スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【plusα受講生】民法1回目の復習と2回目の講義進行予定

こんばんは。
先週の土曜から、いよいよ速習(合格)講座plusαがスタートしました。
これからはplusα受講生向けの記事も書いていきますので、よろしくお願いします。

個人的にはこの講座、昨年よりも講義内容、レジュメともに数段パワーアップさせたつもりです。

12回の講義が終わる頃には、僕は灰になっているかもしれません。




さて、民法1回目の講義は、制限行為能力者まで学習しました。
plusα初回の講義だったので、試験に直結するというよりは、全体的な学習方法や、民法を学ぶうえで理解しておいてほしい内容に重点をおいたつもりです。

民法では、物権も大切ですが、特に「債権債務の発生と消滅」を常に意識することが重要です。
それだけで、民法全体の理解度が増したり、問題に対するアプローチの仕方が変わってくると思います。

【理解】→【暗記】→【解答】
が王道ですから、ただやみくもに講義を聴いて問題を解いていた方は、特にそのあたりを意識して学習をしてください。

基礎講座と並行受講されている方、基礎講座の受講をひととおり終えられている方、様々な方がplusαの講義に参加されていますが、それぞれ目的意識をしっかり持って講義に臨んでください。


ちなみに民法2回目の講義では、代理までは確実に入ります。
時効に関しても、時間があれば基礎講座のテキスト等で確認をしておいてください。

まだまだ途中入校も間に合いますので、検討中の方は是非土曜日17時から無料体験をしてみてください。
お待ちしています。



頑張っていきましょう!
スポンサーサイト

速習(合格)講座plusα開講!

昨日、速習(合格)講座plusαが開講しました。

普段は通信で学習されている方も多く、僕も新鮮な気持ちで講義に臨むことができました。

まだまだ途中入校もできますので、知識の総整理をはかりたい方、是非土曜の17時からの講義に参加してください!
プラスα


そして、
「140日の過ごし方」という有意義なガイダンスを行って頂いた横溝先生、ありがとうございました。

また秋にお会いできるのを楽しみにしています。

 のばたーよこみぞ

間に合った!

プラスα 
明日開講の速習講座plusαのレジュメです。
間に合ってよかった!

重要論点の総まとめと、今年の出題予想の融合です。

是非、このレジュメを有効活用して合格を勝ち取って頂きたいと思います。
サンプルを一部、閲覧用としてLEC名古屋校に置いておきますので、みなさん是非手にとって確認してみてください。

明日は横溝先生にも、受講生さんにもお会いできるのでいまから楽しみです!

21日、東海地区の受験生はLEC名古屋校へ集合です!

いよいよ、実施日が近づいてきました。

superbnr_gyousei_140521.jpg


横溝先生は、当日の服装を考えているとのこと。
今回はコラボレーションではないのですが、僕も服装考えておこうかな。

1ヶ月程前から、LEC名古屋校でもこのガイダンスの告知をしているのですが、やはり問い合わせは多いようです。
中には、「横溝先生のガイダンスの後に開講する講座(合格講座plusαのこと)を受講したいんですが、まだ空きはありますか?」
という問い合わせも受けました。

その方は、普段は横溝先生の通信講座を聴いて勉強しているとのこと。
「12回の通学講義は、重要論点の総整理とモチベーションの維持をはかるのにもってこいですね!」とおっしゃっていました。

21日は、
14:00~16:00:横溝先生のガイダンス (無料実施)
17:00~20:00:合格講座plusα (初回無料体験可)
という流れになります。

どちらも無料で参加できるので、
「あと140日の過ごし方」で今後の学習計画を立て、
合格講座plusαを受けて、使えそうだと思ったら本格的に受講してみるという形でもいいと思います。

あと140日の過ごし方
については
こちらを。

合格講座plusα
については
こちらをクリックしてください。


21日に東海地区の受験生のみなさんや、横溝先生とお会いできるのを楽しみにしています!


 

合格(速習)講座plusαのコンセプト『急所を見つけること』

こんばんは。

乾燥している時期ではないんですが、喉がガラガラで痛いです。
聴き苦しい声になってもいけないので、ちょっとケアしようと思います。


さて、昨日「コンセプトを持つこと」という記事を書きましたが、
今日はいよいよ6/21(土)に開講する、合格講座plusα(以下プラスα)の講義コンセプトを紹介します。

この講座のコンセプトはズバリ、
「急所を見つけること」
です。


学習を続けていると、「わかっているはずなんだけど、いざ問題を解くと解けない」とか、「苦手意識はあるけど何故か問題は解ける」など、なかなか自分では判断のつきにくい状態になってしまう方も多いと思います。


プラスαでは、重要論点についてオリジナルレジュメを配布し、講義を展開します。
つまり、一度学習したことのある箇所についてまっさらなレジュメが手に入るわけです。

そこで受講生のみなさんにやっていただきたいことは、講義中に自分の感覚でアンダーラインを引くことです。

自分の中で「わかっている」「これは出題されても解ける」
と思う箇所はアンダーラインなしで。

自分の中で「これは覚えていない」「出題されても間違えそう」
と思う箇所にはアンダーラインを。

講義中に主観的に「できるだろう箇所」と「できないだろう箇所」に分けてしまうのです。


その後、実際に問題を解いてみて、間違えた箇所についてレジュメを確認する。

そこで、アンダーラインが引いてあるのであれば、それは解けなくても仕方がないでしょう。
(講義を聴いている時点で、わからないと思っている箇所ですから)
実はその箇所はそんなに問題ではありません。

問題なのは、問題が解けなかった際に確認したレジュメの箇所にアンダーラインがなかった場合。

「わかったつもりになっているだけで、問題になると解けない箇所」

そこがあなたの『急所』です。

この急所がわからないまま直前期に突入すると大変なことになります。


直前期により効率的に学習できるようにする。
これもプラスαの講義コンセプトです。


どうでしょうか?

もしこのコンセプトに共感して頂けた方は、6/21(土)から毎週17:00~20:00、12回だけ僕と一緒に勉強してみませんか?(まだ定員には達していないようです。)

普段は横溝先生や豊村先生の通信講座で勉強している方、大橋先生の講義に参加されている方に特に受講して頂きたい講座です。
もちろん、平日野畑クラスの方もどうぞ。


では、おやすみなさい。

目的意識(コンセプト)を持つこと。

こんばんは。

今日はのっけから少し真面目な話をしましょうか。

みなさんは、勉強する時にどんな意識を持っていますか?

なんとなく講義を聴いて、なんとなく机に座って、なんとなくテキスト眺めて、なんとなく過去問を解いている。

そんな状態になってはいないでしょうか?

なんとなくの勉強では、せっかくかけた時間に見合う効果が得られないかもしれません。

例えば問題を解いて間違えてしまったとき。

「何故間違えたのか」

を検討していますか?

単に知識がないから間違えたのか。
一度覚えた知識があやふやになっていたから間違えたのか。
問題文の重要な部分を見落としてしまったから間違えたのか。
図表に書き起こす際に間違えたのか。

どう間違えたのかによって、その後の対策が変わってきます。

勉強時間を増やすのも大切ですが、その時間が無駄にならないように、目的意識(コンセプト)をもって勉強してくださいね。


そうそう、予備校はいろんな講座を実施していますが、講座ごとにちゃんとしたコンセプトがあります。

もし、みなさんがこれから試験対策講座を受講するのであれば、その講座のコンセプトと自身のコンセプトがマッチしているかを確認した方が良いと思います。


次の記事では、僕が6月21日から担当する「速習(合格)講座plusα」のコンセプトについて書いてみたいと思います。

平日クラスは憲法へ。内容盛りだくさん!

こんにちは。


合格講座の平日クラスは、憲法の講義に入りました。
10月生の方は、2回目の憲法ということになりますし、11月生以降の方は初めての憲法ということになります。

毎年そうなんですが、憲法の講義は、1回目と2回目でだいぶ講義内容を変えています


というのも、行政法を学習している方に対して憲法の講義を行うときは、並行して行政法の内容を盛り込んでいるからです。

昨日の講義でも、憲法前文の裁判規範性の箇所で行政事件訴訟法の訴訟要件の話をしました。
前文の裁判規範性の判例は、実は行政事件訴訟法の狭義の訴えの利益の箇所で学習した長沼ナイキ訴訟と密接に関連しているからです。

訴訟要件が6つ思い浮かばなかった方や、狭義の訴えの利益の意味が思い浮かばなかった方は、行政事件訴訟法を復習しないといけませんね。


このように、私の憲法の講義は、行政法の復習にも役立てて頂けるように行っていきますので、既に憲法の講義を聴き終えた方も、あらためてご参加頂ければ幸いです。


梅雨入り目前ですが、頑張っていきましょう!

プロフィール

のばたー

Author:のばたー
ブログから全国の行政書士受験生を応援します!

最新記事
メールフォーム
相談事項がある方はこちらのメールフォームを利用してください。 (学習相談はお受けできますが、問題に対する解答等はお受けできません。あらかじめご了承ください。)

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。