スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「時事問題対策」をする際に意識しておくべき2つのこと。

「 一般知識の時事的問題について、いつ頃までの内容が出題されるのでしょうか?」

そういった質問をよく受けるようになりました。

法令についてはご存知の通り、4月1日現在施行されているものという表記がありますが、
一般知識についてはありません。

昨年は5月末の大統領の広島訪問について問われているので、
「4月1日」は関係ないということはわかります。

6月2日の
「トランプ大統領のパリ協定離脱表明」
くらいまでは押さえておく必要がありますが、7月以降はおそらく出題されないと思います。


また、時事的なネタについて、
①そのまま出題される。
②関連するテーマが出題される。

の2パターンは押さえておくべきです。


加計学園の問題自体は出題されないでしょうが、
国家戦略特区についての出題は十分考えられます。


イギリス下院選挙の結果を出題する可能性はあまり高くないですが、
イギリスの選挙(政治)制度のついて出題される可能性は高いです。


時事対策として、①ばかり学習するのではなく、
関連するテーマをテキスト等で対策しておくことも重要ではないでしょうか。


野畑一般知識バナー 


スポンサーサイト

【ビルドアップコース受講生の皆さま】仕切り直しです!

「あと5ヶ月で合格点を獲る方法」
で配布したレジュメは、下記からPDFで閲覧、ダウンロードできます。
あと5ヶ月で合格点を獲る方法2017配布レジュメ

野畑一般知識バナー 







本試験まであと140日。

5か月という期間は、長いようで短いものです。

ビルドアップコースの方は、先週までで1つの区切りとなりました。
明日からは仕切り直し、もう一度基礎に立ち返って知識の確認、整理を怠らないでください。

講義もしばらくは午前中だけなので、
復習が追い付かず、
「もう無理かな・・・」
と思っている方も、仕切り直しの意味で参加してくださいね。


よろしくお願いします。

イギリス下院選挙と、いよいよ明日「あと5ヶ月で合格点を獲る方法」実施します。

イギリス下院選挙の投開票が行われていますね。

3月末にEU離脱通知を提出したメイ首相率いる保守党は、
大幅に議席を減らしたようです。

単独過半数を取れなかったのは痛いですね。
早期の総選挙が裏目に出たようです。

アメリカのトランプ政権もそうですが、
はり世間に注目が集まる国については一般知識対策上、要注意です。

昨年は出題されませんでしたが、アメリカ(大統領制)とイギリス(議院内閣制)についてはしっかりと確認しておくようにしてください。
イギリス(議院内閣制)と日本(議院内閣制)の比較も重要です。



0618GS.jpg







さて、明日16:30はいよいよ、
「あと5ヶ月で合格点を獲る方法」
です。

学習法から計画の立て方、模試の活用法、さらには出題予想まで、内容盛りだくさんでお送りします。

どなたでも無料でご参加頂けますので、
東海地区の行政書士受験生の方は是非ご参加ください。




G20サミットについて確認しておきましょう。

 【ガイダンス情報】
0618GS.jpg

野畑一般知識バナー 



6/10(土)16:30より、得点戦略ガイダンス
「あと5ヶ月で合格点を獲る方法」
を実施します。

直前期までの学習法、科目別戦略、模試の活用法、出題予想など、
すべての受験生が無料で参加できるガイダンスです。

是非ご参加ください。








前回のブログ記事で、G7サミットについて触れましたが、
各自でご確認頂けたでしょうか?

やらなければいけないとわかっていながら、後手後手になってしまうのが一般知識です。
機会があるごとに確認することをオススメします。


今回はG20について掲載しておきます。

G20(20か国・地域財務大臣・中央銀行総裁会議は、90年代末に新興諸国を襲った金融危機に対応するため、当初は経済に関する国際協議を円滑に行うことを目的とし、1999年に先進国と新興国の財務大臣および中央銀行総裁がドイツのベルリンで集まったのがきっかけです。

この会議には、国際通貨基金、世界銀行、国際エネルギー機関、欧州中央銀行など、関係する国際機関も参加しています。

そして、リーマンショック後の世界経済停滞を打破するため、当時のアメリカ大統領ブッシュの呼びかけで、
2008年からはG20サミット(20か国・地域首脳会合)も開催れ、その後は毎年開催されるようになりました。

参加国は、アメリカ・イギリス・フランス・ドイツ・日本・イタリア・カナダ(G7)に加え、ロシア・中国・韓国・インド・インドネシア・オーストラリア・トルコ・サウジアラビア・南アフリカ・メキシコ・ブラジル・アルゼンチン・EU。

ちなみに、2009年、2010年には年に2回G20サミットが開催されています。



2016年は中国の杭州で開催され、2017年はドイツのハンブルクで開催が予定されていますね。

詳細はこちら(外務省HP)をご覧ください。



頑張りましょう!

G7サミットについて確認しておきましょう。

【ガイダンス情報】
0618GS.jpg


野畑一般知識バナー 






ご存じの方も多いと思いますが、先日G7サミットが開催されました。

昨年、伊勢志摩サミットが行われたこともあり
一般知識での出題が予想されましたが出題されませんでした。

少し意地悪な行政書士試験では、1年ズラして今年出題してくるかもしれません。





サミットのついて概要は下記の通りです。


サミット(主要国首脳会議)は、第1次石油危機後の1975年、世界経済の立て直しのために日・米・英・西独・仏・伊の6か国が集まって協議を行ったのがきっかけでその後、毎年1回、会場は参加国の持ち回りで開催されています。

1976年にカナダ、1977年にEC、1997年にロシアが加わり、8か国(G8)+EUがメンバーとなりましたが、現在ウクライナ併合問題でロシアの参加が停止となってます。
 
議題は、世界経済の諸問題と並んで、冷戦を背景とした東西問題、更には冷戦崩壊後の国際問題、南北問題やその時々の世界情勢などの政治問題が議論の対象とされるようになり、さらには開発、環境、気候変動などの地球規模の問題についても議論されるようになっています。

これまで日本は1979年、1986年、1993年、2000年、2008年、2016年と、6回議長国となっています。

2017年はイタリアのタオルミーナにおいて開催されましたね。


詳細は
こちら(外務省HP)を確認してみるとよいでしょう。




何をどう対策したらよいかわからないと言われる一般知識ですが、こういった積み重ねが案外重要だったりします。

ちなみに、G20との比較も重要ですが、それは次回。


プロフィール

のばたー

Author:のばたー
ブログから全国の行政書士受験生を応援します!

最新記事
メールフォーム
相談事項がある方はこちらのメールフォームを利用してください。 (学習相談はお受けできますが、問題に対する解答等はお受けできません。あらかじめご了承ください。)

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。