


さて、話を本試験前に戻します。

前日と当日に確認しておくべきツールは決めていますか?

自身で作成した間違いノートや総まとめ講座のレジュメ、前日に実施するストライク講座を活用するのはやはり効果的です。

それ以外はというと、個人的にはやはり条文ではないかなぁと思います。
条文は判例と違い、直前に見たものの中から、何かが必ずそのまま出題されます。

なので、ツールが定まっていない方は、
行政手続法・行政事件訴訟法・行政不服審査法・憲法統治・個人情報保護法の条文をひたすら繰り返し読むとよいでしょう。

条文素読みは、この時期に効果を発揮するはずです。


体調管理には細心の注意を払って、踏ん張ってください!

【2016】攻めから守りへ。

【本試験前後のイベント情報】

こちらの記事をご覧ください。


祝日も終わり、残す休日は今週の土日ですね。

もちろん、お仕事の方もいらっしゃると思いますが、一定数の方は
「まとまった時間を取れるのは今週末が最後」
なのかもしれません。

どう過ごせばよいのか。


何から手をつけたらよいかわからない方は、

①予備校講師の出題予想を信じる。

②模試で正答率50%以上だった問題の論点を確認する。

③直感的に不安な箇所を補強する。

④いままで正解できた問題のみ拾って確認する。

⑤過去問の最終チェック
こんな感じでしょうか。

特に④は、常々お話ししている「守り(失点を防ぐ)の学習」の要になるので、
いままで攻め続けていた方は是非取り組んでください。


「えーでも。。。」

という方は、「でも。。。」に続く「。。。」をやればいいです。


それで気持ちが落ち着くなら出題可能性の低いCランク論点の確認をしてください。

最終的にこの時期は、精神衛生上、自分が信じることをやるのが一番です。


ちなみに、本試験の前日11/12(土)9:30~12:00で
「ズバリストライク講座」
を実施します。


前日で勉強が手につかない方、知識の最終チェックをしたい方は是非参加してくださいね。

それではみなさん、良い一日を!
プロフィール

のばたー

Author:のばたー
ブログから全国の行政書士受験生を応援します!

最新記事
メールフォーム
相談事項がある方はこちらのメールフォームを利用してください。 (学習相談はお受けできますが、問題に対する解答等はお受けできません。あらかじめご了承ください。)

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。