スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【お知らせ】明日11/19(土)は本試験分析会です&補正措置について。

明日11/19(土)14:00より、LEC名古屋校で本試験分析会を実施します。
※収録と動画配信の予定はありません、あらかじめご了承ください。
※本試験問題をお持ちください。

かねてより本試験講評を掲載していきましたが、より具体的に提示し、
今後の過ごし方に役立てて頂くことがコンセプトです。
選択肢ごとの正答率を踏まえて、どこを得点すべきだったかを示します。
もちろん、記述の添削や補正措置の有無についても言及します。

「現実を見たくない・・・」という方も多いかもしれませんが、
今後の過ごし方を決める上でも、自己採点と分析は早めにしておくことをオススメします。

本試験解説冊子もお渡しできる予定です。


なお、個別相談会について、明日の9:00~13:00の枠はすべて埋まっていますので、
本試験分析会後(16:00以降)に追加枠を設けます。

分析会に参加された方で、相談希望の方はそのまま教室に残っていてください。
希望される方がいらっしゃる限り対応させて頂きます。



2017年のリベンジを考えている方、下記コースで一緒に頑張りませんか?
詳細は下記バナーをクリックしてください。

1218GS.jpg

1129GS.jpg 






16配布チラシ
スポンサーサイト

野畑クラス受講生の皆さまへ



11/15現在の講評です。
詳細は11/19(土)14:00~本試験徹底分析会でお伝えします。
平成28年(2016年)行政書士試験講評その7(講評)


野畑クラス(合格講座・3ステップ講座・コンプリート講座・総まとめ講座)受講生の皆さまへ


 
あらためまして、本試験お疲れ様でした!

現在個別相談会を実施中ですが、平日昼が中心のため、直接お話できない方も多くいらっしゃいます。

相談を希望される方は、11/19(土)14:00に実施する本試験分析会の後に承りますので、分析会にお越し頂ければと思います。

また、ブログ上のメールフォーム(スマホページではなくPCページ上に表示されます。)に送信して頂ければ、後日回答致します

試験後は体調を崩しやすい時期なので、まずは心身を休めてくださいね。


<無料説明会>
実施日時間テーマ
2016/11/19(土)14:00~16:00『本試験徹底検証会』
本試験問題を分析し、講評をお伝えします。
記述式の採点基準にも言及し、今後の過ごし方についてもお伝えします。
2016/11/23(水)10:30~12:00『択一得点結果から考える2017年リベンジ学習スタイル』
択一の得点別に、今後の学習方法の指針を示します。
初学者向け講座、学習経験者向け講座の違い、選択の基準についてもお伝えします。
2016/11/27(日)11:00~12:30あなたのリベンジ請け負います!~野畑ビルドアップ↑コース説明会~』
12/18(日)に開講するオリジナルコースの全貌を徹底解説。
カリキュラム紹介、講座概要に加えて、本コースの活用法についてもお伝えします。
2016/12/4(日)11:00~12:30
2016/12/11(日)14:00~15:30


<個別相談会>

実施日時間備考
2016/11/15(火)12:00~18:00※どなたでもご利用頂けますが、予約制となります。
 事前にLEC名古屋駅前本校(052-586-5001)までお問合せください。
※お一人様30分程度です。
2016/11/17(木)12:00~18:00
2016/11/19(土)9:00~13:00
2016/11/20(日)9:00~15:00
2016/11/26(土)9:00~17:00
2016/12/4(日)9:00~15:00

【本試験講評動画配信中】自己分析をしてください。



11/15現在の講評です。
詳細は11/19(土)14:00~本試験徹底分析会でお伝えします。
平成28年(2016年)行政書士試験講評その7(講評)



本試験から3日経ち、既に多くの受験生から相談を受けていますが、
記述採点待ちの方、択一の得点が振るわなかった方、まさに悲喜こもごもといった形です。

そして、多くの方がまだ自己採点をされていないというのも1つの事実だと思います。

「現実を見たくない・・・」という方も多いかもしれませんが、
今後の過ごし方を決める上でも、自己採点は早めにしておくことをオススメします。

11/13の記憶は徐々に薄れていきます。

そうなると、「自分が何故その問題を間違えてしまったのか?」を検証するのが難しくなります。

単純な得点結果だけでなく、「Aランク問題をどれだけ取りこぼしてしまったか」をきっちりと把握しておくことで、今後の学習方針が変わってきます。

ですので、「結果はどうあれもう来年は絶対に試験は受けない」という方以外は、自己採点(分析)をお願いします。

そのきっかけの1つとして、11/19(土)の本試験分析会を活用してください。

また、再スタートをかけるうえで、「初学者向け講座(LEC:パーフェクトコース)か経験者向け講座(LEC*ビルドアップ↑コース)のどちらにすべきか悩んでいる方は、個別相談会もしくは下記ガイダンスにご参加ください。

この時期は心身を休めつつ、今後の過ごし方を決めていく時期にしてくださいね。

【2017年向けオリジナルコース】
1218GS.jpg 

 
<無料説明会>
実施日時間テーマ
2016/11/19(土)14:00~16:00『本試験徹底検証会』
本試験問題を分析し、講評をお伝えします。
記述式の採点基準にも言及し、今後の過ごし方についてもお伝えします。
2016/11/23(水)10:30~12:00『択一得点結果から考える2017年リベンジ学習スタイル』
択一の得点別に、今後の学習方法の指針を示します。
初学者向け講座、学習経験者向け講座の違い、選択の基準についてもお伝えします。
2016/11/27(日)11:00~12:30あなたのリベンジ請け負います!~野畑ビルドアップ↑コース説明会~』
12/18(日)に開講するオリジナルコースの全貌を徹底解説。
カリキュラム紹介、講座概要に加えて、本コースの活用法についてもお伝えします。
2016/12/4(日)11:00~12:30
2016/12/11(日)14:00~15:30


<個別相談会>

実施日時間備考
2016/11/15(火)12:00~18:00※どなたでもご利用頂けますが、予約制となります。
 事前にLEC名古屋駅前本校(052-586-5001)までお問合せください。
※お一人様30分程度です。
2016/11/17(木)12:00~18:00
2016/11/19(土)9:00~13:00
2016/11/20(日)9:00~15:00
2016/11/26(土)9:00~17:00
2016/12/4(日)9:00~15:00

【動画配信】2016年本試験講評(11/15現在)

【過去の記事】
平成28年(2016年)行政書士試験講評その1(速報)
平成28年(2016年)行政書士試験講評その2(憲法・基礎法学)
平成28年(2016年)行政書士試験講評その3(民法)
平成28年(2016年)行政書士試験講評その4(一般知識)
平成28年(2016年)行政書士試験講評その5(記述式)

平成28年(2016年)行政書士試験講評その6(行政法)


※動画を収録したのでアップしました。


ここまで、何度かに分けて講評を掲載してきました。

まだ、成績リサーチの母数が少ないのでなんとも言えませんが、少しずつ輪郭が見えてきたように思いますので、現時点での総評を記載したいと思います。


<択一最低ライン>
基礎法学・憲法・・・・4/7

行政法・・・15/19

民法・・・5/9

商法・会社法・・・1/5

多肢選択・・・9/12

一般知識・・・7/14

146/240点

これは、いわゆる「Aランク論点(取りこぼしてはいけない問題)」と「成績リサーチの正答率」を独自に分析した結果です。

昨年よりは10点以上低めです。

全体として、取れる問題と取れない問題の差が各科目ごとに激しかったように思います。

講評でお伝えしたAランク問題をいかに取りこぼさなかったが合否を分けるでしょう。

一般知識については、文章理解(人工知能を加えると実質4問)でどこまで得点できたか、政・経・社を知識とテクニックで得点することができたかにかかっています。


上記最低ラインを考えると34点を記述で得点しなければなりませんので、

問44・45のうちいずれかを満点近くで解答することと、問46の内容を1つでも記載することが要求されます。
(もちろん、択一の得点が高ければ記述はもう少し楽になりますが。)


気になる記述の採点基準ですが、例年よりは易しめになると感じていますが、この点に関してはまだなんともいえません。

個別相談会や、19日の分析会後に出来る限り添削させて頂くので、気になる方は是非ご参加ください。

ただ、この本試験で心身ともにかなりのダメージを受けている方も多いと思いますので、
まずはゆっくりと心身を休めてくださいね。

16配布チラシ

平成28年(2016年)行政書士試験講評その6(行政法)

【過去の記事】
平成28年(2016年)行政書士試験講評その1(速報)
平成28年(2016年)行政書士試験講評その2(憲法・基礎法学)
平成28年(2016年)行政書士試験講評その3(民法)
平成28年(2016年)行政書士試験講評その4(一般知識)
平成28年(2016年)行政書士試験講評その5(記述式)

<個別相談会のご案内>
限られた時間で恐縮ですが、個別相談会を実施します。
記述の採点予想、今後の過ごし方など、本試験後の悩みは早めに解決してください。

11/15(火)13:00~18:00
11/17(木)13:00~18:00
11/19(土)9:00~13:00
11/20(日)9:00~15:00
11/26(土)9:00~17:00

事前予約制になりますので、希望の方は本ブログのメールフォームもしくはLEC名古屋校(052-586-5001)へお問い合わせください。
私のgmailアドレスを知っている方は、そちらでも構いません。
※LEC生かどうかは関係ありません。受験生であれば誰でも利用できます。


<本試験徹底分析会のご案内>
11/19(土)14:00~16:00
本試験の詳細な分析結果をお伝えし、択一得点リサーチから記述の採点にも言及します。

16配布チラシ




本試験を受験されたみなさん、本当にお疲れ様でした。

まだ具体的なデータがそろいませんが、科目別の講評を掲載したいと思います。

今回は行政法です。

【行政法】
取りやすい問題と取りにくい問題の差が激しかったように思います。

Aランク問題は
問8・9・10・11・12・13・15・16・17・18・19・22・24・25・26
です。

15問正解が合格ラインと考えて下さい。


問8~13までいかに取りこぼしなく進められたかがカギになります。
総論・手続法とも基本問題が続きました。

不服審査法は3問になりました。
問14は難しいなとは思いましたが、問15・16の正答率もあまり高くなかったのが印象的です。

個人的には取りこぼしてほしくないところです。

行政事件訴訟法も、処分性に関する問題が問われているあたりは、出題予想通りの結果となっています。

問20は、記述予想としていたものが択一で問われましたね
正解肢の4は、この判例の知識というよりも1条の論点です。

地方自治法の問23は、正答率は高くなかったですが、肢アと肢オは学習していれば基本知識です。
「代執行は高等裁判所」という話は色んなところでお話した記憶があります。


さらに、問24の正解肢アは一般知識で説明をしています。
許可制ではなく、事前協議制でしたね。

問25は「水道系」の横断整理問題でしたが、基本的な論点で肢が作られていたのでやはり得点してほしいです。

問26は憲法で有名な朝日訴訟からの出題ですが、生活扶助は相続の対象でないことは基本知識です。




 
続々と、相談予約と得点結果の報告を頂いています。

やはり、一般知識と記述式が難しかったと感じる方が多いようです。
択一のみで160点を超えている人も、昨年より少ないように感じます。

記述の採点は、少し甘めになるのかもしれないですね。

記述の採点や、今後の過ごし方をじっくりと話したいという方は、是非個別相談会やガイダンスを利用してください。



プロフィール

のばたー

Author:のばたー
ブログから全国の行政書士受験生を応援します!

最新記事
メールフォーム
相談事項がある方はこちらのメールフォームを利用してください。 (学習相談はお受けできますが、問題に対する解答等はお受けできません。あらかじめご了承ください。)

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。