スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行政法4回目の復習と、親睦会無事終了のご報告。

こんにちは。

本当は、終わってからすぐにブログ更新したかったのですが、少し遅れてしまいました。

2/25(火)の講義後に行われた親睦会は、無事終了しました。

最初はちょっとみなさん緊張していました(僕が一番していたかもしれません)が、終わる頃には打ち解けていたように思います。

僕自身、受講生のみなさんの名前と顔を一致することができて助かりました。

また、こういった集まりは定期的に行っていきたいと思いますので、よろしくお願いします。



さて、行政法4回目の復習ですが、行政行為の瑕疵(特に無効な行政行為と取り消しうる行政行為)についてはしっかりと分類できるようにしておいてください。

まず、無効な行政行為と取り消しうる行政行為を分ける意味はなんだったでしょうか?
公定力の有無に着目して考えてみてください。

また、この無効な行政行為と取り消しうる行政行為を分ける基準はなんだったでしょうか?
このあたりをしっかりと確認してください。


また、行政行為の取消・撤回については、定義とともに具体例をしっかりと頭に入れてください。
得点しづらい行政法総論ですが、このあたりは得点しやすい分野となります。


平日クラスのみなさん、本日もよろしくお願いします!
スポンサーサイト

行政法第3回の復習と、親睦会実施のお知らせ

2/23夜更新!

とわざわざ記載しておきながら、それをすっかり放置してました。
すみません。。。


さて、平日クラスのみなさん、行政法の講義も3回まで終了しました。

なるべくイメージを掴みやすいように具体例やイラストを載せていますが、やはり行政法は民法に比べるととっつきにくいと思います。
特に行政法から学習を開始された方は、「マジかよ行政書士試験・・・」と絶句されている方もいらっしゃるかもしれません。

とにかく行政法は総論が1つのヤマ場です。
最初にヤマ場が訪れるのです。

ここをなんとか踏ん張れば、後が楽になる(はず)ので頑張ってください。


行政立法については、委任命令と法規命令を中心に復習してください。
ポイントは、「人権侵害の可能性」でしたね。

行政行為についても、「行政の活動の中で最も人権侵害の可能性が高いもの」という認識をもってください。
この考え方に加えて、「行政活動の迅速性」という考え方も知っておく必要があります。
それが、「公定力」です。

頑張りましょう!


そうそう、明日は事前に告知したとおり、講義後に親睦会を開催します。
夜も遅いので1時間程度、途中退室して頂いても構いませんので、是非ご参加ください。

参加費500円は、当日スタッフが回収するとのことです。

よろしくお願いします。

2月23日夜更新予定。

<ハイブリッド講座>クリカエース

最近更新がなかなかできない状態でしたが、ようやくハイブリッド講座受講生向けの記事を初投稿です。

インプット編の民法が2回まで終わりました。
「インプット編」という冠名がついていますが、ただのインプットで終わらないところがこのハイブリッド講座の特徴です。

講義内で、もしくは復習時にあの問いについて答えるということは、インプット+アウトプットを同時に行っているということになります。

ポイントは、「繰り返すこと」です。


繰り返した分だけ必ず力が付きます。


レジュメの訂正、当日にしか問題をお渡しできないなど、ご迷惑をおかけすることも多々ありますが、最後までよろしくお願いします!

ちなみに、ブログタイトルの元ネタですが。
中学校の時の英語の先生が出していた宿題の名前です。

ふと思い出しました。

平日2月生開講のお礼と、行政法1回目の復習

最近、ブログの更新が滞っていてすみません。

来週までが1つ個人的な1つのヤマ場なので、なんとか時間を見つけて更新していこうと思います。


さて、昨日から平日クラスの行政法がスタートしました。
2月生の方が合流されまして、30名弱の方に受講して頂きました。
これから、(これからも)よろしくお願いします。
※途中入校可能ですので、ご検討の方は是非無料体験してみてください。


行政法ですが、講義でお話した通り、しばらくは学者さんの理論の学習となります。

この理論を私たちが100%理解して使いこなすのは不可能です。
このあたりは最初のうちに割り切っておかないと行政法アレルギーを起こしてしまいますので、注意してください。



まずは、『法律による行政』をしっかりと頭に叩き込んでください。

流れとしては、
権力の定義・・・人を強制的に従わせる力
権力を1人の人間に与える・・・独裁政治(人権侵害)の危険
権力を3つに分けて、それぞれ担当部署に振り分ける。・・・立法権(国会)・司法権(裁判所)・行政権(内閣)
3つに分けた権力のうち、一番やるべきことが多い部署・・・行政権(内閣)
三権のうち、一番国民の人権を侵害する危険があるのは・・行政権(内閣)
人権侵害をさせないために考え出された理論は・・・法律による行政
法律による行政とは・・・行政が活動するためには、国会が作った法律の根拠がなければならない。
となります。

あとは、「公法関係」と「私法関係」について。
公法関係・・・国家と国民の関係(立場が対等ではない)
私法関係・・・国民と国民の関係(立場が対等である)

では、公法の関係に、私法のルール(民法)を適用しても構わないか?
客観的には国家と国民の関係でも、実質的に対等な立場で契約等が行われている場合には、民法のルールを適用しても構わない。
(市役所が業者との間で文房具を購入する契約をイメージするとよい)

試験対策上は、判例の結論を覚えることで対応できます。
「民法177条の規定が適用される(されない)」と記載されていますが、細かいので、「民法の規定を適用する(しない)」くらいのレベルで覚えれば十分です。


頑張っていきましょう!




心調管理

突然ですが。

体調管理という言葉はよく聞きますが、
心調管理という言葉は聞かないですよね。
(メンタルケア?と言うのかもしれませんが・・・無知ですみません。)

試験対策で体調管理が重要なのは間違いないですが、
僕はそれ以上に心調管理が重要だと思っています。

個人的に、心の調子がよければ多少体調が悪くても頑張れるんですが、
心の調子が悪いと体調までそれに引っ張られて悪くなるような気がします。

厄介なのが、体調は少し休めばよくなることが多いんですが、
心調は「こうしたらよくなる」というのが個人的にまだよくわかりません。
気づいたら悪くなっていて、気づいたら良くなっている(気がする)の繰り返しのような気もします。

何の話かというと、勉強に煮詰まった時に、
「1日リフレッシュすればまた頑張れる」タイプなのか、
「リフレッシュしようにも勉強のことが頭から離れなくて、一種の罪悪感に陥ってしまう」タイプなのか
ちょっと分析してみてください。

前者の人は煮詰まったらどうぞリフレッシュしてくださいという感じなのですが、
後者の人はリフレッシュしようと思ったら余計ストレスが溜まってしまうので要注意です。

ちなみに僕は後者の人間です。

休んでストレスが溜まってしまうくらいなら、勉強してストレスが溜まる方がマシだと割り切って勉強していました。
ただ、1日のご褒美として、寝る前に野球ゲームを1試合だけやっていた気がします。
今思えば、当時はそれだけで十分リフレッシュできていたのかもしません。


もう自分でも何を書いているかよくわからなくなってきましたが、
長丁場の受験生活。
良い時ばかりではないと思いますが、一緒に乗り越えていきましょう。

民法第20回目(債権・家族法10回目)の復習

平日クラスのみなさん、こんばんは。

先週の木曜で、民法全20回が終了となりました。
債権法からご参加頂いている方は、前半の総則・物権を未受講という形になりますが、平日クラスではもう一度民法の講義がありますので、そちらを受講して頂ければと思います。


家族法については、合格者でも「結局勉強しませんでした。」と言う方も多いですが、我々にとって身近なものですし、実務でも必要となってきますので、試験対策というよりも、教養的な意味合いで学習してみてはいかがでしょうか?

例えば、普段の勉強に飽きた時に少しだけテキストを読んでみるとか、そういったスキマ時間の積み重ねでも構わないので、取り組んでいただければと思います。


次回2/13(木)はいよいよ行政法の学習がスタートします。
行政法から受講される方、引き続き受講される方、よろしくお願いします。

あ、明日2/11(火)はお休みなので気をつけてくださいね。

では!

2/8(土)黒沢先生、来校!

東海地方の受験生のみなさん、明日はLEC行政書士講座の看板講師である黒沢先生が名古屋校に来校します。

前々回は台風の引き連れて。
今回は寒気を引き連れての来校です。

15時から行政法についての無料講義を。
17時からは開業についての無料講義をして頂けるとのことです。

雪で足元が悪くなるかもしれませんが、明日は是非名古屋校へ!

2/9(日)開講のハイブリッド講座の全貌

合格発表直後から、
『大橋・野畑ハイブリッドは具体的にどんな講義をするのか?』
という問い合わせを受けています。

そこで、今日は簡単に、2/9(日)17:00開講の『大橋・野畑ハイブリッド(以下、ハイブリッド講座)』について説明したいと思います。

ハイブリッド講座は、全27回の講座です。
ここでは、基礎講座で習得した知識の再確認と、それを『使える知識』にまで昇華させること目的とします。

例えば、
『人が1人で完全に有効な契約を結ぶことができるための能力を挙げよ』
と聞かれた場合、あなたは即座に答えられるでしょうか?

「権利能力」
「意思能力
「行為能力」
と答えられた方。
ひとまずは安心してください。

ただ、例えば「権利能力」で試験対策上問題になる論点と解答をすぐに挙げることができる方は少ないと思います。
合格圏内にある人は、その単元で何が問われるうるかを即座に挙げることができます。

そして心裡留保、虚偽表示、錯誤、詐欺、強迫。
いわゆる意思能力に関する論点ですが、これらに関する意思表示については条文上、大きく分けると無効か取り消しうるものかに分かれますよね。
では何故、同じ意思表示であるのに、『無効』と『取り消し』に分かれるのでしょうか?

もう1ついきましょうか。
『被補助人の行為能力は必ず制限されているといえるか?』
これは、補助人の権限の有無が関わっています。
制限行為能力者制度の趣旨から考えるとよいでしょう。


ハイブリッド講座の前半(1~12回)では、このようなQ&A方式を採用します。
上記のような問いについて繰り返し考えていただくことによって、知識の定着を図ります。
ただの問題演習&解説に留まらないのがポイントです。
インプットとアウトプットを同時に行います。

そして、後半(13~27回)では、過去問を題材に、前半で得た知識を具体的問題に当てはめる力を身につけて頂きます。

講義は毎週日曜の17:00~20:00です。
ちびまる子ちゃん、サザエさん、鉄腕ダッシュを観ながら、一番落ち着きたい時間を勉強に充てるのは大変なことだと思いますが、1年で一気にカタをつけたい方、記述式の結果に左右されたくない方は是非ご参加ください。

また、普段は通信講義を受講しているが、モチベーションの維持を図りたい方にもオススメです。
頑張っている方を見るのは刺激になります。


ちなみに、2/9(日)17:00のハイブリッド講座第1回は無料体験できますので、
『百聞は一見に如かず』なんて方はお試し受講してみてくださいね。

topbnr_gyousei_131119.jpg

民法第19回目(債権・家族法9回目)の復習

平日クラスのみなさん、こんばんは。

さっそくですが、前回の講義の復習ポイントです。

賃貸借については、やはり不動産賃借権の物権化が重要です。

『物権化』とはどういう意味でしょうか?
そもそも、賃借権とはどういった権利だったでしょうか?

誤解を恐れず表現するとすれば、
物権=強い
債権=弱い
債権+対抗要件=物権化(強)
といったところでしょうか。

敷金については、賃貸人の変更(所有者の変更)とセットで押さえましょう。
賃借人の変更については、賃借権の譲渡と転貸の違いについて説明できるようにしてください。


不法行為については、特に特殊的不法行為の具体例をイメージできるようにしてください。
特に、使用者責任(715条)については行政法でも必要になってくる知識なので、いまのうちからイメージしておくとよいと思います。

そして、債務不履行と不法行為の比較も、講義でお話したポイントを中心に確認しておいてください。


頑張りましょう。

民法17回・18回目(債権・家族法7回目・8回目)の復習

平日クラスのみなさん、復習ポイントの提示が遅れてすみませんでした。

そして、民法再チェック講座に参加していただいたみなさん、ありがとうございました。


昨年の試験は、例えば同時履行の抗弁権と留置権の比較をさせるような問題が出題されました。
今年も何らかの形で、横断的な知識を問う問題の出題が予想されます。

例えば、債務不履行と危険負担と担保責任
どの状況でどの規定を適用するかは、今一度確認しておいてください。

また、不特定物の取引の場合、そもそも債務不履行、危険負担、担保責任の問題になったでしょうか?

しっかりと確認しておきましょう。

続きを読む

リハーサル

今日は、大橋先生の代わりに、休日クラスの講義を担当します。

だからというわけではないんですが、リハーサルに気合を入れています。

休日クラスのみなさん、よろしくお願いします。

個別受講相談継続のお知らせと、民法無料公開講座の御礼(2/2も同内容で実施します。)

おはようございます。

昨日、民法の無料公開講座(「野畑式」民法重要論点再チェック講座)を実施しました。
平日の夜にも関わらず、多くの方にご参加頂きありがとうございました。

同内容の講座を、2/2(日)17:00より実施します。

「野畑式」とは何か?
是非無料講座に参加して体感して頂ければと思います。

また、講師・合格者スタッフによる個別の受験相談も実施中です。
11月の試験に向けてどのような学習計画を立てるべきなのか、納得いくまでご相談させていただきます。


2月に入りました。
気分も新たに頑張りましょう。

プロフィール

のばたー

Author:のばたー
ブログから全国の行政書士受験生を応援します!

最新記事
メールフォーム
相談事項がある方はこちらのメールフォームを利用してください。 (学習相談はお受けできますが、問題に対する解答等はお受けできません。あらかじめご了承ください。)

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。