スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短期合格に必要なのは、「努力の方向性」を間違えないこと。

昨日、渋谷では横溝先生が「間に合わせろ!行政書士試験」というタイトルで説明会を行っていたようですが、
名古屋でも同趣旨の説明会を実施しました。

参加された方はみなさん、
「いまから始めて11月の試験に合格したい!」
という意識をお持ちでした。

人によっては、
「合格までに何年もかかっている人もいるのだから、半年では到底無理!」
という方もいらっしゃるでしょう。

でも、実際に4~6ヶ月で合格を果たしている方がいらっしゃるのも事実です。

私が担当する速習講座は今年で3年目を迎えますが、過去2年でそのような短期合格者をしっかりと輩出しています。

もちろん、合格された方は大変な努力をされたはずですが、
寝食を惜しんで・・・というところまでではなかったと思われます。

お仕事をされながら勉強されている人もいましたので、
「持続可能な努力」
を4~6ヶ月間続けたということになります。

勉強時間だけを考えると、これから学習を始める方は以前より始めている方よりも劣るでしょう。

巻き返そうと時間をかけようとしても、1日10時間というのは
「持続可能な努力」
ではありません。

となると、短期学習で合格するには、とにかく「効率よく」勉強することが必要です。

科目ごとの優先順位・科目内の優先順位をしっかり決めて、余計なことはやらない。

これに尽きます。

理解するところは理解する。
覚えるべきところは覚える。

これに尽きます。

それが、2時間の勉強を4時間分の勉強に変えることになります。

逆に、「努力の方向性」を誤ると、
4時間の勉強が1時間分の勉強に変わってしまいます。

これから学習を始めようと考えている方、独学で既に始められている方で、
「そんなに言うなら話ぐらい聞いてやろうじゃないか」
という方は、下記日程で個別相談・ガイダンスにお越し下さい。

そして、
「野畑と心中してやる」
と考えていただけた方は、是非一緒に勉強を始めましょう。

これからの時期は、あれこれ悩んでいる時間がもったいないです。
その1日が、合否を分けることになるかもしれません。

みなさんにお会いできるのを楽しみにしています!


♪5月前半までの講師個別相談会日程♪
ご来校が難しい方は、お電話でも大丈夫です。
相談ダイヤル:052-586-5001(LEC名古屋校)
時間
4/27(月)13:00~21:00
4/28(火)13:00~21:00
4/29(水)9:00~18:00
5/4(月)9:00~13:30
16:00~18:00
5/6(水)9:00~18:00
5/8(金)13:00~21:00
5/9(土)13:00~21:00
5/11(月)13:00~17:00
5/12(火)13:00~17:00
5/13(水)13:00~21:00
5/14(木)13:00~17:00

  

♪無料資格・講座説明会日程♪
5/9(土)17:00~18:30 生講義
5/23(土)17:00~18:30 生講義

短期学習で合格するノウハウとは
~名古屋オリジナル速習コースで合格を勝ち取る~

【告知】
私がLEC名古屋校で担当する講座の詳細情報です。


☆必修論点コンプリート講座☆
・既に学習を始められていて、重要論点について短期間で効率的に総まとめをしたい方。
・普段は独学や通信講座で学習されている方も、12回だけ通学してみませんか?


☆名古屋オリジナル速習コース☆

・これから約半年で行政書士試験合格を目指そうと考えている方。
・毎年短期合格者を輩出している速習コースで学習を始めませんか?


スポンサーサイト

責任重大

休日クラスの商法・会社法が終了しました。
連休スタートという方も多い中、講義に参加していただいてありがとうございます。

これからみなさんが会社法の学習を進めるうえで欠かすことができない部分はお伝えできたと思います。
ただ、これは繰り返しになりますが、会社法に本腰を入れることができるかは行政法・民法の仕上がり次第です。

眠気をこらえて頑張ったみなさんの努力を無駄にしないためにも、しっかりと2科目の復習に時間を割いてください。


そして、今年は自分に課せられた責任の重さをひしひしと感じています。

特に休日クラスは大橋先生のバトンを受け継ぐ形で私が担当しているので、
良い意味でも悪い意味でも例年以上に大橋先生と比べられる状態にあります。

受講生さんの中には、
「大橋先生の講義をもっと聴きたかった」
という方もいらっしゃると思います。

私には大橋先生のようなダイナミックな講義はできません。
物足りないと思われるかもしれません。

それでも、私なりの武器である「分析力」と「レジュメ」を駆使してこれまで多くの合格者を輩出してきました。
いままでの経験やアドバイスをもとに、合格をするために「理解すべきところ」と「覚えるべきところ」を明確に示した講義を展開していきます。

もちろん、「復習のしやすさ」にもとことんこだわっていきたいと思います。


休日クラスの方も、平日クラスの方も、これから一緒に学習する速習クラスの方も、
全力で講義していくのでよろしくお願いします!

ゴールデンウィークの過ごし方

巷では、そろそろゴールデンウィーク(以下GW)の足音が聞こえてきましたね。

LECでは平日・休日ともに講義がありますが、科目が「商法・会社法」ということで、
人によっては
「2週間程度講義がない」
状態になっている方もいらっしゃると思います。

商法・会社法の試験上の位置づけは過去にもお話した通りなので、
講義に参加しないことは悪いことでもなんでもありません。

もちろん、僕とLECですれ違っても、
「すみません、商法・会社法はお休みします・・・」
と申し訳なさそうにする必要もまったくありません(笑)

むしろ、僕とLECですれ違ったみなさんは、おそらく自習室で勉強をしているはずなので堂々と胸を張ってください。

一言で言えば、
『講義に出ない時間(2.5×5h)はしっかりと行政法や民法の復習に当ててください。』
ということです。

家でボケっとしていたのでは本末転倒です。



さて、話をGWの過ごし方に戻します。

まとまった休みということで、ご家族や友人との予定もありますよね。
お盆休みやシルバーウィークは、時期的にちょっと無理してでも勉強に充てる必要性があるので、逆にGWは自分や身の周りの人と過ごす時間を持っても全然問題ないと思います。

ただ、そのような方でも、なるべく勉強時間ゼロの日は作らない方が良いと思います

寝る前の15分でも構いません。
朝、15分でも構いません。
レジュメや条文をちらっと読み返すだけでもいいです。

「あー、数日間まったく勉強しなかった・・・」
という感覚より、
「1日少しでも勉強できた!」
という感覚を持った方が今後の精神衛生的にも良いと思います。



ある程度時間に余裕がある方は、積極的に今まで学習した科目を復習してください。

行政法の復習は必須です。
問題に手をつけていない方はこのタイミングで練習問題・過去問に取り組んでください。
並行してテキスト・レジュメに立ち返ることもお忘れなく!

大橋先生のこんな講座を受けてみるのも1つの手ですよ。
0506G.jpg 
ゼミは昼までですが、昼過ぎにちょっとしたガイダンスもしくは個別相談を考えています。

GWの最終日なので、希望者に対してGWの過ごし方から今後の学習方法についてカウンセリングできればと思います。



また、通学スケジュールの関係上まだ民法を学習していない方で、かつ余力のある方はさらっとweb講義を聴いておくことも効果的です。

平日クラスのみなさんにも、休日クラスのみなさんにも僕がしっかりと民法の講義をしていきますが、少しでもとっつきをよくしておきたいということであればそのような学習方法もオススメです。


また、先に合格講座の民法をweb講義で聴いておいて、必修論点コンプリート講座の民法で仕上げるという方法もありです
合格講座のweb講義がファーストインプット必修論点コンプリート講座がセカンドインプットです。

必修論点コンプリート講座は別途有料ですがまだ民法の学習をしていない通学クラスの方で、少しでも早く民法を仕上げたいという方は検討してみてください。
※必修論点コンプリート講座については こちらの記事で確認してください。


人それぞれ、学習に関する悩みはあると思います。
gmailアドレスを知っている方はそちらへ、そうでない方はこのブログのメールフォームを利用してください。

できる限り対応していきます。


それでは、良い週末を!

【15休日クラス】商法・会社法2・3回目の復習ポイント

休日クラスのみなさん、昨日もお疲れ様でした。

とっつきにくいこの分野ですが、骨格を理解しておかないと暗記のしようがないので、
5回の講義では全体像を把握してくださいね。

会社法はとにかく株式会社を中心に、
大規模経営用と小規模経営用の2本立てだということを理解してください。

会社法的には、「公開会社」と「公開会社でない会社(非公開会社)」と呼ばれます。
株式の譲渡制限の有無とセットで押さえておいてください。

設立に関しては例年よく出題されるので、テキストのフローチャートに沿ってテキスト・条文を確認してください。

復習にあまり時間をかけずに、頑張ってください!

新パンフレット完成&悩んだときは個別相談を活用しよう!

行政書士の新しいパンフレットが出来上がり、今日LEC名古屋校に届きました。

速習コースカラーパンフ


顔写真に違和感があるのはご愛嬌ですが、名古屋オリジナル速習コースのページも良い仕上がりです。

厳密にいえば、「名古屋オリジナル速習コース」の受講料は4月30日まで144,000円ということらしいので、受講を検討されている方は4月中がオススメですよ。

金額もそうですが、1日でも早く学習を始めることが合格の秘訣です。


まずは合格講座を通信で、6月20日から名古屋校で私の必修論点コンプリート講座を受講するという流れです。
具体的な受講方法は↓を参照してください。
☆名古屋オリジナル速習コース☆

・これから約半年で行政書士試験合格を目指そうと考えている方。
・毎年短期合格者を輩出している速習コースで学習を始めませんか?


また、必修論点コンプリート講座は単独でも受講することもできますから、
普段は市販のテキストを使って学習している方にも是非参加して頂きたい
ですね。
具体的な受講方法は↓を参照してください。
☆必修論点コンプリート講座☆
・既に学習を始められていて、重要論点について短期間で効率的に総まとめをしたい方。
・普段は独学や通信講座で学習されている方も、12回だけ通学してみませんか?


受講を検討されている方は、下記日程で個別相談を実施しているので一度お話させてください。
私が個別に対応しますので、納得のいくまで説明します。
来校が難しそうなら、電話相談も可能です。お気軽にどうぞ。
♪個別相談会日程♪
電話での相談もできます!
LEC名古屋校:052-586-5001
時間
4/10(金)13:00~21:00
4/13(月)13:00~21:00
4/14(火)13:00~17:00
4/18(土)13:00~17:00
4/20(月)13:00~21:00
4/22(水)13:00~21:00
4/23(木)13:00~21:00
4/25(土)13:00~17:00
4/27(月)13:00~21:00
4/28(火)13:00~21:00
4/29(水)9:00~18:00





【15休日クラス】商法・会社法1回目の復習ポイント

日から、休日クラスの講義を担当していきます。

大橋先生とは講義スタイルが違いますが、合格に必要な知識を僕なりに提供していきますので、よろしくお願いします!


商法・会社法ですが、行政書士試験の中での位置づけは講義内でお伝えした通りです。
そちらを踏まえたうえで、会社法を実力で取りに行くかどうかを決めてください。


そして講義では「5問中3問」を実力で取れる内容をみなさんに提供していきます。
ポイントを絞って学習すれば、そこまで得点が難しい分野ではないと思います。
(それでも、暗記量はかなり多くなりますが・・・)

間違ってもこの科目で4問5問取ろうと思わないでください。
欲張った瞬間、合格が遠のきます。

反面、行政法はできる限り欲張ってください。


さて、今日の講義の復習ポイントです。

まずは商法の位置づけです。

商法と民法は同じ私法という位置づけですが、どのような点が異なるのでしょうか?
どちらがよりビジネスに即した「取引の迅速性」を意識したルールになっているでしょうか?

あとは、誰に商法を適用するかも大切でしたね。

「商行為」をしっかりと押さえてください。
絶対的商行為・営業的商行為の違いはなんでしたか?

商号の譲渡についてはどうでしょうか?
商号だけ譲渡するのは認められませんでしたね。
(ユニ○ロの品質だと思って買ったのに、全然品質が違ったということでは困ります。)

名板貸・表見支配人について、これらはまた次回触れていきますが、
民法の学習をしている方は表見代理と比較しておいてください。

民法では「善意無過失」
商法では「善意無重過失」
が相手方保護の要件です。



大橋先生が行っていた補講についても、毎回ではないですが実施しようと考えています。

僕なりの補講スタイルを考えますので、楽しみにしていてください。

よろしくお願いします!

行政法17回目(国家賠償法)の復習ポイント

こんばんは。

平日クラスの行政法もいよいよ次回で最終回となります。

会社法は中山先生が担当されるので、平日クラスのみなさんとは一次的にお別れとなります。
休日クラスの会社法は僕が担当しますので、よければそちらの講義に参加してくださいね。


さて、今日は国家賠償法の復習ポイントです。

国家賠償はたった6条しかありませんが、1条と2条に関しては論点が多く出題も多いのでまずはそちらを復習してください。

<1条について>
まずは骨格をしっかりと押さえてください。

公務員から加害行為を受けた場合、どこに損害賠償請求をすればよいのでしょうか?
民法を学習されている方は、不法行為と比較して押さえておきましょう。

次に、行政のどんな活動に対して国家賠償請求ができるのでしょうか?
行政事件訴訟法と比べてどうだったでしょうか?

さらに、何をもって「違法」と考えるのか。
結果が違法という考え方ではなく、行為が違法かどうかで考えるんでしたよね?
このあたりは難しいので、判例の結論を中心に覚えておきましょう。


<2条について>
道路の瑕疵と河川の瑕疵についての考え方と判例の結論が重要です。
予算不足が免責事由となるかどうかがポイントです。


これ以外にも色々ありますが、過去問を中心にレジュメ、テキストを確認しておいてください。

次回もよろしくお願いします!

必修論点コンプリート講座紹介(動画付き)


「セカンドインプット」でいままでに得た知識を総整理する

<必修論点コンプリート講座>





<コンセプト>

講座タイトルのとおり、
「必修論点(合格するために必ず押さえておくべき重要論点)を直前期より前の段階で仕上げること」
です。


<対象者>
短期合格を目指しこれから学習を始める方、
既に予備校の基礎講座を受講されている方、
現在独学で学習されている方、
どのタイプの受験生にもマッチする形をとります。

一度学習した内容を、もう一度短期間で復習する「セカンドインプット」を取り入れることにより、知識の定着・整理をすることができます。
※「セカンドインプット」に関する記事はこちらをご覧下さい。


ちなみに、昨年はこの講座だけ受講することはできなかったのですが、今年は単独で受講することもできます。
なお、4月以降、学習スタートを考えている方はこの講座を軸とした
「名古屋オリジナル速習コース」があるので是非そちらを受講してください。


<スケジュール>
全12回×4時間
6月20日(土)より9月12日(土)まで毎週17:00~21:00。
進行予定は以下のとおりです。
第1~2回:憲法
第3~6回:民法
第7~8回一般知識
第9~12回行政法

昨年より1時間講義時間を増やしました。
そのため、より詳細な講義が可能となり、昨年は触れられなかった一般知識についても触れることもできるようになりました。


<価格>
価格についてはLEC名古屋校にお問い合わせください。
LEC名古屋校のHPは
こちら
です。



新しくなったこの講座で、多くの方にお会いできるのを楽しみにしています。

『セカンドインプット』の重要性

1年の間に複数の講座を担当している関係上、同じ分野の話を同じ受講生さんに二度三度するということがよくあります。

例えば、合格講座の民法などは1年で2回講義があるので、早くから学習を始めた人は2度私の講義を聴くことができます。
また、6月からスタートの「必修論点コンプリート講座」でも主要科目をもう一度講義するので、そちらに参加される方も同じ分野の講義を2度聴くということになります。

「最初の講義と話す内容違いますよね?」
とか、
「二度目の講義の方が深いところまで話していますよね?」
と言われることがありますが、
意図的にそうしている面も多々あります。

初めて行政法を学ぶ人に対して説明したい内容と、
一度行政法を学習した人に対して説明したい内容は異なるからです。

一度学習された方であれば、行政行為が行政事件訴訟法で大いに絡んでくることは理解できるでしょうから、総論で行政行為の講義をする際には取消訴訟の話を合わせてします。
行政計画のところでは処分性の話を合わせてします。

つまり、2度目に聴くインプット講義はみなさんの知識の総整理と理解を深めることにつながるということです。
私はこれを「セカンドインプット」と呼んでいます。

時間に余裕がある方は、合格講座を一度通学で学習し終えた後にweb講義を聴いてみる、2度目の私の講義に参加してみる、という形でもよいでしょう。

ただ、合格講座は講義回数が多いので時間的にセカンドインプットは無理という方もいると思います。
(無理にセカンドインプットを実行しようとして、問題を解く時間がなくなってしまったというのでは本末転倒です。)

間はないけど、セカンドインプットを取り入れたいという方は、
以前よりブログでも告知していますが、講義回数の少ない「必修論点コンプリート講座」の受講を検討してみてください。


ボリュームの多い民法・行政法も4回ずつにまとめましたので、効率よくセカンドインプットができるはずです。


この講座は、私が初めて担当したオリジナル講座(名前は今年変わりましたが)なので思い入れも深いです。
私自身も、もちろんみなさんにも納得して頂ける講義を展開するので、今年の試験合格を目指している方は是非「効率的なセカンドインプット」として活用してください。

【告知】
私がLEC名古屋校で担当する講座の詳細情報です。


☆必修論点コンプリート講座☆
・既に学習を始められていて、重要論点について短期間で効率的に総まとめをしたい方。
・普段は独学や通信講座で学習されている方も、12回だけ通学してみませんか?


☆名古屋オリジナル速習コース☆

・これから約半年で行政書士試験合格を目指そうと考えている方。
・毎年短期合格者を輩出している速習コースで学習を始めませんか?

【合格講座休日クラスのみなさま】4/11(土)の記述基礎力養成講座(行政法)について

休日クラスのみなさんにお知らせです。


来週の日曜午後、つまり商法・会社法から私が講義を担当することになりますが、
その前日4/11(土)の9:30より記述基礎力養成講座(行政法)の講義があります。

当日は「記述基礎力養成講座(行政法)」のテキストを持参してください。

よろしくお願いします!



【告知】
私がLEC名古屋校で担当する講座の詳細情報です。


☆必修論点コンプリート講座☆
・既に学習を始められていて、重要論点について短期間で効率的に総まとめをしたい方。
・普段は独学や通信講座で学習されている方も、12回だけ通学してみませんか?


☆名古屋オリジナル速習コース☆

・これから約半年で行政書士試験合格を目指そうと考えている方。
・毎年短期合格者を輩出している速習コースで学習を始めませんか?

行政法15・16回目(行政事件訴訟法全体:訴訟選択について)の復習ポイント

【告知】
私がLEC名古屋校で担当する講座の詳細情報です。


☆必修論点コンプリート講座☆
・既に学習を始められていて、重要論点について短期間で効率的に総まとめをしたい方。
・普段は独学や通信講座で学習されている方も、12回だけ通学してみませんか?


☆名古屋オリジナル速習コース☆

これから約半年で行政書士試験合格を目指そうと考えている方。
毎年短期合格者を輩出している速習コースで学習を始めませんか?




ぐずぐずした日が続きますね。

どうやら花散らしの雨になってしまいそうですが、
仕方がないですね。雨に濡れた花もそれはそれで綺麗です。


さて、平日クラスは長かった行政事件訴訟法が終了しました。

受講生さんにはしつこい程説明していますが、いわゆる「訴訟選択」は択一でも記述式でも重要です。

みなさんは将来法廷に立つわけではないですが、行政事件訴訟法の学習をする際は常に、
「依頼者が一番納得のいく結果になる訴訟はどれか」を考えてください。

飲食店を開きたいのに拒否処分を受けた場合、
取消訴訟だけで納得のいく結論が得られるでしょうか?

ダム建設に先立つ土地収用裁決が出された場合、
取消訴訟だけで納得のいく結論が得られるでしょうか?
また、収用裁決自体に不満はないが、補償額について不満がある場合は、誰を被告としてどのような訴訟を提起すればよいでしょうか?

他にも色々ありますが、講義ではそれぞれの訴訟について具体例を挙げていますので、あらためて確認してみてください。

プロフィール

のばたー

Author:のばたー
ブログから全国の行政書士受験生を応援します!

最新記事
メールフォーム
相談事項がある方はこちらのメールフォームを利用してください。 (学習相談はお受けできますが、問題に対する解答等はお受けできません。あらかじめご了承ください。)

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。