スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年もやります、直前3講座。そして、まさかの腰痛・・・

なんと、腰を痛めてしまいました、のばたーです。

先日の決起集会で、
「腰とか痛めてませんか?」
と言われて、
「大丈夫です!」
と答えた矢先・・・

朝起きたらちょっと違和感があって、それが夜にはかなりの痛みに。

「座って講義がしたい・・・」

と思ったのはこれが初めてです。

いまは湿布張って様子見です。



2015071519463127a.jpg


さて、今年も直前3講座を実施します!

今年は担当が少し代わりまして、
民法・・・大橋先生
行政法・・・野畑
直前総まとめ・・・野畑
となります。

行政法と民法を入れ替えたのは初の試みですが、私の行政法の講義を聞いたことのない方、逆に大橋先生の民法の講義を聞いたことない方、いま一度重要論点を復習したい方は是非受講を検討してみてください。

また、昨年平日に実施した「直前総まとめ講座」は、要望多数につき今年は土曜日での実施となりました。

超直前期にこそ確認してほしい頻出論点+予想論点をレジュメにして余すことなく提供します。
自慢ではないですが、昨年は結構的中しました。


自分の学習の進度・深度に合わせて受講頂ければと思いますが、3講座セットで少し安くなるみたいなので悩みどころかと思います。

悩まれている方は一度相談してくださいね。




今日は用心して寝ます。
スポンサーサイト

決起集会、ありがとうございました!!

昨日の決起集会に参加された皆様、盛り上げてくださって本当にありがとうございました!!

受講生の皆さん同士が楽しそうに会話している姿を見て、私も嬉しくなりました。

何事もきっかけが大切ということで、これから同じ予備校で学ぶ仲間と励ましあい、頑張ってくださいね!
私も全力でサポートします!!


話に「オチ」をつけられるように頑張りますので、面白かったら笑ってください(笑)

これからもよろしくお願いします^^

決起集会の集合場所などのお知らせ

7/26(日)決起集会のお店が下記の通り決定しました。

TAP ROOM(タップルーム) 名古屋駅店

TAP ROOM(タップルーム) 名古屋駅店
ジャンル:クラフトビール美味しい
アクセス:地下鉄桜通線名古屋駅 徒歩5分
住所:〒453-0002 愛知県名古屋市中村区名駅3-5-14 1F(地図


16:55に現地集合もしくは、16:45にKDX名古屋駅前ビル(LECの入っているビル)1F、ジュンク堂側の広場集合でお願いします。
※他の受講生さんの迷惑になりますので、くれぐれも6F受付窓口に集合しないようにお願いします。

予算は4,000円前後です。

よろしくお願いします!!

【合格講座受講生】明日7/24(金)は、記述基礎力養成講座(行政法)です。

タイトル通りですが、明日7/24(金)と7/31(金)は、記述基礎力養成講座(行政法)の講義があります。

休日クラスでは同タイトルの講義を4/11に実施していますが、参加できなかったという方は、平日クラスの講義にご参加ください。

よろしくお願いします!

「到達度確認模試?オワタ\(^ω^)/」という人へ。

この三連休のうちに、LECでは到達度確認模試がありました。

最終日の月曜には、サプライズ?で試験監督をやってみたりしましたが、特に解説講義はしていません。


試験を受けた方何人かと話しましたが、結果はまちまちといったところでしょうか。

どちらにしろ、あくまで
「到達度」

「確認」
する模試なので、
「全然できなかったから今年の試験は無理!オワタ\(^ω^)/」
と考えてはいけません。


みなさんは、模試で点数を取ることが目的ではないはずです。

点数が取れなくても悲観することなく、まずは分析に時間を費やしてください。

間違えた問題を選択肢ごとに、例えば、
①「講義で学習していない、知らない選択肢だから間違えた」
②「講義で学習した、知っている選択肢で、さらに自信を持って答えたが間違えた」
③「講義で学習した、知っている選択肢だが、曖昧に覚えていたので間違えた」
④「単純なケアレスミスで間違えた」
など、各自で分類してみてください。

ちなみに、上記のように分類したのであれば、②と④が間違え方として一番まずいです。
④は性格上の問題なので、とにかく見落としがないように常日頃から意識する必要があります。
②は完全な覚え間違え、もしくは勘違いである可能性が高いです。しっかりとテキストや条文で制度趣旨から確認しておきましょう。

あと、①の場合でも、「常識で考えることはできなかったか」と自問自答してください。
「困ったら常識で」は案外使えるので、知らない選択肢でも、なんとか食らい付く癖をつけてください。
そして、講義で扱っていないものについても、模試で問われた範囲内でテキストや条文集の確認をお願いします
(講義の中で、「模試や答練で出題されたら確認してください」という箇所がいくつかあったと思います。)

模試は、得点することよりも、どれだけ目的意識をもって復習するかが重要になってきます。


解説を見て終わりにせず、しっかりと普段使っているテキストやレジュメに立ち返ってください。

その手間の積み重ねが、合格に一歩近づくことになります。


毎日暑いです。体調管理しつつ、頑張ってくださいね。





coming soon

7/18(土)司法書士受験生向けのガイダンス実施をします。

7/18(土)14:00-15:30 生講義

司法書士受験生必見!未知の分野!
行政法の全体像を把握する講座
0808Gs.jpg


上記のとおり、LEC名古屋校のHPで告知されています。

例年、司法書士受験生向けの速習講座の講義を担当していますが、
ここだけの話、このクラスの合格率は驚異的です。
大人の事情で記載できませんが、気になる方は直接聞いてください。

司法書士受験生にとって馴染みのない行政法をいかに短期間で攻略することができるかが、合格のカギなので、
明日は、行政法の全体像を説明するガイダンスを実施します。
是非参加してくださいね!

速習講座は8/8(土)に開講します。
明日のガイダンス同様、そちらも是非!
20150623172340dda.jpg

講義に参加されるみなさま、くれぐれもお気をつけて

台風が接近していますが、講義は通常通り実施する予定です。

公共交通機関の乱れも予想されますので、来校される方はお気をつけください。

たまには目次にも目を配ってやってください。

テキストの隅々を確認する方でも、目次だけはまっさら・・・という方が多いと思います。

条文集でも同じことが言えると思います。


でも、たまには目次にも目を配ってやってください。

目次にも命があります。


嘘です。

命はないですが、立法担当者の想いは読み取ることができるかもしれません。


民法を一度学習したことがある方は、例えば債権・債務の発生から消滅までの流れを、目次を見ながらフローチャートに書きおこしてみてください。

案外、書けなかったり、何かが足りなかったりすると思います。

普段は「弁済」「債務不履行」「危険負担」など、ピンポイントで学習していると思いますが、
時折全体像を確認するというのはとても有効です。


レッツチャレンジ!

【必修論点コンプリート講座】憲法問題冊子不備のお詫び

お疲れ様です。

以前お渡しした憲法の問題・解説冊子ですが、
解説中○×が誤っている箇所がいくつかあるなど不備があることが判明しております。

受講生の皆様には大変ご迷惑をおかけしておりますが、次の講義時に訂正版の冊子を配布する予定ですのでご容赦ください。

よろしくお願いします。

憲法と行政法をリンクさせよう&皮肉な運命

合格講座では、平日クラス・休日クラスともに憲法が終了間近です。

下記内容は独学の人も意識してほしいのですが、
憲法と行政法の双方を学習したら、しっかりと知識をリンクさせてください。

特に憲法の学習の中で、行政法の復習ができる箇所はたくさんあります。

例えば統治の
「司法権」
については、行政事件訴訟法の訴訟類型の復習ができます。

<裁判所法3条(裁判所の権限)>
裁判所は、日本国憲法 に特別の定のある場合を除いて一切の法律上の争訟を裁判し、その他法律において特に定める権限を有する。


まず、「法律上の争訟」に該当すれば、司法審査が可能です。

法律上の争訟とは、
①具体的事件性がある(国民に現に人権侵害が起こっている)
②法による終局的な解決が可能である
の2つを充たした場合でしたよね?

では、具体的事件性がない場合、裁判所は絶対に司法審査を行わないのでしょうか?


ここで、行政事件訴訟法で学習した「客観訴訟」が頭に浮かべば、行政法の学習はバッチリです。

客観訴訟は、
「現に人権侵害が起こっているわけではないが、放っておくと社会秩序が保たれない」
場合に提起できる訴訟類型でしたね。

住民訴訟など、法律に定まっている場合にのみ提起できる訴訟です。

つまり、
裁判所法3条後段の
「その他法律において特に定める権限を有する」
が、まさしく行政事件訴訟法上の客観訴訟にあたるということです。



上記内容のうち、どこかで
「?????」
となってしまったのであれば、そこからしっかりと復習をしてください。



そういえば、アメリカの裁判で
「裁判官と被告が中学校の同級生」
というレアケースがあったみたいですね。

日本でも、
「裁判員に選ばれた国民と、被告が知り合いだった」
というケースが実際に存在するみたいです。

被告と知り合いだったから必ず裁判員から外されることもないようです。


皮肉な運命っていうのは存在するのでしょうか。

【合格講座】【必修論点コンプリート講座】【3ステップ合格講座】のみなさまへ

久しぶりの更新が、ちょっと業務連絡じみた内容で恐縮ですが・・・


<合格講座休日クラスのみなさま>

今週の日曜日は講義がありません。
この休みをうまく利用して、民法・行政法を復習してくださいね。

科目別答練を受講していない方は、受付で問題を受け取って解いておくのも1つの手です。
既に受講されている方は、解説だけ見て終わらずに、該当箇所のレジュメ・テキストで確認をしてください。


<必修論点コンプリート講座のみなさま>

今週の土曜日は講義がありません。
次回から民法(主に総則)に入るので、みなさんなりに予習をしてきてください。

憲法の問題も、復習用の教材として取り組んでくださいね。


<3ステップ合格講座のみなさま>

30回の講義、本当にお疲れ様でした。
例のオリジナル問題を繰り返して、基礎体力をつけてくださね!

ひとまず、一般知識のテキストは今週日曜には届きそうです。
受け取り希望の方は、受講証を持って受付窓口にお越し下さい。

練習問題は完成次第このブログで告知します。




プロフィール

のばたー

Author:のばたー
ブログから全国の行政書士受験生を応援します!

最新記事
メールフォーム
相談事項がある方はこちらのメールフォームを利用してください。 (学習相談はお受けできますが、問題に対する解答等はお受けできません。あらかじめご了承ください。)

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。