スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うっかりミスに要注意と、民法2回目の復習

みなさんこんばんは。
昨日も遅くまで講義に参加頂いてありがとうございました。

昨日の講義の最大の反省点は、TVの電源が落ちているにも関わらずプレゼンターを使おうとしたことですね^^;
ちょっと前に、「たまに講義中にTVの電源落ちちゃうんですよね~」って話をしていたのに、かなりの大ボケでした(笑)

こういうのを、「過失」と言うんでしょうね。
みなさんも、うっかりミスには気をつけましょう。


さて、民法2回目は制限行為能力者制度と意思表示について学習しました。
制限行為能力者制度については、1回目の講義の復習に時間をかけたのでここでは割愛します。

意思表示に関しては、日本の民法上、「お互いの意思の合致」のみで契約が成立してしまうこととしていることから、「本当にその物を買いたいのか、売りたいのか」ということが重要になってきます。

試験対策上は、
①思っていること(内心的効果意思)と口に出した言葉(表示行為)がズレている場合(=意思の不存在)と、
②思っていること(内心的効果意思)と口に出した言葉(表示行為)がズレていないが、内心的効果意思に他人の不当な干渉が行われている場合(=瑕疵ある意思表示)
の2つの場合が問題となってきます。

これらの問題を解決するために、民法はルールを設けていますが、心裡留保・虚偽表示・錯誤・詐欺・強迫が①と②のどちらの問題なのか判断できるようにしておいてください
(虚偽表示以降については次回お話します。)

頑張っていきましょう!
それでは、良い週末を。

スポンサーサイト

民法スタート!と1回目の復習

みなさんこんばんは。

昨日のことになりますが、合格講座の民法がスタートしました。
憲法から受講されている方も、民法から受講される方も、よろしくお願いします。

憲法の講義をしている段階ではあまり復習について触れませんでしたが、これからはこのブログに記載していこうと思っていますので、マメに確認して頂ければと思います。


前回の講義ではこれから民法を学習していくために必要な前提知識をお話しました。
権と債権についてはこれからの講義で詳細を説明していきますが、まずは「債権」を意識してください。

債権とはどのようなものだったでしょうか?
そもそも、どうしたら債権が発生するのでしょうか?
売買契約(民法555条)の要件と効果を確認しながら復習してみましょう。

あとは、人が一人で完全に有効な契約を結ぶことができる3つの能力のお話しをしましたが、その3つとは何だったでしょうか?
また、「無効」と「取消」の違いはなんでしょうか?

制限行為能力者制度とはどのような趣旨で作られた制度でしょうか?
例えば未成年者の場合、保護者の同意がない契約と、保護者の同意を得てする契約で、何が異なるのでしょうか?


細かい所を覚えるのも、問題を解くのも重要ですが、まずは日々の講義でお話した内容が頭に入っているかを確認してみてください。
やみくもに覚えて、やみくもに問題を解くだけでは非効率です。


それでは、また明日もよろしくお願いします!

明日26日から民法の講義です。

こんばんは。

この前の日曜に休日クラスの民法の講義が始まりましたが、平日クラスも明日から民法の講義が始まります。

10月生のみなさんは、憲法の間に学習の感覚を身につけて頂いたと思いますので、それを継続してくださいね。
憲法に関してはあまり講義の復習についてブログでは触れませんでしたが、民法からは記事にしていこうと思います。

明日から参加される方もいらっしゃるとのことなので、楽しみにしています。
無料体験も可能なので、予備校を使おうか悩まれている方は是非参加してみてください。


それでは!


初志貫徹

今日は、大橋先生の休日クラスの開講日でした。

10月は10数名だったのが、一気に30名を超えていましたね。
ノバターの平日クラスは、そこまで大きな変動はないと思いますので、15名くらいで26日(火)の開講を迎えそうです。


話は変わりますが、今日、ある方のブログを初めて拝見させて頂きました。

その方とは年齢も置かれている環境も違うのですが、不思議と書かれている文章に懐かしさを感じました。

もう今は消えてしまったのですが、私も大学時代~数年前までブログに色々なことを書き綴っていました。
受験勉強の辛さ、家族への不満、ただただ感じる焦燥感、ちょっとした幸福感・・・

言葉は刃であって、何気なく書いた一言が人を傷つけてしまうかもしれない恐ろしさは忘れてはいけないと思いますが、「他人に見られる」ことを意識すればするほど、本当に書きたいことが書けなくなることもあります。

少なくとも私はいままで、「他人に見られる」ことを大いに意識してこのブログ記事を書いているので、あまり受験勉強に関係ない内容はあえて書かないようにしていました。

ただ、これからはちょっとは自分らしさを出していこうかなぁ・・・なんて思います。
「まぁ、暇つぶしに読んでやるか」という方がいらっしゃれば幸いです。

同じ「他人に見られる」ことを意識して、毎日試行錯誤しているシャツとネクタイの組み合わせを楽しみにしている方はいないと思いますが、私のブログ記事を楽しみに(必要と)してくださる方が一定程度いらっしゃると信じて(笑)


最後に、そのブログを運営されている方に。

「初志貫徹」

陰ながら応援しています!

明日は合格講座(休日クラス)民法の開講日です

こんばんは。

今日も、LEC名古屋駅前本校にて、たくさんの方とお話させて頂くことができました。
受講生さんが連れて来られたお子さんが超可愛くて、「あぁ・・・こどもがほしいなぁ」と思った今日この頃です。

まぁ、それ以前の段階で私は止まっていますが。(笑)


さて、いよいよ明日11/24(日)9:30より、合格講座(休日クラス)の民法が開講します。
担当はわたくし野畑・・・ではなく、大橋になります。

超毒舌ド迫力講義を体感したい方は、無料体験もできますので是非。
私は私で、明日は大橋先生のフォローに回りたいと思います。

個別の相談もできますので、是非お越し下さい。

週末の出現情報

2013年講座の受講生さんにはよく、
「先生はいつLECにいるんですか?」
と聞かれることがあったので、できる限り出現情報を掲載しておこうと思います。
(大抵はいるんですけどね。)

今週土曜・日曜は、9:00~17:00頃までLEC名古屋校にいます。
本試験後の進路相談等、承りますのでお気軽にご来校ください。


このブログの検索ワードも、
「2013年行政書士 感想」
「行政書士試験 150点 厳しい?」
といったものが多いです。

やはり、150点ラインの方が多いのでしょうか。

個別相談会実施のお知らせ

<2013年本試験を受験された皆様へ>

下記日程で、個別相談の時間を設けています。
合格発表までの過ごし方、来年に向けての学習方法などご提案させて頂きますのでお気軽にご来校ください。過去に私の講座を受講されたことのない方も大歓迎です。
お一人様約30分で事前予約制となりますので、お電話(LEC名古屋校:052-586-5001)
もしくはこのブログのコメント欄にご記入ください。
私のgmailアドレスをご存知の方はそちらに送って頂いても構いません。

11/19(火)
13:00~17:00 
11/21(木)
13:00~17:00 
11/23(土)
9:00~17:00 
11/24(日)
9:00~17:00 
11/25(月)
13:00~21:00 
11/27(木)
12:00~21:00 
11/30(土)
9:00~17:00 

みなさんにお会いできるのを楽しみにしています。

昨年の衆議院選挙は「違憲状態」

憲法の講義でもお話した、「一票の格差」に関する最高裁判決が出ましたね。

結論としては、昨年の衆院選挙は「違憲状態」であるが、選挙自体が無効であるとはいえないというものでした。

昨年の衆院選挙には間に合わなかったものの、いわゆる「0増5減」という定数削減が行われたことを加味したようです。(「合理的期間内に是正がされていなかったとはいえない」と述べています。)


まず、みなさんは「違憲」と「違憲状態」の違いについて思い出してみてください。
お渡ししているレジュメでいうと、3-4~6になります。

またお時間があれば、講義中にも触れたいと思います。

11/18(月)19:30~本試験分析会(平日編)実施です!

asasas.jpg 
今日の分析会は、40名超の方にご参加いただきました。
私と大橋先生で時間を分けたので、話したかったことをすべてお伝えできなかたのは残念であり、反省であります。

明日、11/18(月)19:30からも同じように本試験分析会を行います。
こちらは、私のワンマンショーです(笑)

平日クラスの受講生様、他の予備校で学習されていた方、独学の方、みなさま是非ご参加ください!

今日明日は本試験分析会(&打ち上げ!)

おはようございます。

早起きして、今日明日行われる本試験分析会の資料の最終チェック中です。

少々厳しいことも申し上げるかもしれませんが、受け止めて頂ければと思います。
ちなみに、9:00からLECにいますので、個別に相談されたい方はいつでもどうぞ。


そして、今日19:30からの打ち上げ、楽しみにしています!
大見得切って30名収用の個室を予約してしまったので、皆様の力で是非満席に(笑)

よろしくお願いします!

2013年行政書士講座打ち上げの詳細!

連絡が遅くなりましたが、打ち上げの詳細です。

<日時>
2013年11月17日(日)19:30~21:30
(19:15にKDX名古屋駅前ビル(LECの入っているビル)横の時計台のある広場集合でお願いします。)
<場所>
旬菜酒蔵 京町しずく 名古屋駅前店
http://www.hotpepper.jp/strJ000861600/?vos=dhppmmgmz10111105
<参加資格>下記13年向け講座受講生
合格講座
速習講座プラスα
行政法完全総まとめ道場
民法完全総まとめ道場

30名の席を確保しておきました。
17日13:00からの本試験分析会に参加される方、打ち上げ当日参加も可能ですので、奮ってご参加ください。
(ただ、できればブログコメントかgmailに事前に御連絡頂けると助かります。)


みなさんと楽しく過ごすことができるのを楽しみにしています☆



2013年度本試験~個人的感想その7(雑感)~

受講生のみなさんから情報を頂いて、少しずつ今年の本試験が見えてきたなという状況です。

択一は明らかに易化しています。
まだ母数が少ないですが、私が担当した講座の受講生は、択一のみで140~170点代が多いように見受けられます。

例年、記述抜きで150点(つまり記述で残り30点)が合否ラインなのですが、今年は記述式の採点が厳しくなりそうなので、記述で完答が1問もない方はちょっと厳しいかもしれません。

ですので今年は択一160点が合否のボーダーになると見ています。
(これでも、記述のミスが大きいと危ないかもしれないです。)

なかなか択一のみで160点は難しいのかもしれませんが、今年の問題であれば不可能ではなかったと思います。

合格講座などの基礎講座でお話した内容(特に「ここはしっかりやってください」という箇所)について、抜けなく復習をして頂いた方はこの点数に近い結果が出ているはずです。

留置権と同時履行の抗弁権の比較、詐害行為取消権や行政上の強制手段、行政手続法の不利益処分、住民監査請求と住民訴訟など(他にもまだまだありますが)がその典型かと思います。


みなさんが本試験直前に気になっていた細かい論点は、今年の本試験で出題されましたか?
その細かい論点を学習する時間を、重要論点の確認に費やしていたらどれだけ点数が伸びたでしょうか?


来年絶対合格に向けての約束事を、17日・18日の分析会ではお話したいと思いますので、是非参加してくださいね。

2013年度本試験~個人的感想その6(記述式)~

※下記は私が2013年度本試験問題を確認して感じた、いわゆる「個人的感想」になります。
より正確な分析については、17日13:00及び18日19:30よりLEC名古屋駅前本校で行われる本試験分析会までお待ちください。

記述式ですが、択一が易化していることを踏まえると、合格率を10%以内に抑えるという考えであれば昨年以上に厳しい採点基準になるかと思われます。


<問題44>
建築確認の法的効果が書けなかったという方が多かったように思われます。
それは仕方がないにしても、「狭義の訴えの利益」と「却下判決」は2つ揃って書けていないと大幅減点になりそうです。

<問題45>
「行為能力がない」「追認がなかった場合」は2つ揃って記載できた方は少なかったように思います。
「履行の請求または損害賠償請求」は「及び」と記載してしまうと大幅減点の可能性があります。
「善意無過失」と書いてしまった方も然りです。
問題文中に、Bは善意無過失であることが既に書かれているからです。

<問題46>
「盗難の日から2年間」と記載された方が多かったように思いますが、問題文中に「盗難の時から1年6ヶ月後に」とあり、この時点で指輪の返還を請求できるかということを聞いているので、「盗難の日から2年以内に」という条文通りの要件を記載する必要はなかったのかもしれません。
また、条文上は「代価を弁償して」ですが、今回の事例ではそれが指輪の代金50万ということはわかっているので、「50万円を弁償して」とする方が出題者の意図には沿っているかと思われます。

2013年度本試験~個人的感想その5(一般知識)~

※下記は私が2013年度本試験問題を確認して感じた、いわゆる「個人的感想」になります。
より正確な分析については、17日13:00及び18日19:30よりLEC名古屋駅前本校で行われる本試験分析会までお待ちください。

<一般知識・・・14問中7問以上>

問題47:易
圧力団体に関する問題としては、基本的だと思います。
正解してほしい問題です。

問題48:やや難
条約名が無茶苦茶です。
ポーツマス条約・・・日露戦争下
日ソ不可侵条約・・・第二次世界大戦下
日韓基本条約・・・韓国併合
環太平洋戦略的防衛連携協定・・・そんな協定ありましたっけ?
歴史が好きな人は笑いながら解けたと思いますが・・・

問題49:易
超サービス問題。
バブル経済!

問題50:難
ペット飼っている人とか、よくペットショップに行かれる方は解けたかもしれませんが・・・

問題51:難
一般知識で個数は嫌がらせ以外のなんでもないですね。。

問題52:難
一般知識で個数は嫌がらせ以外のなんでもないですね。。

問題53:普
消去法で答えを出した方が多かったかと思います。
国内に資源はないに等しいですからね。

問題54:易
目的規定は必ず確認と基幹講座・直前講座等でお伝えしていましたので、正解して頂きたい問題です。

問題55:易
基本問題です。

問題56:普
1と4で悩んだ方が多いかと思いますが、どっちが「情報漏えいの可能性が高いか」で答えを出せば大丈夫だったと思います。

問題:57:難
これは無理です。
スマホ関連用語が出なくて本当にすみませんでした!

問題58~60:普
3問中2問はいきたいところです。




今日はここまでとします。
試験を終えられたみなさんにとっては、厳しいと思われるかもしれませんが、現実として受け止めてください。

また明日以降、本試験については記事を更新するつもりです。

2013年度本試験~個人的感想その4(商法・会社法)~

※下記は私が2013年度本試験問題を確認して感じた、いわゆる「個人的感想」になります。
より正確な分析については、17日13:00よりLEC名古屋駅前本校で行われる本試験分析会までお待ちください。


<商法・会社法・・・5問中2問以上正解>
※すべて4で、2問正解でした。

問題36:易
「こんな話知らんがな!」という受験生の気持ちはよくわかります。
ただ、「商法の目的=取引の迅速」ということがわかっていれば、答えは出せたはずです。
アとウはそれで判断でき、それで答えが出ます。

問題37:難
司法書士の受験生じゃあるまいし、無理です。

問題38:難
司法書士の受験生じゃあるまいし、無理です。

問題39:難
司法書士の受験生じゃあるまいし、無理です。

問題40:普
肢4は、ヤマを張っていた方は判断できたと思いますが・・・・答えは4ですので。






2013年度本試験~個人的感想その3(民法)~

※下記は私が2013年度本試験問題を確認して感じた、いわゆる「個人的感想」になります。
より正確な分析については、17日13:00及び18日19:30よりLEC名古屋駅前本校で行われる本試験分析会までお待ちください。


<民法・・・9問中7問以上正解>
問題27:普
ア・ウ・エは判断してほしい。
イについては、知らなければ現場で考えられます。
賃貸借契約や委任契約は当事者の信頼関係が重要です。
「野畑先生だから貸してあげたのに、大橋先生だったのかよ!」
「野畑先生だから依頼したのに、大橋先生だったのかよ!」
=「あいつだとわかっていたら契約しなかった」
ということになるはずです。
知識一辺倒ではなかなかうまくいかない、行政書士試験らしい問題です。

問題28:やや難
5は判断できないでしょう。2・3・4は確実に判断してほしいところ。
1か5で、悩まれた方が多かったのではないでしょうか。
「1っぽいかなぁ?」くらいだと思います。

問題29:易
大橋、野畑クラスであれば落としてほしくない問題。
同時履行と留置権の違いはしっかりとお話しているはずです。
だとすれば、2か4どっちかが正しくて、間違っているかヤマを張れるはず。
他の肢など見なくてもいいです。
同時履行の抗弁権はたかが債権。
留置権は恐れ多くも天下の物権です。

問題30:普
これも、大橋、野畑クラスであれば落としてほしくない問題。
「今年出るよ!出るよ!」と言い続けたはずです。
出題の仕方も、案の定他資格試験の問題と同じでした。

問題31:易
エはいわゆる「○○と登記」の話。
イは「期間の定めのない催告」が効力を有するかしないのかという話。
アは「履行不能になった状態で、解除の前提としての催告なんてする意味ないよ」という話。
基幹講座ではもちろん、プラスαや民法道場でも論点として挙げた箇所になります。

問題32:難
無理無理。飛ばしてもOK。

問題33:普
組合・・・無理!と言いたいところですが、選択肢5で判断できる可能性が残っていました。
共有のところで、「保存行為は単独できる」という話がありましたが、それを思い出すことができれば。。。
ただ、本試験ではちょっと厳しいですね。

問題34:やや難
不法原因給付とか、またマイナーな所から出したなぁ・・・という印象ですが、「贈与と比較してくださいね」と基礎講座でお伝えしているので、きちんとメモを取って直前期に確認された方は取れたと思います。

問題35:易
イは基本中の基本。エはなんとか常識で。
家族法勉強0でも解けた方は多いのでは?

2013年度本試験~個人的感想その2(行政法)~

※下記は私が2013年度本試験問題を確認して感じた、いわゆる「個人的感想」になります。
より正確な分析については、17日13:00及び18日19:30よりLEC名古屋駅前本校で行われる本試験分析会までお待ちください。

<行政法・・・19問中14問以上正解>
問題8:普
アとイは「地方公共団体が・・・」とあるので、この時点で発狂した方もいらっしゃるかもしれませんが、ウとエが行政裁量の基本的な知識を聞いている肢であり、かつこれだけで答えが出るので、正解してほしかった問題の1つです。

問題9:普
選択肢1が、過去問の焼き回しで、そしてこれがこの問題の答えになります。

問題10:普
3・4・5は確実に切ってほしい。
2は、憲法の問題です。全農林警職法事件を知っていれば判断できるはず。
ただ、1を選べるかどうかは微妙ですが、「債権の消滅時効の話なんて、地方自治法にあったかなぁ・・・」という感覚で選択した方も多かったのでは?

問題11:易
条文問題ですし、正解してほしい問題です。

問題12:易
これも条文問題です。
仮に条文が頭に入っていなかったとしても、肢5が正しいとしてしまうと行政活動が円滑に進まなくなるという所に着目できれば、答えは出せたかもしれません。
手続法は条文中心になりますが、1つ1つ意味を確認しながら覚えると良いと思います。

問題13:易
アとイは確実に判断してほしい。
あとは、不利益処分に対する基準のことを「処分基準」というか「審査基準」というかだけで答えが出ます。
しっかり文章の前後を確認して当てはめれば特に問題はなかったかと思います。

問題14:普
比較問題なので、それだけで戦意喪失の方もいらっしゃったかもしれません。
ただ、条文を見ておけば、細かいことを覚えていなくても答えは出せたと思います。
「行政不服審査法・・・利害関係人の不服申立て参加・・・確かあったんじゃないか?」

問題15:普
「処分権主義」を知っている行政書士受験生は少ないかもしれないですが、他の○○主義は基本的なものばかりです。
ですので、消去法で答えを出せるかどうかという問題かと思われます。

問題16:普
義務付訴訟としては基本的な問題です。
ただ、取消訴訟で手一杯の受験生が一定以上いると思いますので、そういう意味で易しいとは言えないかもしれません。

問題17:難
現場で考える問題でしょう。
常識で考えて「一番最もらしい」ものを選んで、正解していたらラッキーくらいだと思います。

問題18:難
司法書士受験生であれば簡単だと思いますが、行政書士受験生には厳しいと思います。

問題19:易
これは正解してほしい。
営造物の瑕疵について国は「無過失責任」を負います。
道路だとか河川だとか、細かいところに目がいっていると、こういう問題につまづくのかもしれません。

問題20:普
イは有名な判例なので、これを軸に組み立てます。
残りはエかオになりますが、エは、行政事件訴訟法と国家賠償法の目的の違いに着目すれば判断できます。
「処分をなかったことにしろ!」という行政事件訴訟法と、「処分は甘んじて受けるがその代わり金をよこせ!」という国家賠償法では訴える際の目的が違うので、先に取消訴訟等をやっておく必要はありません。

問題21:易
これは多くの方がヤマを張ったであろう論点だと思います。
しかも、正解肢がとても簡単でした。

問題22:普
地方自治法の問題ですが、半分は行政罰の問題です。
プラスαの講義の際には、行政罰の話をするときに、「地方自治法で出題される可能性もあるので確認しておいてください」とお伝えした記憶があります。

問題23:普
普通ランクにしておきましたが、ヤマを張っていないと厳しかったかもしれません。
ただ、1・3・4・5は基本的な事項ですので、基礎講座でやった内容を少しでも確認していれば。。。というところ。

問題24:やや難
「直接請求権を行使できる者=有権者」ということを覚えていれば、2を選択できたと思いますが、本試験会場の緊張感の中では厳しかったかもしれません。

問題25:難
無理です。

問題26:難
これも無理。

2013年度本試験~個人的感想その1(基礎法学・憲法)~

※下記は私が2013年度本試験問題を確認して感じた、いわゆる「個人的感想」になります。
より正確な分析については、17日13:00及び18日19:30よりLEC名古屋駅前本校で行われる本試験分析会までお待ちください。


<基礎法学・・・2問中1問正解>

問題1:易
「三段論法」などと難しい言葉を使っていますが、どうでもいいです。要は法の解釈の問題です。
みなさんもご存知「94条2項類推適用」をイメージして頂ければ、答えは3と出せたはず。

問題2:普
時事ネタと言えば時事ネタですが、裁判員制度にヤマを張っている受験生を見透かしたような問題です。
組み合わせなので、知ってる肢がいくつかあれば・・・というところ。
アとオは切って欲しいところ。

<憲法・・・5問中3問>
問題3:易
まさか国籍法違憲判決が2年連続とは思いませんでした。。。
が、裁判官の意見が抜粋されているので、テキストの判旨を覚えていても解けるような問題ではないですね。
現場で考える問題ですが、この問題が国籍法違憲判決絡みであるということが見抜けたのであれば、イは「法の下の平等」を選択できたと思います。
アは入れやすいはずなので、アとイを判断して終了です。

問題4:普
いわゆる、人権の私人間効力の問題です。
選択肢4を知らない方が多かったかもしれませんが、1・2・3・5がテキストに記載があるような基本的なものだったので、消去法で答えを出してほしかったところです。

問題5:やや難
どちらかというと、一般知識の政治分野の問題に近いと思います。
1・2・3は一般知識対策で得た知識で×と判断してほしいところ。
5は知らないと判断できないので、4を「確かにそういう考え方もあるだろうなぁ」ということで選択できたかどうかにかかると思います。

問題6:普
個数問題ですが、私が憲法の講義をやるときには必ず確認してほしいとお願いしていた箇所なので、正解してほしかったところです。

問題7:易
超サービス問題です。
報道の自由=保障
取材の自由=十分尊重
2秒でこの問題は正解できるはずです。


2013年度本試験~個人的感想その0~

こんばんは。

昨日本試験を受験されたみなさま、体調はいかがでしょうか?

緊張の糸がぷつっと切れて、体調を崩してしまう人が毎年いらっしゃいます。
こればっかりはどうにもなりませんが、どうかご自愛ください。

かくいう私も、雨の中のキットカット配布が祟ってか、今日はほぼ一日動けませんでした。
(喉だけはやられまいと、のど飴を大量に消費。。。)

とはいえ、本試験分析も講師の仕事の1つなので、問題をざっと見て検討してみました。

正確な講評と分析は、やはり大橋講師の意見も聞かなければならないので17日の本試験分析会までお待ち頂くことになりますが、とりあえず、個人的な感想を書かせて頂きます。

記事をいくつかに分けますので、リアルタイムで見て頂いている方はしばらくお待ちください。

お疲れ様でした!

本試験を受験された皆様、雨の中本当にお疲れ様でした。

直接お話が出来た方も、そうではなかった方も、ひとまずゆっくり休んでください。

私も明日実際に本試験問題を解いてみて、私なりの講評を掲載したいと思っていますので、参考にしてみてください。


雨上がりには虹架かる

受験生のみなさん。

準備はいいですか?

受験票、忘れてませんか?
時計は動いていますか?
当日電車の中で確認する物はカバンに詰めましたか?
傘はお持ちですか?

雨上がりには虹がかかります。

みなさんの心の中に綺麗な虹がかかるように、当日は名城大学前から祈っています!



最後にこの言葉を。

『悩んでも諦めずに常識で!本試験の「なんとなく」には目には見えない力が宿っています』

胸を張って正門から会場入りしてください!

きっと勝つ!

私の方も、そろそろ落ち着かなくなってきました。

当日は愛知会場の名城大学にいます。
残念ながら大橋先生は行くことができませんので、私が大橋先生の魂も合わせて持っていきます。

写真はLECからの配布物ですが、声をかけてくださったみなさんに、「きっと勝つ=キットカット」をお配りする予定ですので、是非受け取って本試験会場に乗り込んでください。

あと少しだけ、踏ん張りましょう!


 2013110802_20131108155103c31.jpg

20131108.jpg

最後の踏ん張り!

こんばんは。

今年の本試験を受験されるみなさん、朝晩が冷えるこの頃ですが、体調等崩されてはいないでしょうか?
直前期の追い込みも間違いなく大事ですが、それと同様に体調管理も立派な試験対策です。

そして、一番重要かつ難しいのが、平常心を保つことだと思います。
私も受験生時代は、この時期変なテンションになっていました。

あまり思い出せませんが、飼い猫や家族に八つ当たりもしていたような気がします。

変なテンションになっている方は、それが普通だと思ってください。
おそらく、オリンピックに出場する選手や、日本シリーズに出場する選手も似たような感覚を経て試合に臨んでいるはずです。

勉強とスポーツ、分野は違えど世界のアスリートと同じような経験ができるのは、ある意味1年間勉強を頑張ってきた人に与えられるご褒美でもあり、試練なのかもしれません。

不安になったら、コメントしてください。
どんどんメール送ってください。

ブログはなかなか更新出来ていませんが、その代わりに個別に対応します。

当日も、愛知の会場だけになりますが、激励しに行きます!

本当にあと少しだけ、踏ん張ってください。


P.S.
超直前期に復習しておくべきポイントは、人それぞれ違うと思うので私はあえてブログに掲載しませんでしたが、本当にどこを勉強すれば良いか悩んだときは、我らが大橋講師のブログを参考にしてみてください。
http://ameblo.jp/license-partners/

【14平日クラス】千里の道も一歩から。

14平日クラスのみなさん、こんばんは。

13向けクラスの講義と質問を優先させて頂いていたので、ブログの更新が滞っていました。

さて、憲法も3回講義が行われましたが、2時間半の講義には慣れてきたでしょうか?
私の講義では、意図的にテキストの使用を減らして、レジュメと口頭での説明で論点を噛み砕いて説明しています。

すべては難解な法律用語を排除してとっつきやすくするためなのですが、復習時には必ずテキスト内容を確認してほしいと思います。

試験は、残念ながら難解な法律用語で出題されてしまうからです。

そろそろ問題をお渡ししていきますので、ご自身がどこまで理解できているか、法律用語に慣れたかを確認する形で解いてみてください。

千里の道も一歩からです。

では、また明日お会いしましょう!

2013年向け最後の講義~ずばり!ストライク講座~

__.jpg 

2013年向けの講座をたくさん担当させて頂きましたが、いよいよ明日で最後になります。

『ずばり!ストライク講座』

1つ1つ細かい箇所の説明をする講座ではありませんが、最後1週間で必ず確認をしてほしい箇所をズバリ指摘していきます。

昨年は、ずばり的中したものの、「前日過ぎて覚えられなかった・・・」という方もいましたので、今年は1週間前の実施となります。

今年一年の総決算、気合入れていきますので、是非みなさんに参加して頂きたいと思います!

プロフィール

のばたー

Author:のばたー
ブログから全国の行政書士受験生を応援します!

最新記事
メールフォーム
相談事項がある方はこちらのメールフォームを利用してください。 (学習相談はお受けできますが、問題に対する解答等はお受けできません。あらかじめご了承ください。)

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。