スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2016出題予想】マイナンバー制度(一般知識)

【本試験前後のイベント情報】
こちらの記事をご覧ください。


出題予想論点総まとめ講座から一日経過。
9時間の講義でダメージが大きかったのか、夜中に足がつって大変な思いをしました。

参加されたみなさんは、大丈夫でしたか?(笑)


あまりにベタなので、出題予想論点総まとめ講座では扱わなかったのですが、
マイナンバー制度については下記総務省HPで一度確認しておくとよいと思います。


http://www.gov-online.go.jp/tokusyu/mynumber/point/


「このブログで見たものは有無を言わず確認する。」

その積み重ねが、本試験での得点につながるかもしれません。

スポンサーサイト

出題予想論点総まとめ、終了しました!

 IMG_9645 (1)

無事、出題予想論点総まとめ講座は終了しました。

大教室が満席になったのは、3年目となるこの講座では初めてのことです。

1年間一緒に勉強してきた方や、
本講座ではじめて一緒に勉強することになった方、
いかがでしたでしょうか?

3時間×3コマという、一部精神修行も兼ねたような時間設定でしたが、
想いは講義とレジュメに込めさせて頂きました。

もしよければ、本記事のコメント欄もしくはメールフォームに感想、意気込み等を送って頂けると幸いです。

本試験日までブログは更新し続けるので、チェックしてくださいね!

それでは、体調に気を付けて、最後まで走り抜けてください!



1問でも多く!10/30(日)、出題予想論点総まとめ講座で一緒に勉強しませんか?

いよいよ明後日10/30(日)に実施される出題予想論点総まとめ講座。

もう、あれもこれも伝えたくて仕方がないのですが、
取捨選択をしなければならないので、ここ最近ずっと頭を抱えています。

絞りすぎるのも、ボリュームを持たせすぎるのも、この時期には適さないのです。

みなさんの本番は11/13ですが、私の本番は10/30のような気分です。

とにかく、アドレナリンが止まりません!

ギリギリまで悩んで悩んで悩み抜いて、最高の講義とレジュメを提供します。


とにもかくにも、参加されるみなさんは、
「10/30に見たものがそのまま試験に出る!」
というくらいの気持ちで参加してくださいね。

2週間なら、本試験まで知識を持っていけると思います。

受付者は50名を超えたようです。

最大教室を割り振って頂いたので、
定員はおそらく問題ないでしょう。

音声フォローもありますので、万が一欠席されても大丈夫です。



超直前、一人でも多くのみなさんと一緒に勉強できればと考えていますので、
奮ってご参加ください。

1問でも多く得点しにいきましょう!

それではLEC名古屋校でお待ちしています!


10/30(日)実施
野畑式出題予想論点総まとめ講座←リンク先はLEC名古屋校のHPです。

【2016注意喚起】理由の説明は法的義務か努力義務か?(個人情報保護法)

さて、今日も唐突ですが下記の問題にチャレンジしてください。

個人情報保護法からの出題です。


 
個人情報取扱事業者は、本人から開示を求められた保有個人データの全部又は一部について開示しない旨を通知する場合には、理由を説明しなければならない。
※解答は下にあります。

































解答×
(理由の説明) 
第28条   個人情報取扱事業者は、第二十四条第三項、第二十五条第二項、第二十六条第二項又は前条第三項の規定により、本人から求められた措置の全部又は一部について、その措置をとらない旨を通知する場合又はその措置と異なる措置をとる旨を通知する場合は、本人に対し、その理由を説明するよう努めなければならない。 


いかがでしたでしょうか?
「理由の説明=法的義務」
と考えていると間違えてしまう問題だと思います。

確かに、行政手続法では理由の説明は法的義務となっていますが、
個人情報保護法は民間業者への配慮(負担軽減)から、理由の説明は努力義務となっています。


そこまで出題可能性が高いとはいえませんが、念のため確認しておいてください。

☆10/9(日)実施 あと1か月で合格点を獲る方法☆

【配布レジュメ閲覧】
・あと1か月で合格点を獲る方法
・特典ハンドブック

視聴回数が1,000回を超えました。
出題予想は動画29分あたりからなので、
まだご覧になっていない方は参考にしてみてください。

10/30(日)実施
野畑式出題予想論点総まとめ講座←リンク先はLEC名古屋校のHPです。

出題予想論点総まとめ講座は音声フォロー(欠席フォロー)があります。

10/30(日)の出題予想論点総まとめ講座について、
「講義音声は収録しないのか?」
「データを後日受け取れないのか?」

いった質問を何件も受けましたのでお答えします。

結論から言いますと、音声フォローは実施します。

ですので、
「当日はどうしても都合が悪い」
という方も、講義終了後に受講証とUSBメモリを窓口に持ってきて頂ければ、
レジュメとセットで音声データをお渡しできます


日曜は仕事だけど平日は休みという方がいらっしゃれば、
是非音声フォローを活用してください。

定員も、50名を過ぎても受付可能であることを確認しましたので、
おそらく当日申込みでも大丈夫かと思います。

不安であれば、お手数ですが事前にLEC名古屋校(052-586-5001)へ確認してください。


そして現在、その総まとめ講座のレジュメ作りに奮闘しています。

超直前期なのでポイントを絞りつつ、かつ復習をしやすい形にしようと試行錯誤していますが、この両立がとにかく難しいです。

とにかく、
「費用対効果の高い」
レジュメと講義を提供しますので、楽しみにしてくださいね。


よろしくお願いします!

☆10/9(日)実施 あと1か月で合格点を獲る方法☆

【配布レジュメ閲覧】
・あと1か月で合格点を獲る方法
・特典ハンドブック

視聴回数が1,000回を超えました。
出題予想は動画29分あたりからなので、
まだご覧になっていない方は参考にしてみてください。

10/30(日)実施
野畑式出題予想論点総まとめ講座←リンク先はLEC名古屋校のHPです。

【2016出題予想】結論だけでなく理由も確認してほしい人権分野。(憲法)

昨日の憲法の問題ですが、多くの方からメッセージを頂きました。

「間違えました・・・・」

と。


憲法についてはどうしても後手後手に回りがちで、
とりあえず「合憲か違憲か」を覚えたところで学習の手を止めてしまいがちです。

他の科目との兼ね合いもあるので難しいところですが、最低限、
・特別の法律関係における人権
・法の下の平等
・信教の自由
・表現の自由

については、結論だけでなく理由の確認もしておくことを推奨します。

いわゆる
「引っ掛けポイント」
については通常講義でもお伝えしていますが、
出題予想論点総まとめ講座でもしっかりとお伝えしていきます。


独学でポイントが掴めない方や、
一度講義を受けたけれどもう一度確認したい方、是非一緒に勉強しましょう。


☆10/9(日)実施 あと1か月で合格点を獲る方法☆

【配布レジュメ閲覧】
・あと1か月で合格点を獲る方法
・特典ハンドブック

視聴回数が1,000回を超えました。
出題予想は動画29分あたりからなので、
まだご覧になっていない方は参考にしてみてください。

10/30(日)実施
野畑式出題予想論点総まとめ講座←リンク先はLEC名古屋校のHPです。
残席2となっています。

【2016注意喚起】思想・良心の自由、信教の自由の超基本問題。(憲法)

☆10/9(日)実施 あと1か月で合格点を獲る方法☆

【配布レジュメ閲覧】
・あと1か月で合格点を獲る方法
・特典ハンドブック

視聴回数が1,000回を超えました。
出題予想は動画29分あたりからなので、
まだご覧になっていない方は参考にしてみてください。

10/30(日)実施
野畑式出題予想論点総まとめ講座←リンク先はLEC名古屋校のHPです。
残席2となっています。


唐突ですが憲法の問題です。

厳しいようですが、
簡単なので本試験では絶対に間違えてはいけない問題です。



【問1】
市体育館の起工式が、神道式地鎮祭として挙行され、市が謝礼として神官に対して公金
を支出することは、宗教との関わり合いを持つとはいえないため憲法20条等に反しない。
【問2】
教職員に対して君が代斉唱を強制する行為は、思想良心の自由の制約にあたらないため、憲法19条に反しない。

※解答は本記事下段です。




























<解答>
【問1】×
本件起工式は、宗教とかかわり合いをもつものであることを否定しえないが、その目的は社会の一般的監修に従った儀礼を行うという専ら世俗的なものと認められ、そ効果は神道を援助、助長、促進し又は他の宗教に圧迫、干渉を加えるものとは認められないため、憲法20条3項により禁止される宗教的活動にあたらない。

【問2】×

都立高校の教諭に対し、君が代斉唱を強制する行為(職務命令)は、思想良心の自由間接的な制約となる面があることは否定し難い

思想良心の自由を間接的に制約することが許されるかどうかは、職務命令の目的及び内容に制限を介して生ずる制約の態様等を総合的に較量して、当該職務命令に上記の制約を許容しうる程度の必要性及び合理性が認められるか否かという点から判断すべきであり、これらを考慮すると、君が代斉唱を強制する職務命令は憲法19条に反しない。


どちらも、漫然と解くと間違える可能性があります。

みなさんの思考は、
問1
津地鎮祭事件→目的効果基準→政教分離原則に違反しない→合憲
となっているはずですが、政教分離原則に反しないのと、宗教と関わり合いを持っているかどうかは別問題です。
というか、国と宗教に何かしらの関わり合いがあるのが前提で、それを目的効果基準に照らし合わせて政教分離原則違反かどうかを判断しているわけですよね。

問2
思想良心の自由に関する判例→試験対策上すべて合憲
と考えていると、裏をかかれます。
確かに合憲なのですが、
「君が代」規律斉唱職務命令拒否事件(最判平23.5.30)では、職務命令が「思想良心の自由の間接的な制約になる」としたうえで、合憲判断をしています。

後手後手になりがちな憲法ですが、細かい判例の知識が正解肢になっていることはほとんどありません。
基本判例の考え方をしっかりと理解しているかを聞いてきますので、少なくとも上記2問に引っかかってしまった方は、該当判例の判旨を確認しておいてください。

出題予想というよりは、注意喚起ですね。

最後は「基本に忠実に」です。


【2016出題予想】取消事由の制限(行政事件訴訟法)

下記内容は、
「あと1か月で合格点を獲る方法」
でも記述出題予想の1つとして取り上げましたが、重要だと思われるのでブログでも取り上げます。

【行政事件訴訟法10条1項「取消事由の制限」】
原告適格があることが前提。

自己の法律上の利益に関係のない違法を理由として取消しを求めた場合、訴訟「棄却」判決が下される。 

記述で「却下」か「棄却」かを判断させる問題は記述でもよく問われます。

10/30(日)の出題予想論点総まとめ講座で使用するレジュメを掲載しておきますので、
確認してみてください。


取消事由の制限 

☆10/9(日)実施 あと1か月で合格点を獲る方法☆

【配布レジュメ閲覧】
・あと1か月で合格点を獲る方法
・特典ハンドブック

軌跡を辿れ!

これは特に予備校を利用されている方にお願いしたいのですが、
直前期だからこそ、今まで使ってきたテキストやレジュメを読み返してください。

予備校を利用しているということは、テキストに様々なメモが入っているはずです。

「これは直前期に見ておいてください」

「ここは要注意です」


というアナウンスは、普通の講師であればしているはずですので、ささっとテキストを確認してそういった箇所に当たったら、そこを重点的に確認するというのも1つの手でしょう。


・・・というか、この時期に確認しなかったら、いつ確認するんでしょうか。


いままで頑張ってきたみなさんの努力の証は、テキストやレジュメ・六法に刻まれているはずです。

いまこそしっかりとその軌跡を辿ってくださいね。


・・・なかには、努力の証を残し忘れてしまった方もいらっしゃるかもしれません。

そんな方は、一日でしっかりと刻みましょう。

超直前期に見ておくべき条文はしっかりとお伝えします。

10/30(日)実施
野畑式出題予想論点総まとめ講座←リンク先はLEC名古屋校のHPです。
※LEC名古屋校で一番大きな教室を割り当ててもらいました。

☆10/9(日)実施 あと1か月で合格点を獲る方法☆

【配布レジュメ閲覧】
・あと1か月で合格点を獲る方法
・特典ハンドブック

【2016】この時期の模試(ファイナル模試)での注意事項

LECでは、21~23の間でファイナル模試が実施されます。

私が合格した年は
「ファイナルカウントダウン模試」
という名前だった気がしますが、まぁどっちでもいいでしょう。

受験される方は、これが最終調整になるはずなので、
①解く順番
②解く、捨てるの取捨選択
③時間配分

をしっかりと確認してください。

間違っても、模試で会社法を捨てた(時間をかけなかった)のに、
本試験で会社法を解く(時間をかける)ということはしないようにしてくださいね。


30日に実施する総まとめ講座の準備も着々と進んでいます。
気づけば、もう来週なんですね。


今年は、他県(静岡・埼玉・大阪)からのお問い合わせも多いです。
ご遠方の皆様、受付は最寄りのLECでもできますが、定員が近いので念のため
申込前に名古屋校に確認してみてください。


名古屋校でファイナル模試を受験される方は、
受付窓口か、模試を運営するスタッフに確認してみてください。


全国的にも冷え込んでくるとのこと。
体調管理を怠らないようにしてくださいね。


☆10/9(日)実施 あと1か月で合格点を獲る方法☆

【配布レジュメ閲覧】
・あと1か月で合格点を獲る方法
・特典ハンドブック

10/30(日)実施
野畑式出題予想論点総まとめ講座←リンク先はLEC名古屋校のHPです。


【2016出題予想】民法記述:不法占拠者への対応


「あと1か月で合格点を獲る方法」

でもお話しましたが、民法の記述において、
『不法占拠者に対して、どのような権利に基づいて、どのような対応を取ることができるのか』
は出題可能性が高いと考えています。

賃借人の場合、
①賃借権が物権化している→賃借権に基づく妨害排除請求
②賃借権が物権化していない→所有者の所有権に基づく妨害排除請求権の代位行使
③賃借物の引渡後に無断占拠が始まった→占有回収の訴え
※引渡前に無断占拠されている場合、「占有の侵害」にはあたらないため、占有回収の訴えは×


抵当権者の場合、
・原則明渡請求不可。
・抵当権の実行としての競売手続を妨害する目的が認められ、抵当不動産の交換価値の実現が妨げられ、抵当権者の優先弁済権行使が困難になるような状態があるときは、抵当権に基づく妨害排除請求が可能。(最判平17.3.10)

2008年の問30がとても良い問題なので、記述目線で確認しておいてくださいね。


こういった出題予想を挙げても、
「過去問なんて何度も見ているから平気平気」
といって、確認されない方が必ずいます。

それでも、これが「この論点を見る最後の機会」と思って確認できるかどうか、
めんどくさいことをめんどくさがらずにできるかどうかが、合否を分ける可能性があるのも事実です。

「見ておけばよかった・・・」

と後悔しないようにしてほしいです。


☆10/9(日)実施 あと1か月で合格点を獲る方法☆

【配布レジュメ閲覧】
・あと1か月で合格点を獲る方法
・特典ハンドブック

10/30(日)実施
野畑式出題予想論点総まとめ講座←リンク先はLEC名古屋校のHPです。

【2016注意事項】数科目並行学習が肝!&出題予想論点総まとめ講座の残席。

この時期になると、とにかく苦手な科目・分野を集中的に補強しようとしがちです。

それは間違いではないですが、
1日に1科目だけの学習はできれば避けた方がいいと私は考えます。

例えば、本試験において問題が行政法から民法に切り替わる問27・28あたりは注意が必要です。

案外、頭が行政法から民法に切り替えられない人がいます。

行政法→暗記した条文・判例知識を問題に当てはめる。
民法→事例を把握して、図に起こして、条文(判例)知識を問題に当てはめる。


といったように、科目ごとで問題に対するアプローチ方法は変わってきますよね。

ですが、1日に1科目のみの学習を続けると、この切り替えがうまくいかなくなってきます。

模試で問27・28あたり(つまり民法の1・2問目)の正答率が低い方は、
もしかした頭の切り替えがうまくいっていないことが理由かもしれません。
(もちろん、「総則が苦手だから・・・」という可能性もあります。)


なので、出来れば直前期は1日2科目以上に触れてほしいなと思います。
(メイン科目2時間に対して、サブ科目30分でも構いません。)



ところで、10/30(日)の「出題予想論点総まとめ講座」は、
教室変更で定員が50名まで増えましたが、それでも残席はあと7程となっているようです。

これはスタッフの方に聞いたのですが、
埼玉から名古屋まで受講しに来校される方がいらっしゃるとのこと。

これは、嬉しい反面、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

通信があれば・・・と思うのですが、今回も通学のみの実施となります。
ご迷惑をおかえしますが、最高の超直前講座とレジュメを提供しますので、よろしくお願いします!



☆10/9(日)実施 あと1か月で合格点を獲る方法☆

【配布レジュメ閲覧】
・あと1か月で合格点を獲る方法
・特典ハンドブック

10/30(日)実施
野畑式出題予想論点総まとめ講座←リンク先はLEC名古屋校のHPです。



【2017年向け】合格講座平日10月生スタートしました。

今日から、2017年向けの行政書士合格講座10月生がスタートしました。

長い戦いが始まりますが、一緒に乗り越えていきましょう!

ちなみに11月生の開講は11月22日(火)ですが、
これから学習を始めようと考えている方は、10月クラスに是非参加してください。


やる気に溢れる時期こそが受験勉強の始め時ですので、
1か月後ろ倒しにするのはもったいないです。


次回の10/20(木)も無料体験できるので、
興味がある方は是非参加してくださいね!

詳細は、LEC名古屋校のHPをご覧ください。→こちら


来年の今頃は、下記動画の内容がわかる状態になっていることが理想ですね。

☆10/9(日)実施 あと1か月で合格点を獲る方法☆

【配布レジュメ閲覧】
・あと1か月で合格点を獲る方法
・特典ハンドブック

【2016】受験票は届きましたか?

14日に受験票が発送されているようなので、
そろそろみなさんのお手元にも届いているかと思います。

愛知会場は南山大学ですが、M棟が試験会場になっているようですね。
(まだ情報が少ないので、他の棟の方がいたら教えてほしいです。)

南山大学にはいくつか門がありますが、
M棟であれば八事日赤で降りて、正門から入るのが一番近いと思います。

というわけで、本試験当日は正門で最後の応援をすることになりそうです。

ちなみに、母校だからわかるのですが、M棟やK棟は正直古いです。
新しく出来たA棟やB棟じゃなかったのが意外ですね。


☆10/9(日)実施 あと1か月で合格点を獲る方法☆

【配布レジュメ閲覧】
・あと1か月で合格点を獲る方法
・特典ハンドブック

【2017年向け】私が担当する2つの講座【2016出題予想】最判平27.3.3について。

2016年試験を直前に控えている中で、2017年向け講座の紹介はだいぶ気が引けますが、
これから学習を始めようと考えている方や、何らかの理由で2016年試験を回避して2017年に照準を合わせよう相談をしに来られる方もいらっしゃるので、掲載することにしました。

「絶対に今年受かってやるんだ!」

という強い気持ちを持っている受験生の方は、今回の記事は飛ばしてください。


<初学者向け:合格講座(パーフェクトコース)>
これから学習を始める方を対象にした、
初学者向けの講座になります。

法律知識ゼロの方でもとっつきやすいように、
説明の仕方にも気を遣っています。

もちろん、合格に必要な知識の習得までを目標にしています。

10月から2月まで毎月開講するので、
「学習を始めようと思ったけど全部通学できない」
ということはありません。

私が担当する平日クラスは
毎週火曜・木曜の19:15~21:45で実施します。
【10月生開講日】
10月18日(火)
【11月生開講日】
11月22日(火)
です。
どちらも無料体験できますので、
ご希望の方は当日にLEC名古屋校までお越しください。

1018Gs.jpg 


<学習経験者向け:野畑式ビルドアップ↑コース>
学習経験者を対象にしたオリジナルコースです。

最低限の知識や法律用語を知っていることを前提に、
徹底的な基礎知識の習得と応用・マイナー論点の克服を図ります。

このクラスは、基本的に毎週日曜日9:30~12:05で実施します。

【12月生開講日】
12月18日(日)


1218GS.jpg




さて、
ここまで記事を読んでしまった2016受験生の方。

気を取り直して、最判平27.3.3の判例を確認しておきましょう。
営業停止期間が過ぎても、狭義の訴えの利益が失われないとされた判例です。
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=84903

LECや他社さんの模試でも出題されているようですが、
1.多肢選択対策として判旨全体を読み込む。
2.その中でも特に行政手続法12条1項の趣旨を押さえる。
という形をとってください。
~略~
記のような行政手続法の規定の文言や趣旨等に照らすと,
同法12条1項に基 づいて定められ公にされている処分基準は,単に行政庁の行政運営上の便宜のため にとどまらず,不利益処分に係る判断過程の公正と透明性を確保し,その相手方の権利利益の保護に資するために定められ公にされるものというべきである。


☆10/9(日)実施 あと1か月で合格点を獲る方法☆

【配布レジュメ閲覧】
・あと1か月で合格点を獲る方法
・特典ハンドブック

【2016出題予想】国民負担率・潜在国民負担率

☆10/9(日)実施 あと1か月で合格点を獲る方法☆

【配布レジュメ閲覧】
・あと1か月で合格点を獲る方法
・特典ハンドブック

10/30(日)実施
野畑式出題予想論点総まとめ講座←リンク先はLEC名古屋校のHPです。


昨年も出題予想として挙げましたが、惜しくも(?)当たらなかったので、
今年も出題予想として国民負担率を推したいと思います。

下記に意味と参考HPを示しておいたので、確認してみてください。



<意味>
国民負担率:国民所得に対する租税負担と社会保障負担の割合の合計
潜在国民負担率:国民負担率に、財政赤字を加えたもの。

<チェックポイント>
・国民負担率の各国の状況として、日本は41.6%、フランスは67.6%、ドイツ52.6%であり、アメリカは32.5%である。(2013年)
 (社会保障が手厚いヨーロッパと、自由放任的なアメリカの違い)
・国民負担率と潜在国民負担率の差が大幅に開いているのが日本の特徴である。(日本は2013年度51.3%)、それだけ日本の財政赤字が深刻な状況であることを意味している。

http://www.mof.go.jp/budget/topics/futanritsu/20160212.html
※財務省HP

やはり、各国の比較は要注意ですね。

【2016】いま見ているものが試験に出る!

すべての受験生が土日休みというわけではないと思いますが、

今日明日がお休みの方、計画を立てて学習を始めていますか?

しっかりと計画を立てている方は、それを遂行してください。

進捗状況をきちんと把握するために、

実際にやるべきことを書き出しておくといいですよ。



何から手をつけていいかわからない・・・

という方は、

「あと1か月で合格点を獲る方法」

で示した論点を集中的に確認してみるのも1つの手です。

暖かく、天気も良いので、疲れたら散歩して気分転換するのもよいですね。



とにかく、これからの時期は、

「いま見ているものが試験に出る!」

という強い意識を持つことが重要です。




土日がお仕事の方、次のお休みまでなんとか踏ん張ってください。

良い週末を!


☆10/9(日)実施 あと1か月で合格点を獲る方法☆

【配布レジュメ閲覧】
・あと1か月で合格点を獲る方法
・特典ハンドブック

【2016】本試験前後のイベント情報



本試験当日や本試験後の情報について、少し早いですがお伝えしておきます。
今後、変更があり次第追記、修正していきます。

<本試験直前>
11/12(土)9:30~12:00
本試験前日 ずばり!ストライク講座


<本試験当日>
本試験当日は、愛知会場(南山大学)でみなさんの応援をしに行きます。
最後のひと押しがほしい方は声をかけてください。


<本試験後>
①なるべく早い段階で、本ブログにて試験講評を掲載します。
(昨年はこのような形で掲載しました。)
詳細は一週間後の本試験分析会でお伝えしますが、気になる方はブログをご確認ください。

②個別相談会を実施します。
(お一人様30分程度)
限られた時間で恐縮ですが、個別相談会を実施します。
記述の採点予想、今後の過ごし方など、本試験後の悩みは早めに解決してください。

11/15(火)13:00~18:00
11/16(水)13:00~18:00
11/17(木)13:00~18:00
11/19(土)9:00~13:00
11/20(日)9:00~15:00

事前予約制になりますので、希望の方は本ブログのメールフォームもしくはLEC名古屋校(052-586-5001)へお問い合わせください。
私のgmailアドレスを知っている方は、そちらでも構いません
※LEC生かどうかは関係ありません。受験生であれば誰でも利用できます
※予約が混み合った場合、メールでの相談もお受けします。希望の方は本ブログのメールフォームもしくはgmailアドレスまでお願いします。


③本試験分析会
11/19(土)14:00~16:00
本試験の詳細な分析結果をお伝えします。

本試験を受験し、分析を終えるまでが2016年本試験です。

お忙しいとは思いますが、いずれかのイベントには積極的に参加して頂ければと思います。

【2016注意事項】無意識を意識すること。

☆10/9(日)実施 あと1か月で合格点を獲る方法☆

【配布レジュメ】
・あと1か月で合格点を獲る方法
・特典ハンドブック

「あと1か月で合格点を獲る方法」
の配信動画は、おかげさまで多くの受験生の方に視聴頂いているようです。

まだの方は、是非視聴してくださいね。



超直前期は、ただ勉強するだけでは足りません。
無意識を意識することがとても重要だと思います。


例えば、択一や記述の問題を繰り返し解いていると、条件反射的に解答を出してしまうようになりますよね。

自分ではちゃんと考えているようでも、
実は問題文を最後まで読まずに答えを出してしまっていることが多いです。


この無意識の感覚が、本試験では命取りになります。

「処分がなされた」

「処分がされようとしている」
を読み違えてしまっては、特に記述式では致命傷です。


ヤマ当て模試の記述でやらかしてしまった方もいらっしゃるはずです。


短時間で多くの問題を確認する作業に入るこの時期だからこそ、
どこかのタイミングで意識的に問題文をじっくり読む練習をしておく必要がありますね。

【2016出題予想】待機児童問題

☆10/9(日)実施 あと1か月で合格点を獲る方法☆

【配布レジュメ】
・あと1か月で合格点を獲る方法
・特典ハンドブック



2014年度は高齢化について、2015年度は人口問題について出題されたので、
2016年度は少子化について問われる可能性が高いと考えます。

出生率については、「あと1か月で合格点を獲る方法」の特典レジュメで示しましたので、
あとは待機児童数について確認しておくとよいでしょう。


http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11907000-Koyoukintoujidoukateikyoku-Hoikuka/0000078425.pdf
※厚生労働省HPより。

都市部で待機児童が多い傾向なのですが、沖縄県に待機児童が多いのが特徴です。

最近は国別での比較や、都道府県別での比較問題も増えていますので、意識しておいてください。


こういった論点も、10/30の出題予想論点総まとめ講座で扱っていきます。

10/9のガイダンス参加者の状況から、総まとめ講座についても大教室を割り当ててもらったので、
定員まで少し余裕が出来ました。

超直前期、弱点を見つけ出したい方、1問でも多く拾いたい方、何から手を付けていいかわからない方、
みなさんのご参加お待ちしています。

【2016出題予想】障害者施策

 

☆10/9(日)実施 あと1か月で合格点を獲る方法☆

【配布レジュメ】
・あと1か月で合格点を獲る方法
・特典ハンドブック



「あと1か月で合格点を獲る方法」
で提示した出題予想にもありますが、
2014年の障害者権利条約の批准に伴って、
下記内容が一般知識で出題される可能性があります。

内閣府HPのリンクを貼っておきますので、お時間があるときに確認してみてください。

障害者基本法(1970年制定)
↓詳しくはこちら↓
http://www8.cao.go.jp/shougai/suishin/kihonhou/pdf/gaiyo.pdf
※主に平成23年8月改正について、内閣府HPより。

障害者差別解消法(2013年制定、2016年施行)
↓詳しくはこちら↓
http://www8.cao.go.jp/shougai/suishin/pdf/leaf_seitei.pdf
※内閣府HPより。

一般知識はとにかく「きっかけ」が重要なので、
触れる機会ができた時にはできる限りチェックしてください。


その機会を、このブログでは提供していきます。



【動画配信】10/9(日)実施「あと1か月で合格点を獲る方法」

昨日のブログにも配信動画をアップしましたが、
講義がスタートする前15分間をカットしたものをあらためてアップしました。


 ☆10/9(日)実施 あと1か月で合格点を獲る方法☆

【配布レジュメ閲覧】
・あと1か月で合格点を獲る方法
・特典ハンドブック


ガイダンス内でもお話しましたが、模試のAランク論点のミスは徹底的に補強をしてください。
もちろん、B・Cランクからの出題もありますが、確率の問題です。

あとは、並行して提示した出題予想論点を確認していってください。
ちなみに、特典ハンドブックは10/30(日)に実施する総まとめ講座のレジュメから抜粋したものになります。

10/30の出題予想論点総まとめ講座は、
【重要論点の総まとめ+出題予想】
という位置づけなので、
【無駄な失点を防ぐ+得点の上乗せ】
という大きなコンセプトがあります。

気に入って頂けたら是非30日の総まとめ講座にも参加してくださいね。

なお、一度定員に達した総まとめ講座ですが、
より大きい教室を割り当ててもらえましたのでまだ受付可能です。

最後まで走り抜けましょう!
16超直前

あと1か月で合格点を獲る方法は無事終了しました。

2016年超直前期無料公開講座、
「あと1か月で合格点を獲る方法」
は無事終了しました。


IMG_9606.jpg

おかげさまで昨年以上に多くの方にご参加頂きまして、
別教室でも中継講義を実施する形になりました。

名古屋校では初の試みだったので、一部映像が乱れたりといったハプニングもあったようです。
中継講義に参加された受講生の皆様にはお詫びを申し上げます。




収録した動画も、画質があまりよくなかったり途中映像が乱れる等ありますが、最後まで視聴することができます。
参加できなかった方はこちらをご覧ください。

【配布レジュメ】
・あと1か月で合格点を獲る方法
・特典ハンドブック



明日の無料ガイダンスは、受験生であればどなたでも無料で参加できます。

前々から結構LEC名古屋校に問い合わせがあるみたいなんですが、
明日10/9の無料ガイダンスは、ヤマ当て模試を受験していなくても参加できます

つまり、受験生であればどなたでも無料で参加できるということです。

独学の方も、普段は他の予備校さんで勉強されている方も、気兼ねなく参加してくださいね。
LECの合格講座等を受講している方は言うまでもないです。

ガイダンスの実施教室は172教室です。
定員になり次第、174教室で中継となりますのであらかじめご了承ください。

名古屋校でガイダンスを同時中継するのは初の試みとなります。
事前チェックは万全ですが、ひとまず172教室にお入り頂ければ間違いありません。

それでは、明日みなさんとお会いできるのを楽しみにしています!


昨年は、ガイダンスで使用するレジュメとは別に、
↓直前出題予想ハンドブック↓
drive.google.com/file/d/0B46P8dauJhOuSV9JbElOdjdWMmc/view
というものを参加者特典としてお渡ししています。

今年も、直前で私が倒れるとかデータが吹っ飛ぶとかいうアクシデントがなければガイダンス出席者にお渡しできる予定です。
ただ、部数に限りがありますので、大変恐縮ですがガイダンス参加者への配布を優先させて頂き、余りが生じれば後日受付窓口での配布という形になります。あらかじめご了承ください。


1009GS.jpg 

☆超直前イベント・講座紹介動画☆

心調管理と10/9(日)無料ガイダンスの特典レジュメ配布のご案内。

たまに、
「心調とは?」
という検索ワードでこのブログをご覧なる方がいらっしゃるようです。
(以前、「
心調管理というタイトルで記事を書いたからだと思います。)

実際にgoogleで「心調」と打つとこのブログが上位に表示されます。
(あとは、「禅」とか「宇宙のパワー」とか色んなページが表示されます。)

「体調管理だけでなく、心の調子を整えるの大事な受験勉強」
的な意味合いで書いた記事ですが、よければご覧になってください。


さて、ヤマ当て模試が近づくとともに、10/9(日)の無料イベントも近づいてきました。

12140638_644866515616814_2180185700256142476_n.jpg
昨年の様子です。


昨年は、ガイダンスで使用するレジュメとは別に、
↓直前出題予想ハンドブック↓
drive.google.com/file/d/0B46P8dauJhOuSV9JbElOdjdWMmc/view
というものを参加者特典としてお渡ししています。

今年も、直前で私が倒れるとかデータが吹っ飛ぶとかいうアクシデントがなければガイダンス出席者にお渡しできる予定です。
ただ、部数に限りがありますので、大変恐縮ですがガイダンス参加者への配布を優先させて頂き、余りが生じれば後日受付窓口での配布という形になります。あらかじめご了承ください。

というわけで、レジュメ作成に取り掛かります!


1009GS.jpg 

☆超直前イベント・講座紹介動画☆

一般知識で取り組んでおくべき過去問(社会)

 【関連する記事】
一般知識で取り組んでおくべき過去問(政治編)
一般知識で取り組んでおくべき過去問(経済編)


一般知識の過去問をどう活用するか、
受験生にとっては関心事が高いと思います。


特に、政・経・社については手つかずのままになっている方も多いのでないでしょうか?

確かに、これらの分野は
「一度出題されると二度と出題されない」
論点もあります。

ただ、
「何年かおきに出題される」
論点があるのも事実です。

それらを踏まえて最低限見ておいてほしい問題をピックアップしたので参考にしてください。


今回は社会です。
(問番号はLECのウォーク問(2016年版)を、西暦は出題年度を表しています。)


【社会】

問45(2009-53)
生活保護制度

問51(2010-52)
日本の雇用・労働

問52(2012-53)
日本の雇用・労働

問53(2013-51)
就労

問55(2007-51)
公害・環境に関する法制度

問56(2011-53)
公害・環境対策

問58(2009-50)
地球温暖化対策

問67(2012-52)
防災政策

社会に関しては範囲が膨大で絞りにくいですが、参考にしてください。
昨年、高齢化問題が出題されていることを考えると、今年は少子化問題(待機児童問題含む)が出題されると考えられますね。

一般知識の予想についても、10/9(日)で触れますので、みなさんの参加をお待ちしています。


 



1009GS.jpg



【動画配信】出題予想へのこだわり。

少しだけ時間があったので、
10/9(日)の「あと1か月で合格点を獲る方法」
10/30(日)の「出題予想論点総まとめ講座」

のプロモーション動画を収録しました。





出題予想に関しては、動画でもお話ししたように、
毎年出題されるようなものを当ててもあまり意味がありません。

例えば、
「意思表示」
を出題予想したとしても、絞り切れていないので精度としてはあまり高くありません。

では、

「虚偽表示(94条2項の第三者)」と出題予想して、それが実際に出題されたらどうでしょうか。

このあたりまで絞って、実際に出題されたら真の出題予想的中と言えますね。

そこまではなかなか難しいのですが、
私が昨年出題予想として取り上げた虚偽表示は本試験でも出題されています。

その他、過去にあまり出題されていない「贈与」や、一般知識の「国連」「貧困」「高齢化」、記述の「嫡出否認の訴え」についても、直前イベントや講座で取り扱ったものが実際に出題されています。



過去20年分程度の本試験問題や、公務員や司法試験の過去問とにらめっこをした甲斐があったと思っています。
特に、公務員試験問題については、私自身が公務員講座を担当していることもあってかなり分析をしています。

この時期に「先生、顔色悪いですね・・・」と言われるのは、たぶん出題予想のせいです・・・たぶん(笑)



10/30の出題予想論点総まとめ講座は、
【重要論点の総まとめ+出題予想】
という位置づけなので、
【無駄な失点を防ぐ+得点の上乗せ】
という大きなコンセプトがあります。

ちなみに10/9の無料ガイダンスは、
【出題予想ダイジェスト+試験前1か月の学習法】
という位置付けです。

どちらも奮って参加してくださいね。


1009GS.jpg 


プロフィール

のばたー

Author:のばたー
ブログから全国の行政書士受験生を応援します!

最新記事
メールフォーム
相談事項がある方はこちらのメールフォームを利用してください。 (学習相談はお受けできますが、問題に対する解答等はお受けできません。あらかじめご了承ください。)

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。