スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感謝の言葉と、決意の言葉。

昨日は合格発表後初相談会でした。

メールで先に合格報告を送ってくれていたにもかかわらず、わざわざ会いに来てくださった方もいらっしゃいました。


『先生、ありがとうございました』

この言葉を頂く度に私からお伝えしている言葉は、

『こちらこそ、ありがとうございました』

です。

1年間、私を信じてついてきて頂いて本当にありがとうございました。



合わせて、残念ながら不合格となってしまった受験生からの相談も受けました。

他社さんで昨年は勉強していたそうですが、今年は私の講義で合格を目指して頂けるとのことで、『今年は絶対合格!』という固い握手を交わしました。


私の登場は、合格講座であれば2月10日の行政法からになります。

気合い入れていきますので、よろしくお願いします!
スポンサーサイト

絶対にリベンジを果たしたい方に意識してもらいたいこと。

2014年の本試験に残念ながら不合格となってしまった方。
そして、2015年の本試験に絶対の合格したい方。

もし学習を再開していないのであれば、
この合格発表を契機に本格的に学習を再開してください。

ただ、やみくもにリスタートしても効率的ではありません。

自己採点・成績通知の結果をしっかりと分析して、どの科目の点数をどの程度引き上げるべきなのかを明確にしてください。


また、その際には下記の内容を参考にしていただければと思います。


前回のブログ記事にも掲載しましたが、今年は補正措置で合格点が166点となりました。
これが昨年の試験を受け、今年の試験合格を目指すみなさんにとってどんな意味を持つのでしょうか?


昨年の試験が例年通り180点が合格点であれば、あの難易度の民法の問題でもある程度得点せざるを得ない状況であり、難しい年だったという印象ですが、
166点が合格点であれば、民法で必要以上に得点する必要がない以上、司法試験や司法書士受験生でなくとも十分合格点に達することはできたと思います。
(-14点は、民法約3問分です。)

さらに、記述式の採点も甘かったようで、キーワードだけでも書けていれば点数がもらえていたようです。

やはり、
「取れるべきところで確実に得点する」
「ケアレスミスをしない」
「諦めずに何か書く(マークする)」
ことが重要だということになります。


これは本試験後からずっと言い続けていることですが、
昨年の本試験は
「民法が難しかったから合格できなかった」
ということではありません。

補正措置がとられ、さらにそれが明確になりました。


また、総合点が166点を超えているにも関わらず、一般知識で足きりにあってしまった方は、
一般知識の対策を怠らないようにしてください。
「何が出るかわからないから勉強しない」
というのでは、合格が遠のいてしまいます。

少し厳しい事も書きましたが、
どうかこれらを参考に、今年の本試験に独学で挑むのか、予備校を利用するのか、または予備校を変えるのかを検討してみてください。


ご自身では判断ができないという方は、下記個別相談会もしくはガイダンスを利用してください。

下記日程で、私や大橋講師が対応します。


<個別相談会>
1/28(水)13:00~21:00
1/29(木)13:00~21:00
1/30(金)13:00~17:00
1/31(土)14:00~17:00
※すべて私が担当します。お好きな時間に来校頂いて構いませんが、あらかじめ予約されるとスムーズに案内されるようです。(LEC名古屋校:052-586-5001)

<ガイダンス>
1/31(土)17:30~19:00
「自分の壁を破る効率的学習法」
※大橋先生が担当します。



補正措置が今後の試験に与える影響(私見)

合格発表から1日。
早い人は今日、成績通知書が届くと思います。

記述の採点基準が気になるところですが、おそらく甘い採点をしたとしても180点に届かない人が続出したための補正措置だったと思われます。

そういえば、LECの成績リサーチでも平均点が20点程落ちていたので、補正で➖14点はよく考えたら妥当かなという気がします。

今後の試験への影響が気になりますが、もしかしたら受験生の得点によって合格ラインを変えるようになるのかもしれませんね。

絶対評価から実質的な相対評価に移行していく過渡期のように思います。

180点で合格率5〜10%に収めるというのは試験センター側も至難の技でしょうから。
今年も、補正措置がなければ合格率は5%を切っていたと思います。

ということは、やはり26年度の試験は、民法の出来はあまり関係なかったかもしれません。

行政法、一般知識で取りこぼしがなければ、難しい民法の問題は合否に影響しなかったでしょう。


今年の試験を受験されるみなさんは、そのあたりを意識して頂ければと思います。

合格率は8.27%

合格率は8.27%でしたね。

補正措置がなければ5%切っていたかもしれん。

この結果を踏まえて、下記の日程で個別相談を実施します。
合わせて、合否・得点結果のリサーチをしていますので、ご協力頂ければ幸いです。

<受験生のみなさまへ>
合否ならびに得点結果のリサーチにご協力頂ける方は、1/26(月)以降、LEC名古屋駅前本校行政書士担当(日比)もしくは野畑宛にお願いします。
もしくは、当ブログのメールフォームよりご連絡頂ければ、のちほど直接返信いたします。
また、個別の相談も下記日程で承りますのでご活用ください。


<LEC名古屋校での個別相談日程>
1/28(水)13:00~21:00 
1/29(木)13:00~21:00 
1/30(金)13:00~17:00
1/31(土)14:00~17:00
※1/26・1/27については、LEC名古屋校に滞在予定はありません。
本ブログのメールフォーム(もしくはgmail)での対応のみとなります。


速報!補正措置で166点が合格ライン。

試験センターのページが重く、合格率の確認がまだできませんが、補正措置で今年は166点が合格点となったようです。

これが合格率にどう影響したか気になるところです。

今後、また情報が入り次第更新します。

http://gyosei-shiken.or.jp/gokaku26/ichiran.html

明日はいよいよ合格発表&受験生のみなさまへお願い

明日はいよいよ平成26年度行政書士試験の合格発表ですね。


行政書士試験研究センターの情報(
http://gyosei-shiken.or.jp/)によると、インターネットでの発表時刻は午前9時です。
発表直後は研究センターのページにアクセスが集中するので閲覧しづらいかもしれないので、時間をずらして確認することをオススメします。。。

が、気になるものは仕方がないので、F5ないしスマホの画面をタップしまくりましょう
(そういうことをするからアクセス過多になるのですが・・・)

私が合格したのはもう何年も前ですが、一般知識が足切りギリギリラインで、さらに予備校の解答が割れていたので、「ある予備校では合格だけど、別の予備校では不合格」という、なんとも気持ちの悪い状態で合格発表を迎えました。

あの時の気持ちの高ぶりは今でも覚えています。


話は変わりますが、例年、受験生のみなさんには合否ならびに得点結果の報告をお願いしています。

ご協力頂ける方は、LEC名古屋校への電話(052-586-5001)・個別相談・当ブログのメールフォームをご利用ください。
私のgmailアドレスを知っている方は直接送って頂いても構いません。

なお、勝手ながら明日1/26及び1/27は、諸事情によりLEC名古屋校にはいません
その代わり、メールでの対応は通常より早めますので、当ブログのメールフォームをご利用ください。


詳細は下記内容をご覧ください。

<受講生のみなさまへ>
合否ならびに得点結果のリサーチにご協力頂ける方は、1/26(月)以降、LEC名古屋駅前本校行政書士担当(日比)もしくは野畑宛にお願いします。
もしくは、当ブログのメールフォームよりご連絡頂ければ、のちほど直接返信いたします。
また、個別の相談も下記日程で承りますのでご活用ください。


<LEC名古屋校での個別相談日程>
1/28(水)13:00~21:00 
1/29(木)13:00~21:00 
1/30(金)13:00~17:00
1/31(土)14:00~17:00
※1/26・1/27については、LEC名古屋校に滞在予定はありません。
本ブログのメールフォーム(もしくはgmail)での対応のみとなります。




合格発表日以降の合否報告、個別相談日程について。

1/26(月)はいよいよ合格発表ですね。

例年、合格発表後は報告や今後の過ごし方についての相談が増えますので、あらかじめ情報を挙げておきます。
1/26(月)以降、LEC名古屋駅前本校行政書士担当(日比)宛にお願いします。
もしくは、当ブログのメールフォームよりご連絡頂ければ、後日直接返信します。

<LEC名古屋校での個別相談日程>
1/28(水)13:00~21:00 
1/29(木)13:00~21:00 
1/30(金)13:00~17:00
1/31(土)14:00~17:00
※1/26・1/27については本ブログのメールフォーム(もしくはgmail)での対応のみとなります。

LEC受講歴等は問いませんので、どなたでもご利用頂けます。


やはり、合格発表前は落ち着かないものですが、その落ち着かないという気持ちを抱けるのも、みなさんのこれまでの頑張りの成果だと私は思います。

じたばたしても仕方がないので、そわそわした気持ちをかみ締めながら26日を迎えてください。

何物にも代え難い。

IMG_6344.jpg 
唐突にペンの写真を載せましたが。。。

このペンは、僕が行政書士の受験勉強をしていたときに使用していたものです。

手垢とかでグリップの色が変わっていますが、それでも現役で頑張ってくれています。

他人からみたら
「ただの汚いペン」
ですが、
僕からしたら
「何物にも代え難いペン」
です。

みなさんも、今使っている文房具が将来何物にも代え難い大切なものになるはずなので、
大切に使ってあげてください。

僕が知っている合格者の方は、使った蛍光ペンを全部取ってあると言っていました。
その数は数十本に及ぶとも。

さらには、僕が講義で配布したレジュメを残しているという方もいらっしゃいました。
(テキストは捨てた・・・とか言っていましたが(笑))

これは本当に嬉しいですね。



さてさて、今日も頑張りましょう!

七転八倒。

新年早々、風邪をぶり返して数日寝込んでいました。
何か罰当たりなことでもしたのかというくらい、最悪でした。

「今年1年健康に」
という新年の目標は、3が日の間に見事崩れ落ちました。

1/6(火)には、平日クラス1月生開講(中山先生が担当です。)だったので、教室に挨拶をしに行こうと思ったのですがそれもかなわず。

体調崩したときにはじめて、健康のありがたみがわかりますね。
いつもはすぐ忘れてしまうんですが、今年は人間ドックなり健康診断なり受けようと思います。


受験生のみなさんも、体調管理はしっかりしてくださいね。


合格講座のみなさん、復習はできているでしょうか?
民法は過去問だけでは心もとないので、是非法学検定ベーシック・公務員試験の過去問集等を使用してください。
3ステップ講座のみなさんは、3月までにどんな手を使っても基本レベルは確実に習得してくださいね。

☆新年初ブログ☆*。:.゚アケマシテヽ(´∀`)ノオメデトウ゚.:。+゚

3が日は過ぎてしまいましたが、あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。


さて、2015年の試験を目指すみなさんにとっては、勝負の年の始まりですね。
大橋先生が担当する合格講座の休日クラスと3ステップ講座は今日が新年初講義でした。

生活リズムを元に戻すのも大変かもしれませんが、頑張ってください。


そして、今日私が担当した学習経験者向けガイダンスにも、新年早々多くの方にご参加頂きました。
少々厳しいことをお伝えしましたが、絶対合格に向けて守って頂きたい内容なのでご容赦ください。



全然関係ないですが、職場の近くにネクタイを売っているお店があって、そこに年末から気になっているネクタイがあります。

セールで20%なんですが、買うべきか、30%になるまで待つべきか。。。
しばらく通る度に頭を悩ませそうです。
プロフィール

のばたー

Author:のばたー
ブログから全国の行政書士受験生を応援します!

最新記事
メールフォーム
相談事項がある方はこちらのメールフォームを利用してください。 (学習相談はお受けできますが、問題に対する解答等はお受けできません。あらかじめご了承ください。)

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。